イワシさんの映画レビュー・感想・評価

イワシ

イワシ

映画(32)
ドラマ(0)

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.5

僕らはどこへも行かないよ

やはりジョニー・デップ主演映画安定してすばらしい。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/archives/6984041.html

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.5

ゾンビ映画であることを拒絶するゾンビ映画。かなり笑えた。
ゾンビ映画で初めて刺さりました。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/archives/6926826.htm
>>続きを読む

あなたがすきです、だいすきです(1994年製作の映画)

3.5

かすれた、雑音交じる、記録映像のような雰囲気がある映画。

シンとコウは同性愛者で恋人同士。
ある日コウは、シンという恋人がありながら、毎日電車で見かける男に告白してしまう。
「あなたがすきです、だい
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0

おめでとう私。ジブリ視聴4作品目にしてはじめて刺さりました。

私は悪役が出てこないジブリ映画が好きみたいです。ジェフ最高ですよね。

空を飛べるようになること、空を飛べなくなること、等しく尊い。
>>続きを読む

MAD探偵 7人の容疑者(2007年製作の映画)

4.0

これは衝撃的に刺さった。あんま期待してなかっただけに。
人の内面が読める主人公、多重人格の容疑者。だいたいどんなもんか想像つきますよね、ああ、あーゆーやつね、と。
けど、そーゆーやつじゃないんでたぶん
>>続きを読む

SWEET SIXTEEN(2002年製作の映画)

3.5

青春の甘さが、痛みを忘れさせ、現実を曖昧にする。

15歳のリアム。母親は悪い恋人の身代わりで服役中。
出所まで61日、母親をその男から救い出すためにリアムは手段を選ばず金を稼ぎ、姉、姪、母親との幸せ
>>続きを読む

ウェディング・ベルを鳴らせ!(2007年製作の映画)

3.0

大好きな監督、視聴4作品目。
農村の少年が都会へ、牛を売り自分のお嫁さんを買うために。
監督のお約束、動物(今回は牛、かわいい)、エキセントリックな女性、宙吊り、銃声、くせになる音楽、独特のカオスが健
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

3.0

凡庸な才能を与えられた男はその才能により同じ時代を生きたモーツァルトの天才さをわかりすぎるほどわかってしまう。
持たざるもののあがき、モーツァルトというキャラクター、美しい音楽。
オペラ、クラシックを
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.0

変わり者の少女イーニドが親友とともに高校を卒業。目的もないまま卒業し、もともとの性格もあって社会に溶け込めず、自分がわからなくなっていくイーニド。感情のままにコロコロ変わる言動とファッションがとてもか>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.5

画面に写し出された瞬間圧倒される、ビートたけし40代の色気、オーラ、凄まじい。
衝撃の才能。北野武初監督作品。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/archives/6
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.0

雪の降らない町に雪が降るようになった理由。この文はオープニングのあと一旦忘れて、エドワードというキュートなキャラを楽しみましょう。

感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp
>>続きを読む

リービング・ラスベガス(1995年製作の映画)

3.5

二人はわかっています。出会っても、なにも変わらないことを。
ニコラス・ケイジ初見、いいですね。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/archives/6732796.h
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

ポスター、つまんなそうじゃないですか?けど、おもしろいんですよね。
人種差別問題を扱ってるが、ホラー、スリラーの基本は娯楽性。まず娯楽性第1に作られてるのでカラっと最後まで楽しめるし、リアルな日常の差
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.8

ラブストーリーではなく、ボーイミーツガール。
あなたの思い出にサマーはいますか?
いるなら、さっさと忘れましょう。
感想ブログ
cinemacinemacinema.blog.jp/archives/
>>続きを読む

ライフ・イズ・ミラクル(2004年製作の映画)

4.5

ボスニア紛争で引き裂かれる家族。
シリアスな戦争映画?違います。
主役はロバです。奇人変人犬猫動物大集合。幸せになれます。
エミールクストリッツァ監督、大好きになりました。特定の監督を好きになるの初め
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

前作がぶっ刺さったスパイアクション映画。今作も勢いそのままに、しかし新鮮さを補うために新たな要素も。
主演はエルトンジョン
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/arch
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

4.5

シリーズはすべて観ているがこの作品だけ毛色が違う。とても哀しい主人公。
いずれまた観て感想を。

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.5

子供の頃見た映画のなかでベスト映画。10年以上観てないのでいずれまた観て感想を書く。
ウソをついてはいけないってのは、例外もあると学んだ記憶。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

子供の頃見た映画で、その頃のベスト映画。10年以上観ていない。近いうちに観て感想を書きたい。
寂れた町の映像と、ラストシーンでぐちゃぐちゃに泣いた記憶。

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.0

ファンタジーだけど現実。
あなたはエドワード側か、ウィル側か。
どちらにも、最高のプレゼントを。

ジェニファーの笑顔が弾けるシーンだいすき。感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blo
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.5

不良が学校サボるのは普通。優等生が大人にばれないようにサボればこんな映画になる。
キャメロンが絡むシーンはすべてかわいく可笑しい。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

4.0

ドールであるビアンカが町に溶け込む様はシュールで笑ってしまう。
ただ、ビアンカを受け入れるにつれ、自分自身の好奇の目はふたりを見守る町の人々と同じものに変わっていきました。
優しさに溢れた映画。
感想
>>続きを読む

俺たちは天使じゃない(1989年製作の映画)

5.0

いずれ感想はまとめる。
デニーロの顔とショーン・ペンの純粋さ。心が洗われる。

青い春(2001年製作の映画)

5.0

いずれ感想をまとめる。
高台で遠くを眺めるときはいつも青木の気分になる。

20200724 一度感想をまとめた。
大好きすぎてなかなかむずい。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.b
>>続きを読む

櫻の園(1990年製作の映画)

5.0

私のベスト映画です。
なんとなく、何度も何度も観ています。
いずれ感想をまとめます。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

時間って不思議ね。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/archives/6493910.html

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.0

太陽とは原子爆弾、ある男が原発からプルトニウムを盗んで原子爆弾を作り出します。だれが?普通の理科教師が。どこで?彼のアパートで。なんの目的で?目的なんてありません。
菅原文太ヘリコプターぶらーんぶらー
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.0

タイトルの意味、カッコーの巣は精神病棟の蔑称で、邦題でなく原題はカッコーの巣から飛び立つという意味。
そんな映画。
明るく粗暴な新入りのマックが患者たちと素晴らしい関係を築いていき、患者たちが笑顔に
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

本作のキュートなヒロイン、オリーヴの兄であるドウェーンに言わせると、
麻薬中毒、離婚、破産、自殺、の地獄のファミリーがオリーヴを中心に家族になっていくロードムービー。
ラストにかけては幸せに爆笑。
>>続きを読む

学校の怪談2(1996年製作の映画)

4.0

初恋の相手が出ているので小学生以来、会いに行きました。
懐かしさだけで観たのですが、完成度が高くてビックリ。大人も楽しめる作りになっている。あの頃と同じ切なさが残るラストも最高。
感想ブログ↓
cin
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

その映画は楽しいのか、わかりづらくないか、かっこいいのか、子供が見て憧れるか、そして、悪役は魅力的か。
全部クリアしてます。最高。
感想ブログ↓
cinemacinemacinema.blog.jp/
>>続きを読む

アリゾナ・ドリーム(1992年製作の映画)

4.5

狂ってますよこの映画
母娘との食卓シーンまでは見てください。腹よじれるほど笑いました。
感想ブログです。↓
cinemacinemacinema.blog.jp/archives/6518928.ht
>>続きを読む