硫黄島からの手紙の作品情報・感想・評価・動画配信

硫黄島からの手紙2006年製作の映画)

Letters from Iwo Jima

上映日:2006年12月09日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「硫黄島からの手紙」に投稿された感想・評価

蘭奢待

蘭奢待の感想・評価

3.8
愚かしい戦争と、その犠牲になる兵隊たち。そして銃後の家族。

戦争のドンぱちや、軍人の潔さを見る映画ではない。
つまらぬ戦争を推し進める国。従わざるを得ない職業軍人。兵士として駆り出される一般国民の悲惨さを見る映画だ。

この作品は以前見たつもりでいた。灼熱地獄の地下要塞のシーンまで覚えているが、二ノ宮は出ていなかったし全く違う映画だった。このフェイクな記憶はどこから来たのだろう。
Apyo

Apyoの感想・評価

3.7
加瀬亮…

相変わらず加瀬亮キャラで安定。
かわいすぎる。

もう少し生き延びて欲しかったよぉ〜
もっかいちゃんと見る
見た当時はちっちゃくて、二宮和也の演技をやりすぎ過大評価されすぎって思ってたのも込み
戦争における不条理、理不尽がこれでもかと詰まってる。

途中、急に視座がぐーんと引いてしまって、すごく離れたところから、
この人たちは、なんでこんな異常な環境におかれ、殺したり殺されたり、こんなに簡単にバタバタと死んでいくんだろうか、戦争って異常だ、頭おかしい…という気持ちになった戦争映画は初めてかなと。

思想しか拠り所がなくなった末期ジリ貧日本軍が愚かで哀しいです。
戦争という国としての歴史の選択は愚かだったと思います。
でも、全てが異常で理不尽な世界で、自分の思いすらねじ曲げられても、人は最後まで人であろうとするし、映画の中バタバタ死んでいった一人ひとりそうであるはずだと思い至ると、スクリーンがブワッと広がって痛さの深みが増す感じがします。

そして、それは過去に現実にあったことであり、そうやって命を賭した方々の思いの延長に、今があるということは、日本人というIDを持つ上で心に留め置きたいと思いました。

(加瀬亮さん出演作としてピックアップ。
役柄での理不尽に次ぐ理不尽が見ていて辛かった(泣)。坊主頭(特に横顔)美しい。一見静かに見える中、頬や首、お顔周りの筋肉に表情があって、いつもグッときます。)
沖縄決戦のがずいぶん面白い。
在外国日本人俳優たちの演技が独特。滑舌が聞き取りづらい。
AI

AIの感想・評価

3.2
脚本 0.6
演出 0.7
演技 0.6
映像 0.7
音楽 0.6
Netflixにて
全体的に声が小さくて字幕もなかったので映像から内容を想像していた
かと思ったら空襲の音クソでかすぎてびびった
自決シーンのグロテスクさは細部ディテールまで必要以上に拘りが感じられた 監督の好みか
美智

美智の感想・評価

4.5
何度も観てるけど。

栗林中将「不思議なもんだな。家族のために死ぬまでここで戦い抜くと誓ったのに、家族がいるから死ぬこともためらうしかない」
現代では一生感じることのない感情だけど、戦時下の人達は国のために死ぬのが義務であり努めであったわけで。一体どんな思いを残して自決していったのだろうかと思うと涙が止まらなかったなあ。
今を生きることがどれだけ平和であるかを改めて噛み締めました。
先に父親たちの星条旗を観た後に本作を観た。日本兵の死体の描き方が直接的でないのは日本製作者側からのオファーか、または監督が気を利かせたのか。米国もまた金策はぎりぎりだったようだが、それにしても何回も描かれていることだが物資がない。。ほうぼうの戦争ものをつまんで観てるが、日本軍ものはひたすら貧しさにしか目がいかない。
作中、ミミズを持ってこい、は水の言い間違い?
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

3.0
製作・監督:クリント・イーストウッド、脚本:アイリス・ヤマシタ、出演: 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他、による、硫黄島の戦いを日本兵の視点で描いたこの映画は、同じ戦いをアメリカ人の視点で描いたイーストウッド監督の『父親たちの星条旗』(2006年)の姉妹作品。

アメリカ側視点の『父親たちの星条旗』が「虚像」の「英雄」映画だったのと比べ、日本側視点の本作はごくありがちな「戦争」映画だったかなと。

やはり二宮和也のクサイ芝居が気になったかな...。
ジャニーズ特有の幼さが悪目立ちしてミスキャスト感感じちゃいました。
>|

あなたにおすすめの記事