磨

FUNNY BUNNYの磨のレビュー・感想・評価

FUNNY BUNNY(2021年製作の映画)
3.3
監督の飯塚健が手がけた傑作戯曲の映画化作品。観ていて舞台っぽさを感じたので、後で知り納得しました。
公式には“シニカル・ミステリー”とあるけど、ジャンルをひと言で語るのは難しい作品。ウサギの着ぐるみを被った男2人が図書館を襲撃する話だからと言って決してスプラッターではありません(笑)

内容は2部構成になっていて、図書館に“絶対に借りられない本”を借りる前半と、4年の月日が経った後にラジオ局に電波ジャックしに行く後半。これだけだと意味不明だけど、その謎はだんだんと明らかになっていき見応えもあります。

シニカル(冷笑的・嘲笑的)なシーンにニヤッとなる。序盤は特にその傾向が強く、軽い気持ちで楽しめると思います。ただ、中盤からなかなか重いシーンが増えてくるので、ある程度の覚悟は必要かも?(グロいとかトラウマになる、というほどではない)

中川大志くんと岡山天音くんのキャスティングは2人ともピッタリ。キャラ設定も絶妙だった。ファンの方は間違いなく楽しめると思います。