少林36房さんの映画レビュー・感想・評価

少林36房

少林36房

スクリーン上映で鑑賞した作品のみ記録しています。
気が向いたらコメントを書いたりします。

※いいね!は私が鑑賞した事のある作品のみ行う事にしています。
※ベストムービーの作品はその年に観賞したものから選んでおり、前年以前に観賞した作品は含まれておりません。

  • List view
  • Grid view

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

-

とりあえず登場人物のキャラクターが皆しっかり立っていて良かった。
(折り紙武者までキャラクターが立っていた)

映像も良かった。

物語は子供向けな感じ。
ただ「何でそうなった?」
と疑問に思う展開が
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

あらすじは理解できるものの、
感性でぶつかってくる様々なシーン描写で、
理解が多々ついていけなかった。
・・・だけど良かった♪

2017年11月に映画館で観賞

悪魔祓い、聖なる儀式(2016年製作の映画)

-

うーん。観なくてもよかった。

悪魔に取り憑かれたフリを大袈裟にしてる奴と
悪魔祓いと称して大袈裟にその相手をしてる奴の茶番劇。
その数々を淡々と見せられるだけ。そんな感じ。

作品の構成も雑で色々な
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

-

まず私は虚淵玄の脚本は駄目とは言いませんが、
好きになれない者です。
更に服部隆之の楽曲も好きになれない者です。

で、本作を観て思った事。

やっぱ俺、虚淵玄の脚本、好きになれないや。
やっぱ俺、服
>>続きを読む

エキストランド(2017年製作の映画)

-

面白かったです。笑いました。
ただ欲を言えば後半も、もうちょっとユーモアを入れてくれたら嬉しかったかなぁ。と
あとラストシーンの流れはイイと思うけど、
ちょっとした、やり方・観せ方で
もう少し面白く・
>>続きを読む

一礼して、キス(2017年製作の映画)

-

「どうせ池田エライザのPV(プロモーションビデオ)映画なんだろ」
なんて、期待せずに観賞したのですが・・・
  池田エライザのPV映画でした。

特にタイトルが出てくるまでの冒頭の約2分間は、
池田エ
>>続きを読む

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~(2017年製作の映画)

-

小学生の頃から原作が好きなオッサンです。
勿論、テレビアニメ版も観ています。

好評価な部分とイマイチに感じた要素が色々あり、
総評を出すのが正直なところ難しいのですが
結果「ソコソコなんじゃないかな
>>続きを読む

BRAVE STORM ブレイブストーム(2017年製作の映画)

1.5

レッドバロンもシルバー仮面も好きなオッサンです。

予告映像にレッドバロンとシルバー仮面のリブート作品とありますが、アイアンキングも絡んでいます。

で、作品の感想・評価ですが・・・。
まず、物語・設
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

女性客が多かったでした。

で、作品の感想ですが
悪い作品とは思わないけど絶賛もしないかなぁ。と
悪くは無いですよ。うん

ところで作品を観賞したものの結局のところ、
タイトルの“南瓜とマヨネーズ”の
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

-

見所もありますし面白く無い訳では無かったけど・・・。

韓国の人にはウケるのはわかりますが、
私自身が日本人だからなのか、
個人的にはそれ程でも無かったかなぁ・・・。

追記/映画“反則王”が好きだっ
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

-

恐怖感もそうですが、特に緊張感が肝心な作品ではないかと思うのですが、
実際の所それ程、緊張感を感じませんでした。
その為か正直な所、やや退屈しながら観てしまいました。

2017年11月に映画館で観賞

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

-

個人的に良かったです。

映像に夢中になってしまい、
全字幕中の半分以上の字幕を見落としてしまった程。
なので物語についての感想は控えておきます。
(何やってんだ俺)
後々ディスクで出る時は吹替音声を
>>続きを読む

ゆらり(2017年製作の映画)

-

事前情報一切無し、元となる舞台演劇も未鑑賞で
本映画作品を観賞。

イイ作品なんじゃないかなと思いました。
「出演している役者さん達に支えられている作品かな」とも感じました。

最後まで、タイトルの“
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

面白い♪とっても面白かったよ♪

物語展開も映像展開もセリフのやり取りも、
とにかくテンポが良くて最初から最後まで、
上がったテンションが下がる事がありませんでした。

盛り上げ方も好き。
所々入るユ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

まったく怖くない。楽しめなかった。

恐怖シーンで上映室全体が明らかなシラケムードに。
後半になると恐怖シーンで上映室のあちこちから笑い声。(嘲笑)
正直、そんな状態でした。

原作者を意識してか映画
>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

-

期待通りの格闘能力に限らず、
サイボーグ009の“008ピュンマ”級の潜水戦闘能力や
ゴルゴ13の“デューク東郷”級の狙撃能力を持ち、
更に映画コマンドーにおける“シュワルツェネッガー”級の、幾度もの
>>続きを読む

女になる(2017年製作の映画)

-

とりあえず、
冒頭での三人の会話シーンで、
三人の居る建物の隣で行っている工事現場の騒音が気になり
会話の内容に集中できなくて残念。

個人的には、主人公の女性(元男性)の手術の説明・様子と、
医師に
>>続きを読む

星空(2011年製作の映画)

-

原作の絵本は未読です。

とりあえず映像が可愛いかったです。
特にCGが可愛らしい上に、
絵本の世界を意識した様な物となっています。
登場する、お爺ちゃんの家や小舟も可愛い。

そして後半からのロケー
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

予告映像以外の
あらすじ等の事前情報まったく無しで観賞。

「きっと黒人差別を扱った深い作品なのだろう」
と期待をして、いざ観賞・・・

  「オイッ!!」( ゚д゚)ノ

まぁ、私が勝手に期待しただ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

良かったです。
アクションも良かったですが、
撮影、編集、カメラ割りが特に良かった様に感じました。
そして物語展開も、
「スパイ組織は使い捨ての駒の様にスパイを扱い、
そしてまたスパイもその組織を利用
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

2017年10月に映画館で観賞

うーん。正直、私には微妙なとこでした。
かろうじて“イマイチな作品では無い”って感じでした。

 (↓のコメントにつづく)

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

悪くはなかったです。
ただ、以前のブレードランナーと比べてどうか?
と言われれば、
個人的には、かつてのハリソン版の方が断然スキ。

とりあえず、
「主人公にもう少しだけでもクセがあっても良かったかな
>>続きを読む

ソニータ(2015年製作の映画)

-

主人公の女の子がラップを歌い訴えるシーンがとても良かったし、効果的だったとオジサンは思うよ。





ただ、主人公のソニータのおかれた状況が少しづつ変化していくのを、スクリーンを通して見守り期待する
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

-

今回の後編は、
前作の前編ほどの熱量やヤサグレ感はなく、
それに変わり新宿新次とバリカン建二の、
(身も心も)傷だらけの“邁進”を強く感じました。
ただ、邁進していく様子よりむしろ、
“何を望んで”そ
>>続きを読む

くぴぽ SOS!(2017年製作の映画)

-

地下アイドルグループ“くぴぽ”のドキュメント映画。
尚、私は地下アイドルならずアイドル自体、詳しく無い者です。

事前にあらすじを読んで、
“くぴぽの苦しい状況を自虐的に観せる爆笑映画”なのかなと期待
>>続きを読む

クイーン 旅立つわたしのハネムーン(2014年製作の映画)

-

2017年10月に映画館で観賞

物語展開はシンプル。
ツッコミたくなる箇所や強引な展開もあり。

とりあえず開始早々、
主人公である娘が婚約者の男に結婚式の直前で、
婚約破棄されてしまうのですが、こ
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

-

2017年10月に映画館で観賞

私が無宗教の為か、宗教団体の牧師も信者達にも全く気持ちが入りませんでしたし、
粗暴でクズ野郎な主人公にも最後まで全く気持ちが入りませんでした。

ただ・・・ (↓のコ
>>続きを読む

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

-

動物が好きで、ネコも勿論好きですが、どちらかと言えば犬の方が好きな者です。
動物が好きな事もあり以前から本作を楽しみにしておりました。
NHK-BS放送分は一切観た事が無い上で本作を観賞。

「うーん
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

-

私だけなのかもしれませんが、
観た後に心に何も残りませんでした。
カッコイイとか楽しいとか悲しいとか、
面白かったとか面白くなかったとか、
何も心に残りませんでした。
なぜなんだろう?

作品の素材と
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

-

「おっ、人形物ホラーか!どれ程ビビらせてくれるのかな」と期待♪
早速映画館へ。

 「あ、あれ・・・ほとんど怖くない・・・ぞ」

とりあえず物語展開をもっと丁寧に作ってほしかった。これは、ちょっと雑だ
>>続きを読む

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

-

瑛太、佐藤江梨子もその他の出演者も芝居が良かったと思いました。

ただカメラ割りが微妙な所があったりとか、無駄に手持ち撮影をして煩わしい映像になっている様に感じたシーンがある等、気になる所もありました
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

-

う、うん。ちょっと物足りなかったなぁ・・・。
というか肩透かしに会った感じという方が近いかなぁ。

聖戦記というタイトルからしてエイプ(猿)と人間の壮大な戦争展開を期待していたけど、実際の内容は西部劇
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

-

私は楽しめました。良かったと思います。原作は未読。

特に、以前から解っていたものの本作品を観賞して菅田将暉の役者としての実力・成長・魅力を改めて実感しました。

シーン展開においては、
原作者が寺山
>>続きを読む

アヤメくんののんびり肉食日誌(2017年製作の映画)

1.5

安い脚本に寒い演出。
特に漫画・アニメ臭いエフェクトやテロップが多過ぎて、とにかく映像的にウザったい。
まるで“馬鹿の一つ覚えの様にテロップを乱用している頭の悪い一部テレビ番組”の様だ。

出演者のほ
>>続きを読む

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

-

面白い作品だと思うけど、
宣伝文句などで言っている程、
そんなに凄い作品とは私には思えなかったなぁ・・・。
好み、相性の問題かなぁ・・・。

2017年10月に映画館で観賞

>|