cyphさんの映画レビュー・感想・評価

cyph

cyph

雨月物語(1953年製作の映画)

3.7

焼き直しの幻想譚 ライティングがずっと怖いくらい綺麗だった 男はばかだしばかな男を愛さないと生きていけない女も悲しい もう一度あんたの顔を見るまでは死ねなかった!死ねなかった!って叫びながら泣き崩れる>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.2

薬物依存のリハビリ施設帰りのエマ・ストーンぐっとくるよさだった 真実ゲーム あとタクシー乗り逃げのところよかった ロングカットすきだけどカット一切ないのがすきなわけではないという気づきを得ました

ひかりのまち(1999年製作の映画)

5.0

ちょっと言葉にならないくらいよかった いちばんここに似合う人じゃん……ひかりも街も顔も音楽もずっとよくて 本当に言葉にならないくらいよかった 濱口竜介とミランダ・ジュライが同居してる感覚 登場人物だれ>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.5

完全にシリーズ最高傑作なのでは!???ハン・ソロのくさい台詞とニヒルな笑みあってのスターウォーズですよやはり…機転の効きすぎるキャラクター達かわいいロボ壮大なメカの壮大な弱点父と子の悲しささばさばした>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.6

エモが足りないのと映像の繋ぎ目がなんか変で酔ってしまったのと DVDのせいかもしれないので本編とは関係のない感想 ダブルお父さん凄みあって目が強くてよかった 乱痴気騒ぎもっと続いたらよかったのにな あ>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

3.2

悲しさを描くならもっとちゃんと全員に頭のある設定にして!とおもいました 頭がなくて必要以上に他人に強く出れちゃう人間をぜったいにすきになれない 一方オビワンはずっとかわいかった 髪型もどんどんかわいい>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.3

突如ぜんぜんよくなくてびっくりした…アナキンこんなくそ童貞になってしまって本当に本当に悲しい そら闇堕ちもするわ周りはなにをしてたんだのきもちに ジェダイ集団がのりのりで戦争ごっこしてるのもなんだかな>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.2

アナキン・スカイウォーカーかわいいかわいいかわいいしてたら終わってしまった アナキン・スカイウォーカー!!!!て心の中で100回叫んだ ずるい あんなテンプレど悪役の幼少期があんなちっちゃくて舌ったら>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.1

森の月の原始的な集落つくって暮らしてるくまたちがめちゃよかった 防戦一方になると虐殺ってかんじで胸が苦しくなるけど丸太や石や縄で闘うの熱いし原始宗教が物語のキーになるのわくわくする 最後の祝祭とてもよ>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.8

ハン・ソロのスイート悪党ハンサムっぷりに磨きがかかっててよかった ティーンじゃあるまいしってかんじのもだもだロマンスがはさまるのもいい 氷の惑星も亜熱帯も空中都市もそれぞれ突き抜けててかわいい ルーク>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.0

生まれてはじめて観たけどかわいいかわいい映画だった R2-D2ずっとピロピロいっててかわいい 砂漠かわいい 鳥山明ぽいひゅーんて移動する車?かわいい 異星人たちのたまり場かわいい いまいち手に汗握り切>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

4.0

みなみ会館のSFナイト以来2回目 やっぱりレトロフューチャーな生活感がかわいい 華氏451とちょっと似てるっていつも思うけどこっちのがポップで救いがない ずっとタトルがヒーロー担当なの笑っちゃっていい>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

プロの仕事をしろ!!!!て100万回思いながらみた 1はずっとノリノリだったけど2はずっと乗りきらない ステイトマン設定もいまいち煮え切らなくて乗り切らない スウェット着た鱗翅類学者のコリンファースは>>続きを読む

チキ・チキ・バン・バン(1968年製作の映画)

3.4

子どもの頃以来みたけど思ってた以上に変てこな組み立てのお話だった 変てこでがたがたでぜんぜんスムーズに観てられないからミュージカルとしては△だけどお父さんがディック・ヴァン・ダイクなのはすごくよい 夢>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

ふてぶてしくてあどけない顔がずっと可愛い もうずっとずっと可愛かった 「全部あなたの歌じゃない」が最高 馴れ初めのコインランドリーデート ずっとちゃんと突っ走っててずっと可愛い 手に汗握らせ方もちょう>>続きを読む

甘い生活(1959年製作の映画)

3.7

「まず花束?ピザ?」「ピザだ!ピザを渡すんだ」大聖堂のせまいらせん階段 鳴り響く鐘 靴を脱ぎ捨てて裸足で黒いドレス翻しておどっちゃうロックンロール 白い息と遠吠え 夜の街で牛乳を探して走るマルチェロ >>続きを読む

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

3.8

アメリカの自然すごい、以外の感想をはっきり言い切れない 引用尽くしの思想、ナルシズム、傲慢さ、「自分の力だけで」の線引きの曖昧さなどが気にかかって全力で推せない 原作は「そういう若者がいたよ」のルポに>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.3

雨に唄うだけの映画じゃなかった!!!て思って見てた まさか雨に唄うだけじゃないとは でも雨に唄うシーンやっぱりめちゃよかった ミュージカルって魔法のことじゃんと思って見てた この世にタップダンスがあっ>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

4.0

くるんとしたポニーテールにすらりとした黒タートル黒パンツの格好で子鹿みたいにくるくる踊るオードリーがあんまりにかわいいかわいいで神様ありがとうございますのきもちになっちゃった 色も歌も踊りもほどよく洒>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.5

綾野剛やっぱり特別な魔法のかかった役者だなと思った お芝居がすごい すごいお芝居という印象 終始きもちが遠巻きな映画 序盤の海のシーンがロマンチックでなくてよかった

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.9

完全に性癖のはなしでしかないけど吃音症でトラウマ持ちで内弁慶な英国王がコリン・ファースなんてそりゃもう胸が苦しくなるくらい萌えです 真っ青な画面でこてこての王室&霧のかかったロンドンよかったし光がずっ>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

4.2

なんて愛おしい脚本なんだ〜60年代NYのクリスマスの喧騒を背景に二転三転し続ける3人の男女 最初からラブロマンスの蚊帳の外、都合のいい脇役でしかないバクスター 可憐に微笑み可憐に傷つくシャーリー・マク>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

3.5

パトリシアの容姿の美しさ 言葉を間違えたり知らなかったり教わったり、異国語で恋人と語らう女の子はかわいい

シャンゼリゼ通り、エッフェル塔、コンコルド広場、カンパーニュ通り パリのあちこちを盗難車でび
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ちがう女の子と海老を追いかけてもぜんぜん盛り上がらないところよかった ニューヨークとロサンゼルスを空路で跨いで痴話喧嘩するしょうもなさも

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.1

なんとなくでずっと食わず嫌いしてたけどとてもよかった特別な映画だった 顔のアップ、視線のゆらぎ、少ない台詞、魔法のかかった自然光、音読、デモパレードやクラブの熱い音楽と踊り、そして日々のルーチン 完全>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.8

ぺらぺらだけど下品で破茶滅茶でずっと楽しい 顔がかわいくて性格が最悪な年下の証券マンの男の子が薦めてくれたので倍かわいかった 札束も娼婦もドラッグもクルーザーも立て板に水のスピーチショーもなにもかも縁>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

ぜんぜんすきじゃなくてぜんぜんすきじゃないな〜って観てたけどシャドーボクシングあたりから安藤サクラ はあ の気持ちになった 一等星の安藤サクラが光ってさえいればいいのにで歌要らなかった

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.7

人間の無理さを描くのがとっても上手だった 生理的な無理さ ちゃんとしたかったって泣きじゃくるの意味わかりすぎるほどわかるけど覚えがあるからと言って絵として見たいわけでもリリーフランキーに慰められたいわ>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

3.9

マチルダの小さな雌感が終始すごい 欲しいのは愛と死だけよ レオンの贈ったドレスが噴き出しちゃうくらいダサいのよかった

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.4

すきとかきらいとかじゃなくただただ唸ってしまう 前半のくそ童貞パート抜ければ森田くんがもう…もう…そして犬……

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.6

イスタンブール香港マカオそしてロンドンスコットランド ロケーションムービーそれだけでかなり楽しかった Qがかわいい ほぼアニメ

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

4.8

数年ぶりに観たけど格好いい格好いいで終わっちゃった 昔のアニメらしいもさもさした動きがまたよい 記憶以上に舞台がブレードランナーだった 近未来に雨が降ってるのそれだけで格好いいな マテバでよければに何>>続きを読む

意味なし人生ちゃん、宇宙(そら)へ(2017年製作の映画)

3.8

人工衛星になって宇宙へ飛んでいった/そして海へ堕ちた女の子を思い出す男の子の話 過去と現在を行き来する手法 台詞どうしの言葉遊び的な呼応 いい意味で演劇的でとてもよかった 初夏の気だるい生活感とポエジ>>続きを読む

左京区ガールズブラボー(2017年製作の映画)

-

自転車を漕ぐひなこちゃんの長回しよかった ひなこちゃん

>|