なみつ

jamのなみつのレビュー・感想・評価

jam(2018年製作の映画)
3.7
すごく失礼な感想なんですが、とても映画でした。もちろん、良い意味で。

全体的な雰囲気がすごく好きだったのもさることながらなにせ…マサコ!この映画のどこにも好きなところがもしなかったとしても、マサコを観るためだけにでも観る価値があるといっても過言ではない。ほどのインパクト。

冒頭の謎会で。ファン同士のエゴがぶつかりあうシーンのリアリティが…自分にも少しは思いあたるふしがあるところ、気持ち悪いのに気持ちがわかってしまうところがたまらなくもーーーーーっていう
「ヒロシはアーティストなんです!」
気持ち悪い気持ち悪い。でも癖になる気持ち悪さに目が離せなくて。小中学生くらいの男の子に言うようなセリフを、大の大人の、しかも自分の好きなアーティストに向けているという違和感ももう、、、気持ち悪い!尊敬します。
どうして良さをわかってくれないの?
という応援する気持ちと、
本当の良さをわかっているのは自分だけ。
という傲慢さと、、、のファン心理があますところなく表現されてました。出演している俳優さんたちはむしろそれを向けられる側だと思うんですが、どういう思いで演じてたのかなあ


わたしは、テツオのおばあちゃんはもう死んでるんだと思って観てました。

続編があるのことで、たぶん観ると思います。