KHinojiさんの映画レビュー・感想・評価

KHinoji

KHinoji

評点の基準(一応)
4.0以上 オイラ的にはお薦め!
4.0近く オイラ的には気に入ってます。
3.5以上 評価できるところは十分あると思う。
3.0辺り 標準的、一応見てもいいんじゃない? あとは貴方次第。
3.0未満 少々残念。薦めはしない。
2.5辺り 良い所はまだあると思ふ…
2.0未満 やめときな。

…最近、評点が厳しめだったので付け直しました。

映画(1213)
ドラマ(35)

来る(2018年製作の映画)

3.9

中島哲也監督は映画「下妻物語」以来、凄いなと思っている監督さんで、今回も、中島監督はホラーなんて興味無さそうに思われるのにどうなるんだろ???と期待していました。見た結果、さすがに一筋縄ではいかない監>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.8

マンガ原作の実写化映画。原作は昔途中まで読んでた、もうほぼ忘れてるけど。で、原作は長いストーリーだし舞台設定が複雑なので、2時間枠の映画ではマトモになるわけはないと思って、私は映画館ではパス。
ストー
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.6

公開当時見に行きたかったのだけど機会が合わず、やっとレンタルDVDで見ました。
まさかその後、樹木希林さんが亡くなられるとは・・・

内容的には地味な映画ですが、見ることが出来て私は嬉しかったです。
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.3

題材的に惹かれなかったので映画館ではパス、評判作であはるのでレンタルBDにて見てみました。
見た結果は、映画作品としてはやはり凄いな、と凄さは感じました。
が、個人的には興味が沸く内容ではありませんで
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

この手の青春映画は、私はどちらかというと興味なくて敬遠してましたが、評判は良さそうなので気になってレンタルBDにて鑑賞です。

タイトルの「レディ・バード」は、主人公の女の子が自から名乗っている愛称で
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

子供向け映画と勘違いして(笑) パスしていましたが、ここFilmarksの評価を見てこれは見なければ!と思い、遅ればせながらレンタルDVDにて見ました。
見た結果は、いろいろな意味でたいへん面白かった
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.4

レンタルDVDにて。
題材的に興味はあるので見ちゃいました。

この作品・映画が面白かった、というよりは日本の昔のサブカルの歴史の実態を少しは知ることが出来るので興味深かった、というのが本音です。
>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

3.9

見終わったあと、やっぱこれが山下敦弘監督の映画だよな、って感じました。
テーマが全編でハッキリとしている力強い映画になっていると思いました。そのせいか、久しぶりに疲れる映画でもありました(良い意味で)
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

3.0

タイトルから予想して面白そうだと思ったので見てみました。なので、内容はほぼ知らずでした。
見た結果は、、、正直どう評価していいのか?というところです。

前半のストーリーからもっと銃を持つことでどう人
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.1

斎藤工は、熱烈な映画ファンだと思われるので好意的に見ちゃいますよね。なので初監督作のこの映画も興味はあったのだけど映画館では見逃し、レンタルにて見ることに。

タイトルの「blank 13」は映画が始
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.5

公開時に気にはなっていたのですが見逃し、TV版放送に同期してレンタル開始されたのでDVDレンタルにて見ました。
TV版も見てますが、TV版はこの映画版の続編/後日譚の2つのストーリー(前+後編x2つで
>>続きを読む

Pixels(原題)(2010年製作の映画)

3.5

2015年の長編映画の原作の短編映画ということで、youtubeにて見てみました。実は知りませんでした (笑)

数分の短編だと、このようなアイデア一発勝負で押し切ることが出来るので、いいですねーーと
>>続きを読む

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

3.3

続編。今回はマフィアへの潜入捜査、ということになっていますが、実際は潜入捜査の話はたいしたこと無くて、マフィア内の勢力争いの方が中心のストーリーになっています。
著名な日本人俳優も数人出演していますが
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.4

映画宣伝でストーリーの内容には興味があったのですが、三池監督の原作付き映画化には今は食傷、結果レンタルBDでの視聴になりました。
三池監督はもうベテランになりすぎていて、悪い意味で及第点の映画ばかり撮
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.5

映画宣伝で気にはなっていたのだけど映画館では見逃し、レンタルBDにて。
バランスの良いハッピーエンドのコメディ時代劇って感じで良いですね。
見所は、斎藤工の良い人役と、濡れ場シーンかな。

濡れ場は(
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.3

原作を知っていると楽しめないことってよくあることで、この映画もそのひとつでした。原作を知らない人が幸せ、ってパターン。
厳密には、私も原作マンガは読んでなくて、深夜TVアニメの方を見ていたのですが、ア
>>続きを読む

ザ・レイド(2011年製作の映画)

3.4

映画「スカイライン 奪還」の関係でこの映画が紹介されていたので、動画配信で転がっていたので見てみました。
確かにアクションはハードで迫力があって凄いですね。

ストーリーが無いとか評されてもいますが、
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.9

映画の内容はあまり期待してなかったのですが、映画宣伝で、CG/VFXが面白そうだったので見てみました。結果は、将にその通りでした (笑)。

格闘シーンのCG/VFXが良いというよりは、ヴェノムの顔の
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.6

アニゴジ3部作、どう完結付ける?という意味で期待される一作。

この映画を見た人の感想は主に次の3種類になると思う:
(1) 期待して見に行ったけど、ガッカリだった。
(2) 全く期待はしていなかった
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.7

種々の理由から私は Queen のファンにはなりませんでしたが、彼らの業績から考えると凄いバンドだった(?)な、とは思っています。当時「ナウ・アイム・ヒア」は良く聴いていた記憶があります。
その後も映
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

Filmarksでの皆さんの評判が良いので、これは見なければ!と思い遅ればせながら見てきました。
PC画面上での映像ってことで、退屈しないか?って不安でしたが、全くそんなことはありませんでした。映像の
>>続きを読む

ガールズイントラブル スペーススクワッド エピソードゼロ(2017年製作の映画)

3.1

いわゆるオリジナル・ビデオ作品(東映Vシネマ)。先行して劇場公開もされていたらしい。尺はちょっと短め。

ストーリーが、SFでよく使われる繰り返し系の展開で始まっていて、この手の語り方を知らない子供た
>>続きを読む

スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー(2017年製作の映画)

3.0

いわゆるオリジナル・ビデオ作品(東映Vシネマ)。先行して劇場公開もされていたらしい。

(2018/11 動画配信にて視聴)

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

3.8

私は、中田秀夫監督お気に入りなせいか、この映画は問題なく楽しめました。他の方の評を見ると、結構な不評だったのですねぇ (笑)。

この映画は言ってしまえば、超能力者の戦いのお話なので、そこの部分を楽し
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

4.0

中島哲也監督のことを初めて認識させられた映画。
さらに、これまで女優としてほとんど気にしていなかった深田恭子さんに一目おかされるようになった映画でもある。
主題歌の Tommy heavenly6 も
>>続きを読む

恋のしずく(2018年製作の映画)

3.3

川栄李奈の映画初主演作品。故・大杉漣も出演している。
この映画は一言で言えば、広島県の日本酒作りを行っている地域・西条のご当地映画といっていいと思います。

結構重要な脇役の一人が事件を起こしてしまい
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.0

1を映画館で見るのは初めて。
やっぱいいですね。

後編はストーリー展開の内容から戦闘アクションシーンばっかって印象ですが、この前編は戦闘シーンだけではない紆余曲折なストーリーなので(ラブコメっぽい箇
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.5

映画予告から期待した通りの内容・完成度だったかな。
面白さは良い意味で平均的。

この映画の売りはやはり、多くの人がもう手放せないスマホ/SNSに関連する危険性の一例を明確に題材にしているところでしょ
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.5

SFストーリーとして何か新規性がある内容ではないのだけど、SF的設定を利用したアクション戦闘活劇としてバランス良い映画になっていると思いました。
前作「征服」は、人間が一方的にエイリアンに侵略されるお
>>続きを読む

>|