天津甘栗さんの映画レビュー・感想・評価

天津甘栗

天津甘栗

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.1

やたらトリニティといちゃこらしてるシーンが多い。
スミスandスミスandスミススミススミス…のがっしがしCGアクションもなんだか軽い。痛みを感じない。

拗らせ厨二臭をぷんぷん漂わすネオとトリニティ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

2.8

台詞の少ない落ち着いた作品。
重たい話かと思ってたら、しっとり静かにシュールな笑いをかましてきます。
難民に対してこれ程理解のある善意の人が一体どのくらいいるのだろうか。

マンデラの名もなき看守(2007年製作の映画)

3.2

アパルトヘイト政策下の南アフリカにおいて、「ツバメとスズメは違うのよ」と娘へ諭す様に言い放つ美しい妻ダイアンクルーガー。
あぁこれは『アメリカンヒストリーX』だ。差別意識は遺伝する。

保身と道義の狭
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

3.7

とある1人の野党政治家を15年以上に渡りカメラへ収めることで見えるもの。
振り回される家族。選挙とは、派閥とは、政治家とは。

小池旋風が吹き荒れた2017年衆院選、地方の小選挙区に縛られて身動きが取
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

看病するうちに親自身が精神衰弱していく怪作。
刺激を与えられると突如として舌を噛むという病に冒された娘。
その病名は、「破傷風」

背を逸らせ苦しみ泣き叫ぶ子役の迫真の演技は恐怖すら感じさせ、何も手を
>>続きを読む

禅と骨(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

凄味のある圧力とすっとぼけた愛嬌が同居する、ハーフの禅僧爺さんの壮絶人生を追ったドキュメンタリー。

個性的な家族が一同に会すシーンは、ミトワ家の波瀾万丈っぷりを集約。こんなこと言ったらむっちゃ怒られ
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

「整形したの、かわいいでしょ」

パントマイム、父の裁判、牛、無言電話、ビニールハウス、井戸、猫、そして消えたヘミ。意味深に絡まりあった謎たちが紐解け…ない。
匂わせ要素を最後まで教えてくんないまま完
>>続きを読む

復讐するは我にあり(1979年製作の映画)

3.1

事実に基づいた作品だが、かなり脚色が施された内容。男も女も荒々しく、ぎらぎらと生命力が漲っていてこれぞ昭和エイジ。現代の価値観からすると別の国みたい。
破天荒サイコパスシリアルキラーの緒形拳よりも、三
>>続きを読む

アビエイター(2004年製作の映画)

2.7

20世紀初頭の大富豪、ハワードヒューズの半生。
金に物を言わせてあくなき探究心で純粋な夢を追い求め、飛行屋という今では耳馴染みのない肩書きを持ち、戦闘機やジャンボジェット機開発に携わる。
こういう破茶
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.0

いけいけアイライン姉さんの色仕掛けでFBIがいとも簡単に機密情報売ったり、嵌めようとする捏造捜査があったり、ここまで露骨だと疑念を覚えた。

案の定、一方的にマスコミを悪者へ仕立て上げる演出に対し、名
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

人は見たいものしか見ない。見せたいものしか見せない。故にフラットな報道など無い。
知ってはいたけど再認識。報道の舞台裏をまざまざと見せつける作品。

瀧内公美さん初めて拝見しました。非常に良かった!特
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.0

勧善懲悪とは対局に位置するプロット。複雑に感情が絡まり合った人間という生き物の難しさ、シンプルなファンタジーでは表現できない生々しい人の心が此処にある。
白!黒!とはいかない多重・多面的な視点で、大変
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

三者三様の主張をし、視点変われば見方が変わ…らない。
3人の証言を聞いた結果、アダムドライバーたんが揺るぎなく圧倒的悪者という。(アダムドライバーが美男や美男やゆーてもてはやされるのも、う?…うん。)
>>続きを読む

命の始まり/いのちのはじまり 子育てが未来をつくる(2016年製作の映画)

3.7

子育てにおいて、父親の「手伝うよ」が禁句なのが万国共通で笑えた。
時に笑い、怒り、困り、日々悪戦苦闘の子育て。国や境遇は違えど、自分たちと同じやりとりをしている親子の姿を見て、微笑ましくとっても幸せな
>>続きを読む

21世紀の資本(2017年製作の映画)

3.0

「傘の下の君に告ぐ」

18世紀〜21世紀における資本のお勉強。

20世紀、欧米各国は戦争により資本(=土地)の奪い合いをしていた。しかし戦争は戦地において(経済的に)惨憺たる結果を生む事になると学
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

巨根イケメンと結ばれても虚ろだったアデルの目。エマとキスできたときの輝きときたら!これが恋というものやね〜。
キス直前の互いの唇カットが艶めかしく、ゾクゾク。

男も女も性器もろ出しでびっくらこいた(
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

パパとママに何があったか詳しくは知らないけど、急にいなくなっちゃったんだもんね。甘えたいよね。そんな素振りは見せないけど、がんばってるんだよね。たくさん、たくさん甘えて我儘言って良いんだよ。

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.6

生まれながらにして類稀なる鋭い嗅覚を宿した青年。数km先のあらゆる匂いを嗅ぎ分ける彼は、ある日衝撃的な最上の香りを見つける。
それは美しい生娘が放つ、生気に満ちた芳しい恍惚の香り。娘の後を追い、その匂
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

2.8

アジア系アメリカ人の青年ビンがスケートパークで出会った白人、黒人の友人を撮影。10代前半〜10年以上彼らを収め続けた実録ドキュメンタリー。

彼らの生まれ育った地域は貧困を起因として?家庭内暴力が常態
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

3.3

高度経済成長期とバブル期の狭間にあった、虚無感と訳わからん程パワフルなエネルギーに満ち満ちた劇薬映画。
皇居襲撃や首都高カーチェイス。一体どうやって撮影したのか想像もつかない仰天シーンがたくさん。(逮
>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

2.1

ほぼずーっと家の中のセットで話が進む安上がりな会話劇。家から出るとどんどん展開が粗く惨くなっていく。
面白いと思ったのはYouTuberの末っ子中村倫也が出てきて、つよぽんのクズで結構ダンスあたりまで
>>続きを読む

沈黙 SILENCE(1971年製作の映画)

3.4

祈り、すがっても聞こえて来るのは、けたたましい蝉の鳴き声。

スコセッシ『沈黙』鑑賞→原作読了→本作鑑賞でした。
穴吊りや馬での轢殺等、スコセッシ版よりも拷問の描写がきつい。スコセッシに無かったのは岩
>>続きを読む

ミュンヘン(2005年製作の映画)

3.2

東京オリンピックの開会式で黙祷してましたね。広島?311?となりましたが、ミュンヘンオリンピック事件に対するものだったそうです。そう言えばイスラエルへ留学経験のある森山未來が舞ってました。どれ程の人に>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

4.1

関節技を決めまくる不屈の高校教すぃジョエルエガートンと、肩筋盛り盛りの静かなる野獣トムハーディの兄弟デュエルファイト。

試合を見れずにそわそわ連絡を待つ奥さん、停職を命じながらも飛び跳ね全身で応援す
>>続きを読む

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-(2011年製作の映画)

3.0

サダムフセインにこんな絵に描いたようなゲス息子がいたとは知らなかった。
ウダイはあのドーハの悲劇にも絡んでいる。当時のサッカーイラク代表はウダイ支配下にあり、もし日本に敗北した場合、鞭打ちの刑が待って
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.6

仮想現実、デジタル世界可視化の金字塔を打ち立てた作品。

スタイリッシュサングラスやエナメル性ブラックスーツ、エビ反り弾丸避け、モーフィアスすきっ歯とか随所に強烈なインパクトを残すが、最も印象強いのは
>>続きを読む

ウォール・ストリート(2010年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ゲッコー氏もサトゥルヌスではなく人の子か。
最終的に丸く収まりなかなか温い着地。老獪なゲッコー氏のキレ味鋭い悪モノっぷりをもっと味わいたかった。

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

チャーリーズエンジェルてもっとコメディテイストが濃かったような…女子感ぶりぶりのコスプレプレイは時代に受け入れられ難いのでしょうね。

本作はとにかくクールで美しいエンジェルたち。フェミニズム全力推し
>>続きを読む

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.1

禁酒法時代真っ只中のアメリカ南部のお話し。
シャイアラブーフ演じる末っ子ジャックの行動があまりに浅はかで少しイラつく。アクの強い役者が勢揃いの中、若さ全開の立ち回り。
寡黙な次男、トムハーディのグル゛
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ゴア描写控えめのサクッと見易いゾンビ映画。

ブラピ最強なので緊迫感はあまりない。腹に金具がぶっ刺さってもお構いなし。強すぎィ。落下地点からWHO施設まで徒歩10分くらいじゃなかったですか?そこまで計
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.1

綿密な準備により得た鈍感力。

アレックス氏を見ていて、ベースジャンプという気●いスポーツを連想しました。絶壁の頂上からウイングスーツなるものを纏い、ムササビの要領で飛ぶ(落下する)もの。当然頻繁に死
>>続きを読む

スケーターガール(2021年製作の映画)

3.6

スケボーを反体制、自由意志、そして未来への前進の象徴として描いた作品。

江戸時代のような因習が2020年現在も生きているインドの田舎町。
仕事、結婚、出産。主義主張を一切尊重されず生きてきた母親の娘
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ミシェルゴンドリーのインスタを覗いたらダニエルタッチの絵が沢山。なるほど、自伝映画だって。ほっこりかわいらしい作品だけど、それ以上でも以下でもなく癖薄め。
振り向いて…3秒、いや7秒。はい、無限に待つ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

突如放り込まれたビートルズが存在しない世界。
カメオ出演のエドシーランが完敗認め平伏した僕の作詞作曲活動は、うろ覚えの歌詞を思い出す作業。
僕は偉大な楽曲を世に贈る伝道師。もしくは金と名声の亡者の盗作
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.2

唐突にコントが始まったり、ひたすら褒めちぎり合ったり、最強の言葉があったり、2人だからこそ通じるノリがキュート。
次々繰り出されるアメリカンティーン女子の内輪ノリにジャパニーズリーマンおっさんは乗り切
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

3.3

インパクト大のジャケット、B級お色気ヴァイオレンスロードムービー。
破茶滅茶なぶっ飛びゆるゆる展開だけど、次々と現れるサイコパスビッチガールズが魅力的でサクサク見れました。
修羅場でもきれいなお尻に目
>>続きを読む

>|