28

28

「好きなものは?」と尋ねられたら、答えるのは200%間違いなく「映画」。
スター・ウォーズに衝撃を受けた幼少時から洋画好きが止まりません。

好きな俳優さんが出てる映画は片っ端から観るというなんとも視野の狭い作品選びをしてる為、レビューは「カッコいい」「渋い」「最高」を連発しまくってます(薄っぺらです)。

何かありましたら気軽にコメントしてください~
お待ちしてます。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994年製作の映画)

3.3

背の高いブラピと横に並んでも遜色ないように、実はシークレットブーツを履いて撮影していたというトム・クルーズの涙ぐましい努力に胸が痛む。

そしてそれをインタビューで笑いながらバラすブラピ、ヒドイ笑

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.8

あれだけ過激派アクションしてたらそりゃハゲるよ

ハァーーーーーーンス‼‼‼

リトル・マーメイド/人魚姫(1989年製作の映画)

3.5

王子さんがいつ観てもジム・キャリーに似てるんだよなぁ…

ガタカ(1997年製作の映画)

3.7

『ジョー・ブラックをよろしく』のブラピに更新されるまで長らく私的男前ランキング1位を独走していたこの時のジュード・ロウのカッコよさは異常。

今はもう見る影もなく…
時の流れは残酷です。

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.4

これ観ると昔、笑う犬でろくろのシーンをウッチャンと泰造だったかな?がパロディやってたの思い出して集中できなくなる

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

3.5

水槽のフィルター話が終わらないお母さんとの晩飯シーンにいつも笑う。

マクベイン(1991年製作の映画)

2.8

これはもうファンタジー。
今じゃ考えられない程の爆発量とよくこれでGOサインが出たなと感心する超B級な脚本は最早、現実に疲れきった大人たちに贈られるファンタジー。

ベトナム戦争でベトコンの遊戯として
>>続きを読む

ムーラン(1998年製作の映画)

3.8

馬がかなりのイケメン。
藤岡弘、(敵ボス)の吹替が上手い。

エンディングの98Degreesとスティービー・ワンダーが歌う『True to Your Heart』はそれまでのディズニーには無かったカ
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.4

食材と下ネタを組み合わせるという禁忌を犯しまくった下品極まりないアニメ。

あまりに下らないので脳ミソがメロンパンになりかねませんが、自分は結構楽しんでました。
これが面白かったという人とは固い友情で
>>続きを読む

007/美しき獲物たち(1985年製作の映画)

3.0

エレガントなジョークをかます余裕綽々な雰囲気が好きだったムーア・ボンド。
今作はアクションもストーリーもパッとしないし、敵陣のウォーケンとグレイス・ジョーンズのインパクト勝ちだけど、ロジャー・ムーアの
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

4.3

およそ8割はふざけてる最高に面白いディズニー映画。
コジローには申し訳ないが、私にとってのプリンス・アブブーはやはり羽賀研二なんだ…!

美女と野獣(1946年製作の映画)

3.8

1946年の終戦直後に作られたとは思えない程、芸術美に溢れた完成度の高い作品。
もちろんCGも使ってないし、ハイライトなミュージカルがあるわけでもないけど、手作り感満載の魔法演出や仕ぐさと表情で魅せる
>>続きを読む

クリムゾン・タイド(1995年製作の映画)

3.6

デンゼル・ワシントンが出演してる映画は大概面白い(と一人勝手に思ってる)。これもその一つ。

敵艦隊に核ミサイルによる先制攻撃をするか?!
いや、ちょっと待て。(敵が降伏してるかもだから)攻撃指令の確
>>続きを読む

ある日どこかで(1980年製作の映画)

3.6

画の淡い質感に癒される。
人生に一度はグランドホテルみたいなとこに泊まってみたい。

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

4.5

毎週日曜9時になるとテレビに食らいついて観ていたデジモン。
当時小学生でドハマりしていた身としては、OPの『Butter-Fly』や『brave heart』に合わせた超かっこいい進化シーンを観るだけ
>>続きを読む

銀河英雄伝説外伝/わが征くは星の大海(1988年製作の映画)

4.0

ヤバイ。
ハマりそうになる自分が恐い。
それ位面白い。

頭がいい人達のセリフ回しがすんごくカッコいい。
塩沢さんの貴族声、最高。
若本規夫さんは完全にアナゴ君の声なんだけど、超スマートなアナゴ君って
>>続きを読む

エネミー・オブ・アメリカ(1998年製作の映画)

3.4

ジーン・ハックマンが盗聴のプロって、まんま『カンバセーション…盗聴…』と一緒じゃん!笑
しかもあっちの方が面白い。

ガブリエル・バーンの扱いが結構ひどくてビックリ。

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

3.6

脱獄囚3人の珍道中。
1930年代アメリカの雰囲気と音楽に和む。そして、ジョージ・クルーニーはボロボロでもしっかりハンサム(イケメンじゃなくてハンサム)。

調べたら挿入歌の超有名な『you're m
>>続きを読む

狼の死刑宣告(2007年製作の映画)

3.7

ベーコンパパvs.ギャングの血で血を洗う復讐合戦。

こんなベーコンを待っていた!
(思いっきり家族を巻き込んでるけど)
銃の説明書をちゃんと読んでるからエライ。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.4

子どもが観るとトラウマ必至のファンタジー映画。
あイタタタってなる描写が多いので大人でも辛い…

夜に観るべき。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.8

シリーズ中、一番悲しい。
特に終盤は…もうね…切ない。
二人がキスすることなく、ピュアラブなままでいるとこも良かった。

かなりどうでもいいけど、
なぜか帝国軍基地に悠長にビーチが笑
職員さん達の心の
>>続きを読む

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.0

この頃のトム・クルーズが一番カッコいいんじゃないかな。
以上。

戦火の勇気(1996年製作の映画)

3.6

戦死した女性パイロットへの名誉勲章授与の当否を巡るお話。

数々の証言が事実をどんどん不透明にしていくので、メグ・ライアンは結局どっちなんだ?という疑問が面白さを加速させます。2時間が早かった。

>>続きを読む

ヤギと男と男と壁と(2009年製作の映画)

3.8

皆してアホなことを全力で真面目にやってます。そこが大好き。
ジェダイ計画(ヒッピーver)に密かに憧れている自分がいます。

ボストンの『More Than A Feeling』で締める最後は不覚にも
>>続きを読む

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

3.0

中盤以降のニヤニヤしたトラボルタが気持ち悪いのなんの笑

教会でそう撃ちなさんなよ~

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.8

この時のマイケル・ビーンは今でも通用するカッコよさだと思う。

カイルの台詞、
"Come with me if you want to live”
「死にたくなければついてこい」
を2で(1で敵だっ
>>続きを読む

ロビン・フッド(1991年製作の映画)

3.3

超王道の勧善懲悪ストーリー。
大半が冗長だけど、ラスト20分で怒涛の反乱バトル勃発。

そして最後にまさかのまさかのショーン・コネリー‼‼
2分も出てね~笑

ラリー・フリント(1996年製作の映画)

3.6

過激なポルノ描写は罪か?
それとも表現の自由に値するか?
ジャケットからは想像つかない笑、なかなか難しい問題をテーマにした作品。

正直、主人公のウディ・ハレルソンより、彼の弁護士であるエドワード・ノ
>>続きを読む

フェノミナン(1996年製作の映画)

4.0

トラボルタがこれ以上ないっていう位、心優しい役。(ジャケットに騙されるな!)
締まりのない体型も良い味出してる。

最後に流れるエリック・クラプトンの『Change the World』は何万回聴いて
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.0

ラッセル・クロウがカッコよくみえる唯一の(失礼)作品。

白ジャケット着たケビン・スペイシーがものすごく胡散臭い笑 だけど…

ワイルドシングス(1998年製作の映画)

2.7

どんでん返しは何回もやっちゃうと興醒めしちゃうかな…
やっぱり「ここぞ!」って時に一発ぶちかます方が気持ち良い。

久しぶりにエロエロ&ピチピチなギャルを観た気がする。

ダウン・イン・ザ・バレー(2005年製作の映画)

2.5

ツタヤの恋愛コーナーにあったけど、これは完全にサイコ映画。
エドワード・ノートンの言動がかなりヤバイ。

吹替えで観ちゃったもんだから、
「グリーン先生、お願いだから変なこと言わないで…」という悲しい
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

3.5

小物はなめたらアカンね…うん
エスカレーターのシーン、カッコいいなぁ

アラゴルンがちょっと出てた

>|