しおりさんの映画レビュー・感想・評価

しおり

しおり

映画(146)
ドラマ(3)

都市を耕す エディブル・シティ(2014年製作の映画)

3.2

食育のシーンがとてもいい。
食が幸せなものになることで、その土地の文化がよりよいものになるのだなあと。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

ここまで真面目にやると面白すぎる!
めっちゃあるあるでテンポもよくて笑った。
はなわの歌も最高に面白い!

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.2

原作が大好きで観てみた。
弱い人ばかりが出てきて、リアルでやっぱり好き。
風景と音がきれい。カメラワークもいい。
葉山先生は松潤じゃない気がする…
有村架純は最高だった!

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.2

風刺のレベルが高い。
観てると、食べちゃだめだと思いつつマック食べたくなっちゃうのが怖いね。

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

3.4

トリックはあっさりしていて全体的に軽い感じ。
でもそれがTRICKらしくていい。
随所に散りばめられた小ネタが面白い。
そして切なかったな。
TRICKの歴史の重みを感じた。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

全体を通してただただ切ない。
一瞬の幸せ。
四季の風景がきれい。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.6

アクションがかなり派手でかっこいい!
グロいのに終始コミカルでいい映画だったなあ。

ホリデイ・イン・ザ・ワイルド(2019年製作の映画)

3.0

アフリカの景色と動物を愛でる映画。
ストーリーはさらっとした感じ。
サファリの夜空が綺麗。

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.6

映像が美しい。田舎へ行くところが特に最高。車での失踪とか。
くすっと笑ってしまう。
2人の絆にほっこりするし、音楽もいい。

ペット(2016年製作の映画)

3.5

ほのぼの!
ペットを愛するすべての人に観てほしい!
何気ない仕草が、あるある!って感じでかわいいい!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.8

終始ほっこりし続けた。
幸せをわけてもらえるようなシーンがたくさん。
みんないい人。
音楽も素敵だし、何より料理が美味しそうすぎる!
元奥さんが超美人。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(2015年製作の映画)

3.2

軽い気持ちで観始めたんだけど、リアリティがあってちょっとホロリと。
台湾好きにはたまらない!

ミニマリズム: 本当に大切なもの(2016年製作の映画)

3.2

いろんな人がひたすら喋るばかりで少し眠くなったけど、物を少なくしよう、消費を控えよう、というモチベーションは上がる。
セールの時の映像が本当に怖い。何におどらされているのか。

地球に優しくする方法(2016年製作の映画)

4.0

こんな人たちが世界はいるんだと、最高にワクワクした!
自分が食べるもののこと、もっともっと良く考えたい。

フォークス・オーバー・ナイブズ-いのちを救う食卓革命(2011年製作の映画)

3.4

鵜呑みにはできないけど、食生活を見直したいなという気持ちにはなった。
お野菜食べたい。

海街diary(2015年製作の映画)

3.4

鎌倉の町に入り込んだみたい。シーンの一つ一つがきれい。
大きな事件は何も起こらないけれど、季節が変わる度に環境や関係性が少しずつ変わっていく。人の生き死にも含めて。
リアルでよかったな。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ほんの短い時間だけ、家族に見えて、なんかいい。
戻りたくても、もうどうしようもできないこと、あるよね。
幸せになるために、諦めたんだなあ。
テレサ・テンのタイミング!言葉がしみるなあ。
西武線、畑、団
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.4

静かなサスペンス。
映像が美しくて見惚れる。色がいいなあ。
モヤっとするけどそれもまたいい。広瀬すずのこういうテンションの役、好き。

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)

3.6

スケールが!!オールスター感もたまらない。
ストーリーは最初のドラマが一番よかったけど、映画も好き。みんなかっこいい!そして強すぎ。

ダブルフェイス 潜入捜査編(2012年製作の映画)

3.4

じわじわと追い詰められていく感じ。
役者さんがみんな好き。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.4

シュレックを思い出すビジュアル。
最初のブラジルの町の感じが好き。
逃げてばかりで可哀想な話。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.5

イメージしていたよりファンタジーすぎず面白かった。演出が色々かっこいい。
ストーリー展開はベタだけどハラハラする。これから一連の映画全部観るの楽しみ!

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.6

終わりがあるって切ない。
やさしい人ばかりの映画で、好き。
たくさん泣いて、たくさんほっこりした。
風景がきれい。
伏線がするすると回収されていくのもいい。

チョコリエッタ(2014年製作の映画)

4.0

展開が読めなくて、もどかしくて、目が離せない。
エモーショナルで、10代の危うさに満ちてる。
映像が美しい。菅田くんと森川葵の演技も最高
遠い記憶が色々呼び起こされた。
戦争を思わせる不穏な画の数々に
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.2

菅田くんかわいい。
2人とも掛け合いが自然で面白い。
基本的にまったりしたストーリーだけど、ところどころぐっとくる。青春。

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.6

四季って美しい。
ゆっくり味わってごはんを食べたくなる。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

前半に比べると将棋以外のシーンが多い。
神木くんが空回りしちゃうところ苦しかったなー。
役者さんが豪華で最後まで楽しく観られた。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.2

とても漫画的な映画。原作は途中までしか読んでいないけど、再現性が高いと思う。
あかりがとても可愛い。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.8

ぼろ泣き。
映像も美しくて、一瞬一瞬にぐっとくる。
色んな家族がいて、色んな親子がいるんだなあ。
いつも笑顔で過ごせる家族でいたいと思った。
切なかった。

解夏(2003年製作の映画)

3.0

スローテンポで、じっくり染みる。
さだまさし原作なのね!
品格のある映画。

南風(2014年製作の映画)

3.2

眠る前にのんびり観られる映画。
台湾の風を感じる。
お互い、相手がわからない言語を話していても、ある程度コミュニーケーションを取れるのが面白い。
少しずつ変わっていく関係性もいい。
前を向く力をもらえ
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

3.2

ライトそうなミステリーを観ようと思ったら、意外とストーリーは重かった。
夏の音が心地いい。
少年との交流など、心温まる要素もあり。