haruさんの映画レビュー・感想・評価

haru

haru

映画(1416)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

クイーン?フレディ・マーキュリー?昔キムタクが出てたドラマの主題歌のやつ?何だっけ?そーだ!「ウィーウィルロックユー」だ!(違った)

余りに評価が高いので、恥ずかしながらこのレベルで観に行ってしまい
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

クリスマスにどうぞ。

母を亡くして傷心中のクララが、母からもらった卵型の箱の鍵を探しに「秘密の王国」に行く話。

そもそも「くるみ割り人形」の原作をよく知らないのですが、本作は最近のディズニーがよく
>>続きを読む

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.0

崩れてもイケメン。

金持ちイケメンなデイヴィッドは、地位も名誉も女も持ってるスーパーマン。ある日明らかに親友が狙っているソフィアに一目惚れ。もちろん友情よりペネロペ、早速モノにしようとしたら、セフレ
>>続きを読む

サウンド・オブ・ノイズ(2010年製作の映画)

3.5

刑事アマデウスvs音楽テロリスト

第1楽章から第4楽章まで体を張った音楽テロは、見てるだけで楽しいです。私は最後の電線テロが好きでした。
ストーリーは普通と言うか、途中でトイレ行っても余裕系だから気
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

アメリカの地縛霊。

Cは妻Mと幸せに暮らしていたが、突然交通事故で死亡。ところが病院で白いシーツを被せられると、彼はオバケとして蘇る。Cが妻と暮らした家に戻ると、そこには悲しみに暮れてパイを貪るMが
>>続きを読む

美女と野獣(2012年製作の映画)

2.0

ドイツ版美女と野獣。

村の飲み屋の娘エルザは彦摩呂にそっくりなパパと仲良く暮らしているが、日々領主からの税の取り立てが厳しく貧困に喘いでいる。ある日パパが森で迷い、たどり着いた古いお城で薔薇を一輪頂
>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.5

お父さんは大変だよ。

家族でスキー旅行にやってきたトマス一家。楽しく過ごしていたら、2日めの昼食時に突如雪崩が発生。人々が逃げ惑う中、息子のハリーは「パパー!!」とパニック起こして絶叫。妻エバも二人
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.0

ロストボディ再び。

お金モッチのドリアは現在殺人容疑をかけられ人生の崖っぷち。得意のカネで何とかできそうなところで、検察が新たな証人を用意し再びピンチに。急遽凄腕弁護士グッドマンと作戦会議を始める。
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

ラブ&ピース。

森の中に住む超自然派大家族のキャッシュ一家は、両親の思想から一般社会とは隔絶された原始的な生活を営んでいる。ある日母レスリーが亡くなり、葬儀に出席するため一家は初めて下界へ降り立つが
>>続きを読む

セカンドベスト/父を探す旅(1994年製作の映画)

4.0

そして父になる。

小さな郵便局を営むグレアムは、認知症の年老いた父親と二人暮らし。ある日突然「そーだ!養子もらお!」と決意した彼は、10歳にしてすでにハードすぎる人生を送ってきたジミーという少年を施
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.5

より高く!

妻の浮気で心を病んだパットは精神病院を退院し、今は実家で療養中。「より高く!」をモットーに筋トレと読書に励み、接近禁止令を出された元妻とヨリを戻そうと画策している。ある日夫の死でこれまた
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.0

数々のヒット作を世に送り出した名編集者パーキンズと作家トマス・ウルフの出会いと別れ。

「神々のたそがれ」を観たまま眠りについたらうなされそうだったので、爽やかな記憶に上書きしたくて鑑賞。パーキンズも
>>続きを読む

神々のたそがれ(2013年製作の映画)

3.5

全知無能の神。

地球から800年ほど遅れている、とある惑星アルカナル。ここに地球から学者たちがやってきて、彼らを観察することに。その一人ドン・ルマータは、ここでは神の子として人々から恐れられていた。
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

ウィーアーヴェノム。

ジャーナリストのエディは、人体実験の内部告発を受けて取材のためにライフ財団へ侵入。そこでシンビオートというドロドロ系エイリアンに寄生されてしまう。そしてうまく融合した二人は、図
>>続きを読む

砂時計(1973年製作の映画)

5.0

ポーランドのカフカ。(すごく納得)

ユゼフは父がいるサナトリウムへ行くが、そこで摩訶不思議な体験をする。

最初から最後まで徹底して作り込まれてます。現実に戻る隙が全くないです。サナトリウム(療養所
>>続きを読む

ペイド・バック(2010年製作の映画)

3.5

30年前の嘘。

かつてイスラエルの諜報機関モサドに所属していたステファン、デイビッド、レイチェルは、ナチス戦犯を捕らえた英雄。ところがあれから30年、デイビッドが突然自殺してしまう。レイチェルはあの
>>続きを読む

グリフィン家のウエディングノート(2013年製作の映画)

3.0

個性溢れすぎてるグリフィン家の結婚式。

グリフィン家の次男アレハンドロが結婚。養子である彼は実母を式に招待するが、父と母は8年前にとっくに離婚しているにもかかわらず、ちょーカタい実母に気を使って二人
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.0

正しさより優しさ。

ちょー優柔不断な宮本はいつもファミレスでなかなかメニューを決められない。50歳になり、一人息子は結婚して家を出て行き、妻と二人暮らしが始まる。ある日二人の思い出の本の中から離婚届
>>続きを読む

ユー・キャン・カウント・オン・ミー(2000年製作の映画)

3.5

You can count on me=頼っていいんだよ

幼い頃に両親を亡くしたサミーとテリーの姉弟がひさしぶりに感動の再会…と思いきや、弟は会うなり「いやぁ実はムショに入ってて連絡できなくてさぁ」
>>続きを読む

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

3.5

刑法第三十九条
一、心神喪失者の行為は、罰しない。
二、心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

精神鑑定人の小川は、殺人容疑で勾留中の柴田の精神鑑定の依頼を受ける。彼は多重人格の疑いがあるとして無罪
>>続きを読む

評決のとき(1996年製作の映画)

4.0

「正義」とは。

白人青年二人が黒人少女に対する強姦と殺人未遂で逮捕されるが、被害者の父親が怒りに駆られて公衆の面前で犯人二人を銃殺。新米弁護士ジェイクは父親の弁護を請け負うことになるが、事件はやがて
>>続きを読む

ふたりのベロニカ(1991年製作の映画)

5.0

酷使するから2体必要なんだ。

同じ日に生まれ、同じ顔と才能を持つふたりのベロニカ。ポーランドのベロニカが初舞台の最中、突如命を落としたとき、フランスにいるもう一人のベロニカは大きな喪失感を抱く。
>>続きを読む

アイ・オリジンズ(2014年製作の映画)

4.0

瞳は、魂の窓。

瞳の研究をしているイアンは、7年前のハロウィンパーティーでソフィと運命的な出会いを果たす。無神論者のイアンとスピリチュアル系ソフィが繰り広げる議論。「前世はあるのか否か?」

「コン
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

4.0

君の瞳はダイヤモンド。

「奇形」とされる人たちの悩みは、やはり外見について。外見なんてみんな違うのに、「普通」って何?「美しさ」って何?そもそも私たちは美しくなければならないのか。
テーマの割に毒々
>>続きを読む

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974年製作の映画)

3.5

セリーヌとジュリーが飴を舐めてタイムスリップする話。

ジャック・リヴェット初めて見ました。3時間はさすがに疲れましたが、後半はけっこうおもしろかった。カワイイもの好きな女子が好きそうな作品で、内容は
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.0

1977年のベンと1927年のローズがニューヨークに向かったとき、ワンダーストラックが起きました。

トッド・ヘインズっていろんなジャンルを撮るんだなぁというか、「アイムノットゼア」がトラウマになって
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.5

体を売って日銭を稼ぐマイクとスコット。マイクは親がおらず、ナルコレプシーを患い、生きていくのがやっと。対してスコットはセレブ出身で、親への反抗で家出をしているだけなので、何となく気品と余裕があります。>>続きを読む

メトロポリス(1926年製作の映画)

4.0

SF映画の金字塔。
1926年に製作されたモノクロサイレント映画でありながら、未だに名作と言われているらしいです。芸術センスのカケラもない自分が果たしてちゃんと楽しめるのか不安でしたが、アンドロイドが
>>続きを読む

トランストリップ(2013年製作の映画)

4.0

オバケなしでもホラーはできる。

とっても内気でナイーブなアメリカ人アリシアは、イトコのサラに会いに単身チリへやってきます。(ちなみに初海外)そこで突然サラの彼氏や友人たち(アリシアにとってハジメマシ
>>続きを読む

明日の空の向こうに(2010年製作の映画)

3.0

僕たちの空。

ロシアのストリートチルドレンが、ポーランドを目指して旅に出る話。なぜポーランドなのかが最後までわかりませんでしたが、彼らにとってポーランドは少なくとも今よりはずっと良いところで、ポーラ
>>続きを読む

ヴェラの祈り(2007年製作の映画)

3.0

「赤ちゃんができた。あなたの子ではないけれど」と、妻からサラッと衝撃の告白をされたアレックス。兄に相談すると「殺したければ殺せ。許したければ許せ。自分で決めろ」と言われちゃう。果たしてアレックスの答え>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.5

天才は、めんどくさい。

天才スティーブ・ジョブズと娘の話。
彼が成し遂げた功績云々より、彼の偏屈ぶりがたっぷり詰まった嫌味と皮肉だらけの会話の応酬。そもそも機械に弱い私からすると、何言ってんのか全く
>>続きを読む

エレメンタリ ~鍛冶屋と悪魔と少女~(2018年製作の映画)

3.5

ドジっ子悪魔。

ある村に政府関係者がやってくる。彼は鍛冶屋に用があると言うが、村人たちはみんな「奴に近づくな」と言う。それは村人と一切交流を持たない鍛冶屋の家から、毎晩この世のものとは思えぬ叫び声が
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.0

現実を受け入れよ。

バーバラは変人と言われたり、いじめられたりするけど全然気にしない。なぜならバーバラは「選ばれし者」で、町を襲ってくる巨人を倒すという使命があるから忙しいのだ。だけどみんなバーバラ
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

4.0

プーさんの裏側。

盲目のジーナは優しい夫ジェームズに支えられ、幸せに暮らしている。ある日ジーナが手術を受け目が見えるようになると、目の前にいたのは、いつも守ってくれる優しいけどつまらないオッサンでし
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.0

全く笑えないイタリアンコメディ。

7人の男女がプライバシーの塊「スマホ」を大公開して修羅場になる話。食事中に来たメールと電話をみんなに見せなくてはならないという、もう地獄しか見えない恐ろしいゲームを
>>続きを読む

>|