のっちさんの映画レビュー・感想・評価

のっち

のっち

映画(1813)
ドラマ(86)

雨月物語(1953年製作の映画)

5.0

何が良いって、全てみたいな

陶器職人の兄弟とお嫁さんたちと子ども。金が稼げることがわかって…

欲に塗れる中で失うものや、気づくものがあって…。あー本当に人間って馬鹿だよなと自戒をこめて考える作品。
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

-

裏切りダメ絶対

ジョーカーと別れたハーレー・クインが街のボスに命を狙われて、生かされる代わりに、貴重なダイヤを盗んだ子どもを攫ってくる話。

ハーレー・クインの「まあなんとかするっしょ」みたいな賢く
>>続きを読む

ディオールと私(2014年製作の映画)

-

モノづくり×デザイナー

ラフ・シモンズがJIL SANDERを離れてDiorでオートクチュールを発表するまでの8週間のドキュメンタリー

なんかすごい。いや、マジでその発想する?っていう会場のアレン
>>続きを読む

駅馬車(1939年製作の映画)

4.0

わかりやすく名作

ローズバーグまで駅馬車で移動する人々の物語。

みんなのキャラが立ってる!大人しい娼婦、飲んだくれの医者、紳士な賭博師、夫思いの貴婦人、小心者の商人、お尋ね者のガンマン、訳有の銀行
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

シュールでお洒落な吉本新喜劇

シリアからフィンランドに亡命してきたカリードと、レストランオーナーになったヴィクストロム。彼らに希望が与えられる。

儲からないからって寿司屋始めたり、日本リスペクト(
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

-

グザヴィエ・ドラン良きかな

人気俳優ジョン・F・ドノヴァンの突然の死。彼と5年間文通をしていた、当時11才のルパート・ターナーは今や注目の若手俳優。ルパートは当時の事を語る。

二組の母子の話であり
>>続きを読む

だってしょうがないじゃない(2019年製作の映画)

-

監督のタメ口が親しみになっていく感じがいい

最近ADHDと診断された坪田監督が、親族で広汎性発達障害(と軽い知的障害)を持ちながら一人暮らしするまことさんを3年間を撮ったドキュメンタリー映画。

>>続きを読む

沈黙(1962年製作の映画)

-

沈黙

子供が車窓から戦車の列を眺める。
ティモークの街にあるホテルは裸婦画や小人が印象的。
死を目前とする姉と性を求める妹。
その子どもは母の情事と叔母の死を前に何を思うのか。

「よかった。言葉が
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

他者視点大事

顔の整形手術を繰り返してきたオギーが中学校に通うことになりました。

虐められたり悲惨な生い立ちのオギーの視点だけじゃなくて、両親の愛情を全部受けられないお姉ちゃんや、裕福な家庭じゃな
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章(2015年製作の映画)

-

工藤の過去にも決着!

残されたカメラマン田代(白石晃士監督自信)が異世界に消えた工藤と市川を探しに行くモキュメンタリー!巨人に似たゴミ人形の謎を解く!

・人の命を救うためなんですって言いながら女性
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 劇場版・序章 新説・四谷怪談 お岩の呪い(2013年製作の映画)

-

センス爆発!

市川がお岩さんに憑かれる話。

2013年にガングロギャルを持ってくるセンスな。
相変わらず女性にも恫喝する工藤Dは馬鹿なのかな。
お岩さんの話をする吉田悠軌って、ここだけガチやな。
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

村ものチープホラー

唯一無二のモキュメンタリー監督、白石晃士が送る、工藤と市川コンビが送るオカルト探訪。今度の舞台はタタリ村!

鬼神兵で神になった博士を殺して異世界へ。工藤は両親に会って研究をやめ
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

思いやりが試される螺旋階段

現代美術館のキュレーター、クリスティアンがスマホをスられて、GPSでマンションを特定して、脅迫文を投函する!

なんとなくドキュメンタリーだと思っていたので、見てみたら全
>>続きを読む

ジプシーのとき(1989年製作の映画)

4.0

クリストリッツァ!!好き!

ロマのベルハンは足の悪い妹ダニラとクズの叔父さんと病気を治せる祖母と暮らしていました。石灰を買いに来たアズラに惚れてエデルレジの祭日に結ばれます。妹の病気を治すためにイタ
>>続きを読む

サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ(2014年製作の映画)

-

字幕は関係ない

フラメンコの聖地らしい、ロマの住むグラナダの丘の洞窟の皆様がお話をするドキュメンタリー。

水玉が揺れて情熱が聞こえるドキュメンタリー映画。
一人ひとりが境遇を語って、踊り、歌い、歴
>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

-

脱厨二病

お仕事大王を倒したエメットたちにシスターの魔の手が…

メタ構造を最初から利用して話が転がる。シスターってことは妹との話なんだなーって思いながらも、女王様のキャラとかアルママゲドンの危機と
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ペパーミントキャンディみたいな人生

電車を目の前にして線路に立つ男の生涯を、7エピソードを電車の逆再生とともに遡っていく。

なんでこの人は死ぬんだろう?と考えながら見てると、だんだん辛くなってくる
>>続きを読む

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

なんか惜しい

姉を失ったバイオレットは橋の上に立っていた。同級生フィンチはそれを見つけて声をかける…

ビターなのはいいと思うんですよ。でもフィンチが変人って思われてる理由がちょっと弱い気がする。人
>>続きを読む

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ゆめうつつ

別れた元カノを求めて探偵のように田舎へ夢へ長い旅。

なんと表現すればいいのか…
鏡越しのショットや壁際からのショットが印象的。バーで二人が街を出る話をするときの不安と艶めかしさ。床屋で
>>続きを読む

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年製作の映画)

5.0

失ってなお、生きていく話

あ、これってアイデンティティを失う話だったのかと理解して泣けてきた。
前半はそれぞれの居場所にフォーカスして、後半はそれを失っていく話。

りんさん、お義姉さんそれぞれの立
>>続きを読む

Beau(原題)(2011年製作の映画)

-

不安のデフレ

ホテルの鍵がなくなった中数日泊まるることに…

疑心暗鬼が募って悪い結果を生むところや、ラストシーンの「いや、そっち!?」みたいな驚きが面白い。
怖い部分をバッとだすびっくり箱の怖さじ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

厭な方にしか行かないギリギリ笑えないコメディ

ショッキングな体験をしたダニーと彼氏は惰性で付き合っている。流れでスウェーデンの奇祭に男友達と5人で行くことに…

特徴的な扉絵から始まる今作は、様々な
>>続きを読む

ゲームチェンジャー: スポーツ栄養学の真実(2018年製作の映画)

-

菜食主義でもマッチョになれる!

菜食主義はとてもいいし、肉を食べなくても健康的になれることは否定しませんしそう思います。
しかし、語り方が肉を食うと早死するぞみたいな語り口で好きではない。
肉の良さ
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

-

仕事観!

世界一のファッション雑誌「アメリカ版ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターが一年の目玉9月号を完成させるまでのドキュメンタリー。

その道のスペシャリストであることがとても伝わる。
仕事では「
>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

-

心はどこに?

切り離された“手”が本体へ戻る話と並行して、本体の手が切り離されるまでの物語。

主人公の青年は愛想が全くなく鬱屈しているんだけど、出会いによって心が芽生えていく。でも“手”が切り離さ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

IMAX推奨

第一次世界大戦、作戦中止の伝令を渡すために先にを走り抜ける若者の話。

使命感って時代や人種を超えて“ある”ものなんだと思いました。死体とドロの中をすすみ、死と隣り合わせになり、生命と
>>続きを読む

マザー・テレサ(2003年製作の映画)

-

昔見たのを思い出して記録
この映画好きだった

マザー・テレサ役の人、暗闇にベルが鳴るの主人公か!

マザー・テレサからの手紙(2014年製作の映画)

-

神の鉛筆マザーテレサ

マザー・テレサ、1つ目の奇跡から物語が始まる。彼女が校長であったときに神の啓示でスラム街に出て奉仕活動を行い「神の愛の宣教者会」、愛に包まれて死ねる場所「死を待つ家」の設立、ノ
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

5.0

壁ではなく橋を作りましょう

コンクラーベ(ローマ教皇の選挙)で選ばれたベネディクト16世(前教皇)とベルゴリオ枢機卿(現教皇)が人生と宗教について語り合う。

いやはや面白い!全然固くないのでオスス
>>続きを読む

ジャックは一体何をした?(2017年製作の映画)

-

短編なのに寝そうになった

猿を尋問する刑事。メタファーにメタファーを重ねた尋問と返答。結局何が言いたいのかさっぱりわからん。
どうも愛する鶏のために誰か殺したみたいで、いきなりミュージカルシーンにな
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

「プラダを着た悪魔」逆バージョン?

ネットファッションサイトの社長アン・ハサウェイの直属のインターンとしてロバート・デ・ニーロが配属される話。

デニーロがだんだん周りの人への心配りから好かれていく
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

5.0

マイノリティ映画からの脱却

親友のゴーストライターとして働く脳性麻痺のユマは母親と二人で暮らしている。成人漫画の出版社へ漫画を持ち込んだことから、彼女自身の現状からの脱却がはじまる…

①Not障害
>>続きを読む

>|