くう

ある人質 生還までの398日のくうのレビュー・感想・評価

ある人質 生還までの398日(2019年製作の映画)
3.2
2013年5月から1年余り、シリアでISの人質となっていたデンマークの写真家ダニエル・リューの体験を描いた実話ベースの物語。

この後、ネットに流された衝撃的な「映像」が記憶に残っている。

主人公よりも「彼」よね……本当に支援したくてそこに居たのは。


監禁シーンの緊迫感と並行して描かれる家族のストーリーに泣く。

どちらかというと監禁生活の辛さよりも家族の物語に焦点が当たっているのだと思える。

命を奪うのも酷い行いだけれど、人格や誇りや希望を奪う行為は本当に恐ろしい。

デンマーク政府の対応にはイライラするけれども、国として金を出したらテロ活動資金に協力した事になるという話には納得しかない。

でも家族は息子を救いたい。一般家庭では到底集めらない膨大な額の身代金をどう集めるかも興味深かった。