じゃんさんのドラマレビュー・感想・評価 - 2ページ目

オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ(2021年製作のドラマ)

3.8

時効警察と探偵濱マイクを足して2で割ったような、ドラマ笑

楽しめる人には楽しめる。
その2つが好きな僕はもちろん楽しめた。

時効警察のふせえり的なポジションを麻生久美子が。これも成長というか年齢な
>>続きを読む

0

微笑む人(2020年製作のドラマ)

3.7

期待しないで見たら結構面白かった。

殺人ものなので、サスペンスかと思いきや意外とサイコパスなホラーな感じだった。

監督が落合監督なので、やはりそうなるか。

松坂桃李はあまり好きではない役者なのだ
>>続きを読む

0

べしゃり暮らし(2019年製作のドラマ)

3.9

デジキンの1人でのラジオは流石に泣ける。

その前の週のホワイトクリスマスの下りも良い。
尾上寛之と駿河太郎、良い役者だなあ。

駿河太郎史上、一番のハマり役ではないか。

やはり関西人が関西弁話す方
>>続きを読む

0

透明なゆりかご(2018年製作のドラマ)

4.0

コウノドリと同じようなテーマ。
つまり重い。

テーマは重いが、重いからってありがちに暗く描くのではなく、あくまでも画面は明るいのが良い。

高校生の看護助手のバイトという設定だから、赤ん坊や妊婦に思
>>続きを読む

0

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)

4.4

坂元裕二はいつも素晴らしいが、
これは最高傑作になるかもしれない。

坂元裕二の台詞コメディの集大成ぽい感じ。

伊藤沙里のナレーションがまず、素晴らしい!

岡田将生のダメっぷりも良い。
ゆとり以降
>>続きを読む

0

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年製作のドラマ)

3.8

坂元裕二脚本なので、面白いに決まってる。

純愛ドラマなので、彼独特の台詞の応酬の良さは発揮されなかったのは残念だが、内容は切なく素晴らしい。

なんでずっとくっつかないが、モヤモヤするが、ドラマなの
>>続きを読む

0

イチケイのカラス(2021年製作のドラマ)

3.7

意外と面白く楽しめる!

スタッフは多分キムタクのHEROと同じだろう。

脚本が割とよく出来ていて、割といつもどんでん返しがあるのにびっくりする。

ただ、黒木華が素晴らしい。

竹野内豊も彼史上最
>>続きを読む

0

裏相棒(2008年製作のドラマ)

3.7

鑑識さんやいつもの3人組のどうでもいいやり取り。

基本会話劇でコメディ。

普通に面白い。

やはり鑑識さんと伊丹刑事のキャラが好き。

スピンオフなんてこんなもんで良いんだよ。大袈裟な長編とか要ら
>>続きを読む

0

ゴーストライター(2015年製作のドラマ)

4.2

まず主演2人が素晴らしい。

秘書のキムラ緑子や編集者の田中哲司も。
息子役の高杉真宙や江波杏子も良い。
三浦翔平は少し微妙。

橋部敦子の脚本も素晴らしい。

毒親の連鎖とブーメラン。

軽蔑なんて
>>続きを読む

0

泣くな、はらちゃん(2013年製作のドラマ)

4.0

嫌いな岡田脚本なのだが、これだけは好きだ。
基本的に優しい人間しか出てこないか、病気や生死の2パターンだが、現実世界でこれをやると嘘くさい。

この作品はファンタジーで初めから嘘の世界なので、優しい人
>>続きを読む

0

ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実(2018年製作のドラマ)

3.2

監督のクレジットさえ無いのか…
佐々部清は割と有名な監督だと思うが。

フィルマークスはもう少しクレジットをなんとかならないのかな。

制作、監督、脚本、音楽、撮影、衣装、
せめてこれくらいはきちんと
>>続きを読む

0

あしたの家族(2020年製作のドラマ)

3.6

ついに宮崎あおいと瑛太が。 

何度も共演して結ばれない2人だったが、
ようやくという感じで、感慨深かったのでは。

話は、理想的な家族、理想的な結婚を描いておりお正月ドラマとしても理想的なのかもしれ
>>続きを読む

0

チロルの挽歌(1992年製作のドラマ)

3.5

山田太一脚本。

北海道での開発に不倫三角関係が絡むが、
全然ドロドロとはしてなくて、意外とあっさりで見易い。

これは大原麗子の演技のおかげでもあるか。

岡田英次と河原崎長一郎が素晴らしい。

>>続きを読む

0

おやじの背中(2014年製作のドラマ)

3.3

1話の田村正和と松たか子、
8話の大泉洋と子役

が良かった。

その他はなんだかぼんやりした話が多く、イマイチ。

連ドラで、1話ずつ脚本家が変わるオムニバス方式なのは新鮮だが、肝心の脚本が全然面白
>>続きを読む

0

いだてん~東京オリムピック噺~(2019年製作のドラマ)

3.9

クドカン史上最も凝った苦労したドラマではなかろうか?

いかに日本にスポーツや五輪が根付いていったかが描かれている。

前半は金栗四三と嘉納治五郎、
後半は田畑政治率いる水泳日本の躍進と東京五輪、を描
>>続きを読む

0

恋する母たち(2020年製作のドラマ)

3.4

柴門ふみに大石静というコンビ。
多分外すかと思いきや、意外と面白かった。

色んな愛の形が、色んな人生の過ごし方があるんだよ、という分かりやすいテーマ。

吉田羊と磯村君とか、アベサダオとかキャストが
>>続きを読む

0

タイガー&ドラゴン(2005年製作のドラマ)

4.5

クドカンの落語好きがよくわかる落語家族ドラマ。

毎回、落語の話を元にした現実の話が展開される、ある意味劇中劇なのだが、
これが本当によく出来ている。

オビトシノリや蒼井優が良い味。
家族の面々も。
>>続きを読む

0

池袋ウエストゲートパーク(2000年製作のドラマ)

4.2

オープニングから世界観が一気に入ってくる。癖のある歌も何故だか素晴らしい。

若き才能溢れる役者が爆発している。
もちろん監督も脚本家も。

堤監督もクドカンの名前をちゃんと覚えたのは、このドラマだっ
>>続きを読む

0

11人もいる!(2011年製作のドラマ)

3.9

クドカンによる昭和風大人数家族ドラマ。
でもちゃんと平成風になっている。
 
しっかりコメディで楽しめた。

星野源が広く世に出たドラマと言うとこれではないだろうか。
家族の歌が、優しくて素晴らしい
>>続きを読む

0

黒井戸殺し(2018年製作のドラマ)

3.9

野村萬斎のポアロはクセがあり過ぎて面白い。
好き嫌いは分かれるとは思うが、個人的には好きだ。現代劇でないのであればだが。

アクロイド殺しは、推理小説の原則を破ったことで有名な作品なのは知っていたが、
>>続きを読む

0

若者たち2014(2014年製作のドラマ)

3.6

見た途端、その昭和臭に愕然とし、気持ち悪くなる。

フジテレビ55周年記念ドラマらしいが、
記念に古いドラマをそのまんまやるとか…

今の現代のドラマを、若者を描くべきではないのか?

昭和がやりたい
>>続きを読む

0

激流~私を憶えていますか?~(2013年製作のドラマ)

3.1

話の内容はミステリーなのだが、そこに同級生の再会と交流を描いている。

その描き方が、昼メロのドロドロな感じなのでちょっと疲れる。

キャストは結構豪華なので最後まで見てしまったが。。

最近では見な
>>続きを読む

0

最後のオンナ(2020年製作のドラマ)

3.3

昭和の家族ドラマだと思って見てたら、オチに驚いた。
うーん、それはちょっと無理があるような…

藤山直美がヒロインはきつかった。
良い役者だし嫌いではないが、脇役で見たかった。

メインの役者4人はみ
>>続きを読む

0

聖女(2014年製作のドラマ)

2.9

恋愛ミステリーなメロドラマなはずだが、 
ちょっとホラーなコメディにも思える。

それほど、演技も演出もくさい。
びっくりするくらい。

主演2人と婚約者がそれほど上手くないので、ドラマの世界に入り込
>>続きを読む

0

68歳の新入社員(2018年製作のドラマ)

3.2

完全にマイインターンが元ネタ。

ただそれと違った部分で良かったのは、
奥さん役の原田美枝子の明るさ。
それがこのドラマを唯一救っていた。

あとはもう1人のお爺さんか。

その他は全て凡庸な出来。
>>続きを読む

0

人生最高の贈りもの(2021年製作のドラマ)

2.9

岡田脚本と知らずに録画。

予想通りつまらない。
娘が来た理由も予想通りかつすぐわかる。
その理由がまた凡庸過ぎてびっくりする。

そしてこれからどんな親子のエピソードがあるのだろうと思ったら、ほぼ何
>>続きを読む

0

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス ファイナル・シーズン(2012年製作のドラマ)

3.9

精神病棟の次は、刑務所。
色々舞台を用意してくるなあ。

刑務所でも相変わらずなハウス。 
アメリカの刑務所怖すぎる。


新キャラは白人系美人女医。
それだけだといかにもなので、申し訳ないのか、可愛
>>続きを読む

0

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン7(2009年製作のドラマ)

3.7

院長との恋愛関係については、相変わらず楽しめない。

幸せになっちゃいけない症候群にも、院長のルックスにも、最終的な判断にも。

マスターズは、ハウスとは対照的なキャラで、うざかったが話的には中々良か
>>続きを読む

0

そして、生きる(2019年製作のドラマ)

3.5

全6話だったが、後半は少しだれた。
内容的には薄いので、3.4話くらいでもいいかと。

所々、グッとくる感じはあるのだが、
もうちょっとエピソードが欲しかった。

岡田脚本には悪人や悪意が出てこないの
>>続きを読む

0

当確師(2020年製作のドラマ)

3.6

これは富山市や高岡市がモデルなのかな?

選挙という題材や内容自体は基本的には面白い。

ただ逆転する為のヒントや種明かしなどの、演出がもう一つ。

少し気になったのは、勧善懲悪的に市長を悪く描いてい
>>続きを読む

0

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン6(2009年製作のドラマ)

3.7

ハウスが精神病棟に入ってる話は見ていて辛かった。

シーズンの最後に悲劇が起こるのもいつも通り。

ただいつもと違うのは、ハウスに変化が現れること。

精神科医にカウンセリング受けるハウスなんて。薬を
>>続きを読む

0

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン5(年製作のドラマ)

3.8

海外ドラマにありがちな、新シーズンに必ず1人いなくなる説。

まあ確かにそれやると盛り上がるけども。

そしてゾンビのように復活。

最終回はまさかで驚いた。

でもあるカップルにはおめでとう。

0

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン3(2007年製作のドラマ)

3.9

警察にストーカーされる&チーム解散シリーズ。

警察の人、怖すぎる…
ハウスの自業自得とはいえ、無理矢理過ぎて怖かった。

フォアマンは色々可哀想な顛末。。

チェイスの首の理由も無茶苦茶。
撤回され
>>続きを読む

0

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4(2008年製作のドラマ)

3.8

新しい部下探しシリーズ。

13役のオリビアワイルドはそこまで魅力的に見えない。

むしろCIAの女性の下りが笑えた。

医師免許無いおじさんが良い味だったが、納得いく理由でリタイヤ。

最後の首で、
>>続きを読む

0

掟上今日子の備忘録(2015年製作のドラマ)

3.8

ガッキーと岡田君のコンビ、
美男美女なので目の保養。

話も西尾維新原作、野木あきこ脚本なので面白くない訳がない。

ピンクがかった銀髪のガッキーが可愛い。

このコンビは、リーガルハイの時も見たが、
>>続きを読む

0

クロコーチ(2013年製作のドラマ)

3.8

長瀬智也のアウトローな刑事役の役作りが良かった。

「せいかーい」
「認めちゃったねー」
などのハスキーな喋り方、
ドーランによるものなのか、顔の色黒さ、
ルパンのような黒シャツ赤ネクタイスーツに、銭
>>続きを読む

0