むぅばさんの映画レビュー・感想・評価

むぅば

むぅば

映画(340)
ドラマ(10)

皆殺しの天使(1962年製作の映画)

3.8

部屋から出られなくなった人々の変貌ぶりを見せつけられる不条理映画。

扉は開かれている。鍵なんてかけられていない。しかしなぜか皆部屋から一歩も出れない。

その"なぜ?"という部分は明らかになりません
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.9

ハリーポッターシリーズ最終章part1。

ハリーたちはヴォルデモートを倒すために旅へ出た。
多くの犠牲が彼らを待ってた。

冒頭の緊迫シーンにて、犠牲者が出てしまい、メンタルやられてしまいました……
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.9

強迫性障害である偏屈ジジィの小説家とシングルマザーの恋模様を描いた映画。

わんちゃんとジャック・ニコルソンが最高に可愛い😍

いつも余計なことを言ってしまう主人公の恋はなかなかうまくいかない。
そこ
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.7

老人で生まれてきたベンジャミン。彼は歳をとればとるほど若返ってゆく。
彼の人生に寄り添うデイジー。すれ違いの日々を経て、二人は同じ場所へ辿り着く……

長い時間をかけてじっくりとベンジャミンの人生を描
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

3.5

パリに行き垢抜けて帰ってきたサブリナ。
そんな彼女に、父の主人でもある兄弟から言い寄られる。

オードリー・ヘップバーンがかわいい!
垢抜ける前から綺麗やないかい!というツッコミは野暮かもしれませんが
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

3.8

時速50キロを切ると爆発してしまうバス!
警察官である主人公ジャックは乗客たちを救うことができるのか!?

めっっっっちゃくちゃ緊張しました!
映像もド派手ですごく興奮する!

ちょっと疲れました……
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

4.0

ハリーポッターシリーズ第6作目。

前半は初期の映画並みに明るく、後半はがらりと変わりとてもシリアスな展開に……

前半の仲良し3人組の恋模様がなんとも可愛らしい。学園ドラマらしくてよろしい笑。

>>続きを読む

ウォール街(1987年製作の映画)

3.7

証券マンが強欲な投資家と手を組み、不正を働いて大金持ちになってゆく金融サスペンス。
いわゆるインサイダー取引を題材にした映画でした。

恥ずかしながら、金融関係のことは知らないことばかりで、ちょっと内
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.6

メンフィスの宿屋を舞台におりなす3つのオムニバス。

めちゃくちゃ面白いというわけではないですが、"なんか好き"

ちょっとしたユーモアにクスリと笑ってしまいます☺️

3つの話はちょっとずつ繋がって
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.6

ハリーポッターシリーズ第5作目。
ヴォルデモートが復活したにも関わらず、魔法省はそれを否定。
ハリーは嘘つき呼ばわりされていたせいか、今作では結構やさぐれている。

防衛術の先生が魔法省の人間になって
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.8

ハリーポッターシリーズ第4作。

魔法学校同士で戦う大会が開かれた。なんと年齢制限に合わないにも関わらず、ハリーが代表選手として選ばれてしまった!

ロンと喧嘩、ハーマイオニーの可愛らしい怒りなど、思
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.9

ハリーの命を狙う者、シリウス・ブラック……。

彼はどこに潜んでいるのか?
ホグワーツには恐ろしい生物ディメンターがあふれる。
ハリーの両親の死について驚愕の事実が隠されていた……。

今作から画が青
>>続きを読む

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.6

ダンサーを夢見る女性の物語。
メインストーリーはそこまで惹かれるものはなかったですが、ダンスシーンは素晴らしい!

光の中に映るダンサーたちのシルエット。その健康的な姿がとても美しくてカッコイイです。
>>続きを読む

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

3.6

本当はもっと面白いんですが、犬の虐待描写がキツい……

眼鏡の人○ねよ……と終始呟いていたような……

登場人物たちのほとんどにイライラしました。太っていた子がイケメンだったなぁ、とは思いましたが。
>>続きを読む

undo(1994年製作の映画)

3.8

岩井俊二監督のデビュー作。1時間程で終わる。

何かを縛らずにはいられない、強迫性障害になってしまった彼女。

あらゆるものを縛ってゆく。
いよいよ末期になったとき、医者に「彼女を縛りなさい」と助言を
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

4.0

知的障害をもつ息子が殺人事件の犯人として逮捕された。
母親は息子の無実を証明するために事件真相を解き明かす捜査を独自で始めるが……。それは愛か?はたまた狂気か?

全て見終わると、冒頭の謎のダンスシー
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.9

ホグワーツには隠された部屋があった。
その秘密が解き明かされるとき、ハリーに危機が訪れる。
陰でヴォルデモートの魔の手が忍び寄ってた……

ハリーポッターシリーズ第2段。
相変わらずこのシリーズはプロ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.6

ハリー・ポッターのスピンオフシリーズ第1作。

魔法生物学者、ニュートはイギリスからアメリカに渡った。しかし、そこで秘密に持ってきたトランクの中の魔法生物が逃げ出してしまった!

道中知り合った普通の
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

仕事をとるか、私生活をとるか、どちらが"リア充"なの?

新聞記者志望の主人公、アンディ。
彼女は希望する職種への足掛かりに、ランウェイというファッション雑誌の面接を受けたらなんと採用。鬼編集長、ミラ
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.8

衝撃的なラストで有名な映画ですね。

子供のカウンセラーである主人公は、とある少年をケアする。

その少年は幽霊が見えたのだ……

不穏な空気と音楽でホラー感を漂わせていますが、少年の心を癒すという目
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.9

最高にモヤモヤした映画。

強姦殺人事件の容疑者をあげるために、自白の強要、暴力、挙げ句の果てに拷問にまで手を出す当時の警察。

犯人は誰なのか?殺人を止めることはできるのか?

腐敗していた当初の警
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.6

アニメ版の眠れる森の美女とのあまりの違いに戸惑い、初見の時はもっと評価は低かったのですが、久しぶりに見たら記憶よりずっと良かったです。

新たなアプローチとして、恋愛面より親子愛に重きをおいた作品です
>>続きを読む

眠れる森の美女(1959年製作の映画)

3.7

見慣れているはずなのに、まさか泣くとは……

主人公はオーロラ姫……と言いたいところですが、実質の主人公は3人の妖精ですね笑
この3人の気持ちになってみると、すごく泣けてきちゃいます。
16年間娘のよ
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.7

騒がしい一夜を駆け抜ける青春ストーリー。

主人公の先輩と黒髪の乙女は可愛らしいですね。

同監督が制作した映画「夜明けをつげるルーのうた」や、アニメ「四畳半神話体系」などからゲストが出ていてちょっと
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

妻が失踪した。被害届を出した夫は、偽装工作をし、妻を殺したことを隠したという疑いを世間から向けられる。

真実を握っているのは、失踪した妻のエイミーだった……


いやぁ、怖い怖い笑。なんという狡猾さ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

ベトナム戦争に関する最重要機密文書。
そのコピーをとあるルートから入手したワシントン・ポスト新聞会社。

記者たちはそれを記事にて公表しようとするが、様々な壁が彼らを阻む。

国家を揺るがすことになる
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.1

平衡感覚も時間感覚も失くしてしまいそうな映画。

とある機械を介して他人の夢の中へ入り、アイデアを盗んだり植えつけたりすることのできる主人公たち。

夢は何層にも連なっていて、潜ろうと思えばどこまでも
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

3.9

オーロラが降り注ぐニューヨーク。
主人公ジョンは家で古い無線機を見つけた。
それを介して繋がったのは30年前に亡くなったはずの父親だった。

ジョンは父を救うことができるのか?その先に待っている、とあ
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.7

北欧神話とマーベルの合体。

前半の主人公であるソーはなんというか、やんちゃで青臭いです。でもかわいい😍

後半の彼はすっかり成長して、王にふさわしい存在になったと思います。
ただ、ソーより弟のロキの
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.0

やっぱりかっこいい三船敏郎

悪い奴から主を助けるために立ち上がった9人の侍に力を貸す三十郎。
彼の知恵と腕っ節により、主人を無事助けることができるのか……といった内容。

前作の用心棒にも出演してい
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.8

おしゃれ度MAXな映画。

芸術の都パリ。真夜中に起きるちょっと不思議な奇跡……。

主人公ギルはいわゆる懐古厨というか、昔の時代が良いと思っている作家。

彼は婚約者とやってきたパリに夢中だった。
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0

最後まで見ていない分際で感想を残すのは良くないかもしれませんが、耐えきれませんでした。

この世と魔界(あの世?)の境目が曖昧な鎌倉を舞台に、夫婦の日常を見つめた作品……だと思います。半分くらいしか見
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

なんかよくわからないけどすごいことは分かる。

キャラクターの動きが非常に躍動感があり、この時代でないと作ることのできない作品に感じます(バブル期くらい?)

正直途中までちょっとつまらないかなーなん
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.8

思ってよりずっとよかった。
お父さんと微妙な関係になってしまった主人公。

彼はお父さんとの絆を取り戻すために、とあるゲームを一緒に始める。

それはファイナルファンタジー14だった……

FF14は
>>続きを読む

>|