むぅばさんの映画レビュー・感想・評価

むぅば

むぅば

集中力が30分持たない私です。BSやCSで放送されたものを中心に、映画鑑賞記録をつけていきます。

映画(48)
ドラマ(0)

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.9

オズの魔法使!
楽しくて可愛い映画です。

トトがもう可愛くて可愛くて☺️

カカシ、ブリキ、ライオンの仲間たちもかわいいです。

ドロシーもいい子で嫌味のない女の子です。

ああ!この曲知ってる!と
>>続きを読む

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

4.0

くっそ笑えましたw

色々詰め込みすぎて密度がすごい。

怪物映画とSF映画あるあるがすごい笑える。

不気味な猫背の使用人がハイトーンで歌ったり、博士がドラッグクイーンみたいだし、お前なんだ突然wと
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

4.5

ヒトラーの最期のストーリー。
悪魔・ヒトラーというよりは、人間・ヒトラーとして描かれた本作品。

秘書に優しげな眼差しを向けるヒトラーも、癇癪を起こして怒鳴るヒトラーも、国民の命をないがしろにするヒト
>>続きを読む

いとこのビニー(1992年製作の映画)

3.8

面白かったです!

ペーパー弁護士のビニー。

被告人のいとこのために慣れない法廷で弁護に奮闘するストーリー。

コメディでなかなか夜眠れないビニーに笑ってしまいました^ ^(夜中に色々あって笑)
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.8

レ・ミゼラブルはミュージカルも原作も鑑賞済です。

レ・ミゼラブルはあらゆる愛の物語。
神への愛、母親の愛、国への愛、法律への愛、そして人間への愛の物語だと私は思おます。

この映画で、特にファンティ
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.5

虐待、親と子のあり方。

そんなテーマで3組の人物が主役の映画です。

私はこの映画を観て、改めて虐待する方(親)のケアも必要なものだと思いました。

メディアは虐待事件があれば親を糾弾してそこで終わ
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.5

君の瞳に乾杯。

有名な音楽ですね。もと恋人同士が、カサブランカの地で再び出会う。

リックが渋くてカッコいい!
ロマンチックなセリフもしびれます。

良い映画はいつまでも残るものです^ ^

アルゴ(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イランで暴動が起き、アメリカ大使館のメンバーを救出しようとCIAが企てた計画。

それは偽の映画を撮ることだった……。

緊迫感溢れる映画です。終始ドキドキしました。

アメリカがイランに対して行った
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.0

こんなにも切ない映画とは思いませんでした。
実の親子以上に硬い絆で結ばれた女性ボクサーとそのトレーナー。

サクセスストーリーだと思っていました。実際そういう映画でした。ただし、終盤は……。

心苦し
>>続きを読む

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

3.2

イカボットすぐ気絶する笑。

首なし騎士のストーリーです。
陰鬱な村の様子がおどろおどろしい。

黒幕は少しキャラが弱いかな?と感じてしまいました。

ジョニー・デップの演技がコミカルで面白いです(本
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.7

感動しました。精神障害を抱える男女。ダンスの大会に出ることになり……。

主人公の精神薬を飲みたくない気持ち、ものすごくわかります。
本当にぼーっとしてしまって一日中なにもできないこともままあります。
>>続きを読む

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)

4.0

女性を見た目でしか判断できない主人公。あるセラピストにより、美しい心を持ったブサイクな女性が綺麗な人に見えるようになり……。

笑えました。そして泣きました。

特に病院での女の子とのシーンに目頭が熱
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.0

敵であったドラゴンと心を通わせるストーリー。

映像も美しいが、一番はやっぱりトゥースの可愛らしさです。
猫ちゃんみたいでほんわかします。しかも強い笑。

ヒックも良いキャラクターをしている。うだつの
>>続きを読む

選挙(2006年製作の映画)

3.5

小泉政権下の時代のものです。

選挙とはどういうものかを追ったドキュメンタリー映画。

政策より顔や名前を売り出そうとする手口に甚だ疑問を覚えます。

それでいいのか、日本。

この映画を見て、メディ
>>続きを読む

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

3.7

スピーディかつダイナミックな映像が素晴らしいです。

ジェット・コースターに乗っている気分になるほど爽快感のある映像。

ステキな歌。

サンタさんを信じられなくなった少年は、サンタさんに会うことがで
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.7

悪魔の子を宿してしまったローズマリー。

赤ちゃんの姿を見せないところが恐怖心を仰ぐ。

オープ二ングは不気味な子守唄のような曲。

途中ローズマリーが狂ってしまったのかと思いました(ーー;)

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.1

身体障害者のジョゼとの恋愛ストーリー。最後がなんだか切なくなりましたが、そこがリアルな感じでよかったです。
妻夫木聡と池脇千鶴の演技が素晴らしかったです。特に泣きの演技。

なかなかアダルトな描写もあ
>>続きを読む

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ笑えました。
ある事件に絡むことになった主人公たち。
女装して女性だけのバンドに入り、追ってから逃げる。

マリリン・モンローが可愛らしいしセクシー。

ジャック・レモンたちがなれないハ
>>続きを読む

獣人(1938年製作の映画)

3.1

個人的にはそこまで面白いとは思わなかったです。

殺人衝動が出てしまう主人公の恋愛模様がメインストーリーです。

浮気やら殺人事件やら絡まり、物語は進んで行きます。

殺人衝動に悩むシーンがもう少し欲
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.8

小さな事件で終わるはずだった……。

だんだんと大きな事件へと転がり落ちて行く……。

悪いことは最初からするものではないです。
いくら扱いが悪かったとしても、他人を巻き込むことはいけません。

やは
>>続きを読む

キサラギ(2007年製作の映画)

4.0

自殺したアイドルの1周忌に集まった男たち。
一見彼女のファン達に思えたが……。

二転三転していく事実、明かされる男達の正体……。

アイドル=偶像ということを思い知りました。

舞台もたった一部屋だ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

みんな悪くないし、みんな悪い。

娘を殺害された母親がある3つの立て看板に広告を載せる。
それが波紋を呼び、物語は進んでいく。

ある人物がこの物語中に「怒りは怒りを来す」と話していました。

それが
>>続きを読む

ゾンビ/ディレクターズカット完全版(1978年製作の映画)

3.7

面白かったです。

冒頭からゾンビがそこら中にはびこっていました。
何かの続編かと思いました汗

主にショッピングモールでのゾンビや略奪者との攻防がメインです。

ピーターかっこいい✨

ゾンビ映画の
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

3.3

監督の苦悩を、現実と幻想を入り交えて表現されています。

現実と向き合うのが怖いグイド。

幻想世界の人物は、彼がかけてほしい事を言う。

現実世界と幻想世界の境目が曖昧で、気づくのに少し時間がかかり
>>続きを読む

うなぎ(1997年製作の映画)

3.6

妻を殺した男が、自殺未遂した女性と共に理髪店を営む。

周りには漁師やヤクザ(多分)、宇宙人を呼ぼうとする青年が。

うなぎの生き方になぞった物語なのでしょうか。
少し解釈が難しい作品です。

私は、
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.0

もんもんとする映画です。また、かなり難解ですね。

少しの間しか記憶が持てない男・レナード。

彼は殺された妻の犯人を捜すが……。

だんだんストーリーが進むにつれ、レナードの過去(失われた記憶)が明
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まさか笑える映画とは思いませんでした^ ^

テレビ画面に"画面の汚れを拭く手"が現れたとたんに(これは……)と勘づきました。

そういったネタを入れているところに好感が持てます。

2部のシーンに、
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

日本を皮肉った作品……ということであっているでしょうか?

日本人だけでなく、全世界の人々への皮肉。それをユーモアを混ぜて表現しています。

ウェス・アンダーソン(監督)らしい、シンメトリーな構図。
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.5

イケてないボーイスカウトの高校生3人が、イケてるヒーローに……。

ボーイスカウトで培った技術を駆使してゾンビだらけの街を生き残るストーリーです。

同行する女の子が頼りになる笑。


反撃シーンは男
>>続きを読む

ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン(2016年製作の映画)

4.0

キムの切なくとも美しい歌声。エンジニアのコミカルな演技。
最高です。

私はまだ生のミュージカルを見たことがなく、この作品で初めて内容を知りました。

ベトナム戦争時の情勢を理解していないため、想像力
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.4

とある女性の死体が見つかった。
その死体を解剖することになった父と息子。

解剖していくうちに、死体から妙なものが見つかっていく。
親子は、次第に不気味で奇妙な現象に巻き込まれていく。

解剖シーンが
>>続きを読む

オーメン(1976年製作の映画)

3.0

主人公の周りで、死人がでる不可解な事件が起こる。
それには養子であり、"悪魔の子"ダミアンが関係していた。

悪魔という存在が、キリスト教徒にとってどれ程怖いものなのか私には残念ながらわかりません。
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

3.8

前作では敵だったターミネーターが今作では味方です。

サラ(前作の主人公)、めちゃくちゃたくましくなっていてびっくりしました。

新たな敵の新型ターミネーターを交え、未来を変えようとサラ、息子のジョン
>>続きを読む

ぼくと魔法の言葉たち(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自閉症の青年、オーウェンを追ったドキュメンタリー映画。

彼の世界はディズニー映画で構成されている。

自閉症の症状が出はじめたころ、彼は言葉を失った。

両親がその時の感情を語っていたが、あの言葉以
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.5

未来から主人公の命を狙ってターミネーター(シュワちゃん)が来る

シュワちゃん、踏んだり蹴ったりでしたね

ターミネーター怖いΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

ターミネーターの中身(骨っぽい機械)のデザインかっこい
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

3.2

粗暴な男に振り回される女性の話。

音楽素敵。大道芸人を表現しているような軽やかな曲だったり、哀愁感漂う美しい曲が劇中に流れます。

粗暴な男は途中スーツを着るシーンがあるが、かっこよく感じる(悔しい
>>続きを読む

>|