Welcome to Mercy(原題)の作品情報・感想・評価

「Welcome to Mercy(原題)」に投稿された感想・評価

ラトビアに里帰りしたら、とある事情で一人娘を取り上げられ、
孤島の修道院に囚われることになった女性の物語。
悪魔と悪魔払いの解釈が個性的な作品になっています。
カトリックの神父と尼僧の恋愛に対する視点が意地悪なのも良いです。