ひっきーくんさんの映画レビュー・感想・評価

ひっきーくん

ひっきーくん

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.7

死霊館ユニバースにおけるアベンジャーズともいえなくもない

キャラクターの行動原理にギリギリの理性が感じられて許せる。またドッキリホラーの側面が強化され全体を通してびっくり箱のような瞬間的な恐怖を重視
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

4.5

兎に角長い。長過ぎる、普通に4時間ってなんなのか。パートで分けてくれ。
まともにレビューなんてできるわけがない!自分自身が無駄な4時間を体験したと思いたくないし………

たしかに刺激的なカットやオリジ
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.8

死霊館のシスターってもうタイトルめちゃめちゃ意味わからんよね 死霊館に努めてるお化けシスターのドタバタコメディ物語がはじまりそう

オーソドックスながらも、みならいシスターと神父、そしてハズレ者という
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.5

まるで期待しないで見たせいか、だいぶ楽しめた一作。

スプラッタでもなく、後味の悪さもそこまででなく………スナックのような手軽さとホラーの王道ながらもビビリと人間側の反抗もキチッと取り込み、バトルを描
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

5.0

ヒーロー映画の続編でこんなに好きな作品はないかもしれない。
物語がバランスよく散らかっててどの視点を取っても成立する!いい塩梅である!
ヒーロー物として見ればアントマンの縮小アクションの質の高さに見惚
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジェームスガン監督がもつ、MCUのなかでも特にコメディっぽいノリがやっぱりスーサイド・スクワッドと相性が良かった!キャラ萌えの密度が半端なくてそれだけで見てられちゃう映画!ビジュアルイメージや衣装デザ>>続きを読む

変態村(2004年製作の映画)

3.5

タイトルに反して意外とまともに狂気を描いている こんな村いられるか!!私はすぐにでも車で脱出するぞ!!

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.2

雰囲気とかはすっごく良かったんだけど、ストーリーのメリハリが希薄すぎて寝てしまいそうになる とにかく最後まで雰囲気が良いんです、雰囲気は………

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分が思っていたのと別の方向に話が進むのが大変熱い!

アクションの小気味よさやガイが本当に良いやつなのが大変見ていて気持ち良い。あとアベンジャーズのテーマが流れたのも、クリス・エヴァンスがカメオで出
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

5.0

満点以外つけようのない完璧な序章

セリフなど大部分が難解できちんとした意味を理解しようとすると苦労するはずなのにビジュアルと雰囲気ですべてを表現しきっているという構造の上手さ
さらにはモビルスーツ戦
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

映画館でみたのは正解だった。
人間ドラマ要らない派と小栗旬出番少なすぎじゃね派がいますが、個人的には説明不足すぎる作品。
前作で神とかもてはやしてた割には、なんかゴジラは人間を守ってくれるのよーー!!
>>続きを読む

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.0

終わるべくして終わってしまった悲劇のシリーズ最終章。
20世紀FOXとディズニースタジオの事業統合までの遍歴は置いておいて、2つの世界を交わらせるために必要なのは無理やりつなげるか、新しく始めるか た
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

モンスターハンターといえば、英雄の証で『てんててーーーん』のあのモンハンのテーマを聞き行くつもりで見に行ったが、本編では流れなかったのでそこだけで1点をつけそうになった。


ミラの役作りや小道具の質
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

4.2

脳みそがからっぽオブからっぽになった映画。
アクションシーンとコメディとハラハラシーンのバランスが奇跡的で、一生お気楽な気持ちで鑑賞できる怪作。
冒頭付近の酒飲みすぎ&ひげ面不摂生なダニエルくん見ると
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

映画を見る前にこんなレビューを読もうというアナタ、はやく自分で見なくてはダメだ

世界が変わったんじゃない。
あなたが変えなかったんだ。

世界が変わらなかったんじゃない。
あなたが変わることを許せな
>>続きを読む

4ヶ月、3週と2日(2007年製作の映画)

4.0

この気持ちの悪さ、世界の鬱々しい描写、女学生たちの愚かしさが何とも言えない映画。

誰を憎むべきなのか、どうすればよかったのか?誰に言えばよかったのか?
堕胎をテーマに描かれるのは一体どんな罪なのか。
>>続きを読む

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz -特別篇-(1998年製作の映画)

3.9

お話をざっくりとまとめつつ、戦争と平和というテーマにふさわしい戦いを繰り広げてくれた作品。
全キャラのキャラが立っててどいつもこいつも忘れ難い、こんなのはなかなかない作品だよ!!悲しきかな、ウイングゼ
>>続きを読む

ムーラン(1998年製作の映画)

4.5

やっぱディズニー作品。見ていて安心感があるし、感性が古いと一概に切り捨てられない説得力がある。
三バカトリオの安心感や、王子様のかっこよさ、頼りになるのかならないのかわからないトカゲくんなど魅力がたっ
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.0

プぺ泣きせず……

この作品を一言で表すならば、「トゥルーエンドにたどり着けなかったアクションRPGゲームの一周目ノーマルエンド」である

映像の質感などはかなり進歩を感じて凄いと思った……がアクショ
>>続きを読む

ブレア・ウィッチ(2016年製作の映画)

3.0

前作の続編、という体裁を取りながら実質リメイクであるというのはよくあるけど外さない

しかしブレアウィッチに関しては驚かす手法やPOV視点ゆえの不明瞭さ、ストーリーの小出しが受けた作品であるがゆえ、前
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

年末で毎日酒飲んでべろべろになりながらゲームやっていたのですが、この映画観て、久しぶりに素面に戻りました。ていうか酒が抜けるほど長いんだよコレ!!
脳を空っぽにして怪獣バトルが楽しめるシーンと妙にキャ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

もうめちゃくちゃ気持ちの良いアクションときちんと熟成された設定と世界観で何杯でもご飯が食べられる映画。
スパイアクション、クライムサスペンス描かせたらノーラン監督の心地よさは随一ですね……
こんなレビ
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.2

ひさしぶりに映画館で見た映画。コロナ禍という状況の中、営業を続けられるほどの対策を講じてそれを徹底する従業員の方々にはどんなに感謝してもしきれないと思う。

全体的に惜しい映画でした。
色彩的には派手
>>続きを読む

フランケンジョーズ(2016年製作の映画)

2.0

唐突に武装した畜産関係者が出てくるのはまだ分かるんだけど(哲学
なんか南米のゲリラみたいなサブマシンガンとか装備してるのほんと耐えられなかったw
ネコタイツが可愛かったヒロインはセクシーシーンもなく、
>>続きを読む

映画 刀剣乱舞-継承-(2019年製作の映画)

5.0

刀剣乱舞のゲームなのに織田信長の造形がマジでガチ。
歴史改変物にありがちなテンプレ織田信長像で誤魔化さず、システマティックな装置としてではなく、一人のキャラクターとしてその内面を描いた作品はめずらしい
>>続きを読む

47RONIN(2013年製作の映画)

3.8

一周回って王道 
リアリティの補強を成し得た真田広之とキアヌの演技力の功績はあまりに大きい
ごった煮ウソ日本が好きなら悪くない一作

デジモンアドベンチャー02 前編 デジモンハリケーン上陸!!/後編 超絶進化!!黄金のデジメンタル(2000年製作の映画)

4.5

後編の作画は幼さや、アニメ的高級感、質感を主とした僕らのウォーゲームに近いものなんですけど、前編は前作とは一転、写実的な作画の雰囲気でめちゃくちゃ好みでした…全部これならもっと好きだった…

作画の雰
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

5.0

ひっじょーに良くできたアンチスーパーマン映画でした…ドクタースリープ見たあとだと上映時間が優しい感じ…w

映画一本の満足をきっちりまとめて一時間半というスリムな構成となってるのがすごく優しいと思う 
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あの鬼気迫るシャイニングと比べると些か味付けが違いすぎてびっくりする

キューブリックのシャイニングとスティーブンキング版を繋げるべくうまいことやってくれたのが嬉しかった!中盤までの静かな盛り上がりや
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.1

こらぁ…スティーブンキング怒るわ…って感じの理不尽ホラーに仕上がってて良かった。

斧を抱えて足を引きずりながら追いかけてくるお父さんはあまりにも恐怖だが、それ以上に萌え袖で包丁ぷらぷらさせながらイッ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

5.0

辛気臭さが帰ってきた!!

主人公のもっさいだっさいあの感じ、翻弄される不甲斐なさ すばらしいね

セカイ系としての新海誠作品の最高峰だと思います。
君の名は。の滝くんは演者が神木隆之介くんだったこと
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんかハマらなかった。

全体的なストーリーや過去の掘り下げ、新規設定は悪くなかったと思うんだけど、これじゃジョーカーは正気じゃん

狂気に堕ちなきゃジョーカーは生まれなかったと思うのですよ私は。小人
>>続きを読む

トロール・ハンター(2010年製作の映画)

4.2

ひさしぶりに観たくなった

フェイクドキュメンタリー物としてはかなり出来の良い映画
話の中で仲間割れも少ないのでイライラせずに見られるのも安心。極端にグロくないし、やたら気分悪い描写も少ないので見やす
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とあるファン創作でDCコミック:バットマンのヴィラン、ジョーカーが正気に戻り、ヒーローのバットマンこそ精神障害者で、彼のせいで全てはおかしくなったとして告訴する なんてものがありました。

また、とあ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・ガントレット何回使う気なんだよ!!
サノスは一回しか使えなかったのに、アベンジャーズは2回使えるとかチート

・あとドクターストレンジ!お前いつまで洪水せき止めてるんだよ!!戦えよ!!

・結局サノ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.7

マイケルキートンがヴィラン役でよかった 

実際に宇宙人との戦争があったら、というリアリティに即した「解体業者の暴走」なんてアイディアを上手く取り込んでヒッジョーに面白い。物語開始地点の設定が良いと全
>>続きを読む

>|