セイナさんの映画レビュー・感想・評価

セイナ

セイナ

テリーギリアムや園子温。シュールなブラックユーモアすき。ラブコメとアメコミは苦手。岩井俊二の描く女性像に憧れる園子温の描く女性像デス✌️

映画(625)
ドラマ(11)

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.9

パプリカの面白さ理解できないけどこれはほんっとにいいよ

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

一番最初にネトフリ作者ルートにたどり着いてしまっていたが、それが正規ルートらしい

ウサギ取り戻して母についていくがハッピーエンドらしいけど、ついていかないにしてから何度やってもそのルートに戻れなくて
>>続きを読む

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

5.0

園子温作品名シーン集詰め合わせ

終わり方はあれって感じだけど
全体的に良かった!
え!みんな評価低くない?

おかえりなさい園子温!
こういうのですよ!待ってました!
ありがとう園子温!おかえりなさ
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

1.2

ゴッサム治安悪すぎワロタ
絶対住みたくない

1作目よりマシなのでプラス0.2
アメコミ苦手なのごめんね

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

1.0

バットマンのルーツはじめて知ったわ
スーパーヒーローだと思ってたけど案外努力家で草。忍々。

でもやっぱりアメコミ苦手だ

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

3.3

立川配属記念
原作に忠実でよかった
星野源は何をやらせても星野源

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.3

【コロシノタツジン!】
MAD MAXぶりの極上爆音上映会

犬映画って、全部犬が死んで悲しいなあって感じの終わり方だから、犬好きでも犬映画を避けている人は多い。
その点、ジョン・ウィックってすごいよ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

2.8

【市原悦子強すぎ】

群馬県民からのオススメでネタバレありの状態で鑑賞。埼玉県民じゃなかったけど面白かったです。千葉出身の方は楽しんでみていらっしゃいました。

神奈川出身ノット横浜の私にとってはなん
>>続きを読む

贖罪(2012年製作の映画)

2.9

原作が好きすぎるので割と低めにつけますが、忠実に再現されてました。
でもサクラじゃなくてもっと太った人にやってほしかったです。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

く、苦しい〜
良い〜〜

感想はみなさん仰ってるよう書けないですねぇ。余韻。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.2

デップーガールとして働いていたのに働いて満足してたわ笑
1よりよかったよ!

七つの会議(2018年製作の映画)

3.5

ねじ、愛之助、香川照之
他いつものキャスト。
ザ池井戸潤!!!って感じ

映画館じゃなくテレビでいいかな

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

最後終わり方が御都合主義的すぎだろー。

私が監督なら、千葉が北川の携帯を田中に返すシーンで、千葉がニヤッと笑って終わり、にする。

「愛されてますね」「スマホは宝箱」の下りまじでいらない。

恐怖と
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.0

【13の理由のザック出てくる】

アクアマンより全然良かった。
続編ありそうな終わりかただったね。
ミスターインクレディブル感すごい

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

2.9

菊地美香の歌が良かった。
花澤香菜だけでなく菊地美香はもっと評価されるべきだ。

射的の景品に0.5秒ぐらいだったけど『夜明け告げるルーの歌』のわんぎょが出てきて良かった。

古本市に『ドリアングレイ
>>続きを読む

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

4.5

お願いだから私のリア友は男女問わず全員観てくれとくに男

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

ばかうけだからといってばかにしちゃあいけないね。

言語学を6年間学んでいたワイ、歓喜。
ソシュールの理論を思い出した。
言語学についての映画って初めてみたからすごくオタク心がくすぐられた。

それに
>>続きを読む

トータル・リコール(2012年製作の映画)

2.0

今日は2本観た。
どちらもセカイ系ネオリベ映画。

『トータルリコール』は過去がどうだったからなんて関係ない。今の自分の気持ちに従うのじゃ!!!みたいな映画だった。

『メッセージ』は最悪な未来がわか
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.4

面白い。
色んな解釈があるけれど、冒頭のルカの福音書の引用。そして魚、カラス、石を投げる女、鶏、復活、聖痕からもキリスト教的解釈が一番腑に落ちる。

無神論者かつ宗教をバカにしてしまう風潮の強い日本人
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

2.5

コーエン兄弟の短編映画。一つ一つの繋がりはない。西部劇の寄席に来たような気分を楽しめるよ。東野圭吾の『黒笑小説』『歪笑小説』『毒笑小説』みたいな感じ。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.2

『四畳半〜』も『夜は短し〜』も好きじゃないけどこれは良ー!かなしくなっちゃった!たこばぁすこ!

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.4

所謂”ブラピ映画”かと思ったけどブラピの出番が少なくって良かったです

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.8

キアヌリーブスの無駄遣い
『ブラックスワン』苦手な人は苦手だと思う。私は苦手だった。

プロットはオスカーワイルドの『ドリアングレイの肖像』みたいな感じ。
美しすぎる地獄もこの世にはあるくらいなので(
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

4.0

絢香と結婚した水嶋ヒロが「イケメンってだけじゃなく、人の内面を見るいい人なんだなぁ」と言われていましたが、そうとは限らないなぁと思いました

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

4.6

ラブコメ嫌いな主人公がラブコメの世界に行っちゃう話。
私自身ラブコメクソほど嫌いなので最強によかったです。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.3

???「シンドバッド!ちんこのコンパスに従うのじゃ!」

シンドバッド「人生冒険だ、地図はないけれど〜♪宝物探そう。信じてコンパスオブユアちんこ♪」

この前ランド行ったらシンドバッド運休してたんだよ
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.1

作品のアイディア自体はいいが、プロットがぬるすぎる。極限状態なのに緊張感がない。

生きるか死ぬかの瀬戸際の展開でも「ヒロインにいいとこ見せるチャンスやん!」とまぁ能天気にこちらも観れてしまうので、リ
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.8

夏の終わりにいい映画

蒼井優と森山未來すこすこのすこなので2人の良さが光ってて最高だった

森山未來のサイコパスでクソ、でもそれは不器用ゆえに!!みたいな感じと、蒼井優のめっちゃ純粋無垢そうだけどめ
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.8

日本三大中村獅童映画(出演2秒)

長瀬の異常にキーが高い「マザファッカー」と便所のアシカの「天国」のシーンが好き。
『おんなのこきらい』のときになんやねんと思っていた森川葵をかわいいと感じた。

>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

4.1

ジャネットリーと由美かおる顔似すぎ


アンリレイティブナレーターのレトリックが非常に良い味だしていた!!

白黒なのにドキドキハラハラできた!今の時代ならありそうな予測できちゃうプロットではあるけど
>>続きを読む

>|