くう

殺人鬼から逃げる夜のくうのレビュー・感想・評価

殺人鬼から逃げる夜(2020年製作の映画)
3.0
警察バカか?バカなのか?!で安定の韓国スリラー。緊張感と恐怖の持続、さすが素晴らしい…

本当にイライラハラハラさせられる。

耳が聞こえないせいで隠れている時に自分がどれだけの物音を立てているか分からず、喋れないせいで周りに信じてもらえない。設定が絶妙。

一方でクライマックスに涙させようとしたのか間延び感。あの辺から突っ込みどころだらけになっていくのも何だかな。

ハンディを持つ主人公親子という視点はとても良かったけれど、社会に訴えるほどの説得力はなく、ちょっともったいない。