広島カップ

硫黄島からの手紙の広島カップのレビュー・感想・評価

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)
3.8
摺鉢山への米軍の攻撃はとにかく苛烈を極めたそうですね。おそらく当映画での描写も控え目な方なのでしょう。
摺鉢山の地下壕で自決していく日本兵、よくも撮ったなという印象です。
「靖国で会おう」。アメリカ人にはどう映るのでしょうか。今の日本人ですら相当の衝撃なのですから。外国人監督だからできた(やっちゃった?)のではないでしょうか?

登場人物全員が苦悩しています。こういうことは二度と起きないでもらいたいと思います。監督の意図も勿論そこだと思います。