硫黄島からの手紙の作品情報・感想・評価

硫黄島からの手紙2006年製作の映画)

LETTERS FROM IWO JIMA

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.6

「硫黄島からの手紙」に投稿された感想・評価

公開当時は硫黄島と聞いただけで恐怖心が勝り「これは見られない」と思っていたので逃してしまっていた。ようやく見られるまで成長したのに、レビューを忘れていたので、2度目の鑑賞。

渡辺謙さんのラストシーンはさることながら、加瀬亮さんのシーンも印象強く残っている。数秒前まで談笑していた相手が息絶えているという恐怖は計り知れない。
Yamamoke

Yamamokeの感想・評価

5.0
監督が日本人ではなくクリントイーストウッドという衝撃 観ておくべき戦争映画の一つ
szneco

sznecoの感想・評価

4.0
公開時に映画館で観たときはあまりピンと来なかったのだが
梯久美子さんの「散るぞ悲しき」を読んで見直してみると
栗林中将がとる行動の意味がよく理解できた。

たとえ勝ち目のない戦いだとわかっていても
本土上陸を阻止し家族を守るという志だけを支えに
地獄のような環境を最後まで耐え抜いた兵士たち。
そんな彼らを見捨て、栗林の提言も黙殺した無能な軍部。

硫黄島の戦いは米軍を最も苦しめた闘いとして米国では
日本の勇気が賞賛されていると聞く。
イーストウッドもそのような思いから本作品を撮ったのだろう。

第2の硫黄島のような悲劇が起きないで欲しい。
そう願わずにはいられない。
‪「(手紙を)書いてるってだけでほっとするんだ」とは西郷昇(二宮和也)。手紙の先には人の存在がある。故に僅かにせよ書けば温かな心持ちになれたのかも知れない。対して、宛先が無い手記の多くには断末魔の叫びがある(『きけ わだつみのこえ——日本戦没学生の手記』岩波文庫)。‬
(硫黄島の戦いを日本視点で描く。)
yuka

yukaの感想・評価

3.5
渡辺謙はさすがだけど他の人らの噛み噛みさすげぇな..

自決ってなんで正義だったの?捕虜にされないから?かっこよく死にたいから?

二宮と伊原剛志が正論すぎて
「死んだ兵隊はな、役に立たねぇんだよ」

上司に信用がない時点で集団としてもうオワコン感漂いすぎ

戦場の空気と思考は味あわな分からんのやろなぁ
日本もアメリカもいい事も悪い事もした。
平等な目線で1つの戦場を描く反戦映画。

優秀な人、そうではない人、いい人、嫌な人、そしてみんな家族や背景のある普通の人。
当時の日本をドライで純粋な視点でここまで描いたのが日本人ではないクリント・イーストウッドだった事が観た当時は衝撃でした。

でも感情論や軋轢に流されずに作れるという意味では、日本人には作れそうで作れない映画なのかなと後に感じました。

学校ではあまり教えてくれない近現代史を改めて学ぶきっかけになった映画で、そんなきっかけを与えてくれたクリント・イーストウッドには感謝しかありません。

それにしても、映画に出てくる日本軍の組織としてのダメさ加減や、同調圧力等は現代日本でも当時とあまり変わってない気がします。
戦争ものは避けてました。
怖いつらい悲しいを受け入れる自信なくて。
でも、意を決して観る!!


灰色の視界。終始真っ暗。
でも、こんな世界を観て、戦い、亡くなっていった人たちがいるんだと思う。
国のために、家族のために。

亡くなっていった方たちは、今の日本をみてどう思うのかな。
日本のために戦ってくれた人たちの命を無駄にしちゃダメだと思わされた。
観てよかった。

渡辺謙の演技、素晴らしい。
二宮くんの演技がグッときた。胸がギューーっとなった。
まる

まるの感想・評価

3.7
戦争モノだし、日本兵の玉砕なので当然なのだけど、底なしに重くてつらくて、悲しい……実際はもっともっと残酷だったのだろう、でも知ることができてよかった、観れてよかった。渡辺謙さん演じる栗林中将、男前。戦争で亡くなった全ての方に黙祷、、平和に感謝を。
父親達の星条旗からのこの作品 エンディングに出てきた摺鉢山のメダル?が冒頭繋がって?いたり、ところどころシンクロしているシーンが結構あり?、双方の目線で楽しめる 父親〜とは違って、戦闘シーンだけでなく日本軍の米軍に対する考え方とかも説明されて、当時の軍国主義がわかりやすく理解できた 兵一人一人の心情とか背景がよく説明されてる感じで日本人の?私の情に響いた 個人的にこっちの方後に観て良かったと思った!二宮の演技、、、

このレビューはネタバレを含みます

渡辺謙のますらおぶり。
手紙というアイテム。
かえることはできたのだろうか。
>|