青山さんの映画レビュー・感想・評価

青山

青山

スピッツと川谷絵音が好きです。ダスティン・ホフマンとドリュー・バリモアがタイプです。ミステリとホラーとラブストーリーとその他色々を観ます。
ブログ→http://reza8823.hatenablog.com/archive

映画(833)
ドラマ(1)

デッド寿司(2012年製作の映画)

1.9

誰とは言いませんが、最近仲良くしていただいているとある女性に勧められて一緒に見たんですが、まぁ酷い。正直これを勧めてきたその人の良識を疑いました。良い意味で。良い意味で良識を疑うってどういう状況だよ.>>続きを読む

軽蔑(1963年製作の映画)

-

「アンタなんか軽蔑ヮ!」という妻の言葉で破綻していくラブラブだったはずの夫婦のお話。世の中で一番怖いものは軽蔑ですよね、というお話。


http://reza8823.hatenablog.com/
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.6

デデンデンデデンアイルビーバックサラコナージョンコナー信じられへんシュワルツェネガーYeah。

用語(?)をこのように色々知ってた割に見たことなかった超有名作。
案外思ってたよりタイプな映画でした。
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

ベルリンの壁が東西を分断していた時代の終わり頃、MI6の諜報員のローレンは、なんか重大なリストとなんか裏切ってるサッチェルってゆう二重スパイを探すことを命じられ、一路ベルリンへ。しかしなんか重大なリス>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

新型レプリカントのKは、旧型を解任するブレードランナー。
彼はある日の任務で「レプリカントが産んだ子供」の手がかりに関わってしまい、上司からその子供探しを命じられるが......。

えー、前作観まし
>>続きを読む

トッツィー(1982年製作の映画)

3.8

実力はあるけれどこだわりが強すぎて売れない俳優のダスティン・ホフマン。彼はひょんなことから女装をして"ドロシー"として昼メロのオーディションを受ける。するとアラ不思議、"彼女"は瞬く間にお茶の間の人気>>続きを読む

デッドガール(2008年製作の映画)

3.5

高校生のリッキーとJTの仲良しカースト底辺童貞コンビは、ある日の学校の帰り道、廃病院で鎖に繋がれた美少女を見つける。JTは暴れた少女に噛みつかれそうになり彼女を殴り殺し......たはずが、少女は死な>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

-

針千本ノックで〜〜なあなあなあなあなあなあなあにしないでいえいえいえ〜〜。

日本公開が中止された問題作らしいです。

うーん............まぁ............ものっっすごく....
>>続きを読む

アレックス(2002年製作の映画)

-

恋人のアレックスが通りすがりの男に性的暴行を加えられた。主人公は犯人を探し、復讐を加えようとする。
......というと、最後に復讐の場面が来そうなものですが、本作は時系列が逆に描かれています。つまり
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.9

あらすじが書きづらい話ですが、孤独を抱えたタクシー運転手のトラヴィスが壊れていく様を描いた、アメリカンニューシネマ終期の作品です。

感想も書きづらい話ですが、どんぴしゃではないもののなかなかくるもの
>>続きを読む

手錠のまゝの脱獄(1958年製作の映画)

3.4

手錠で繋がれた白人と黒人ふたりの囚人が、護送車の事故に乗じて脱走するお話です。

白人は最初黒人の相棒を黒人であるがゆえに見下していましたが、共に逃げるうちに徐々に彼を個人として扱うようになる....
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.2

はっきり言ってしまうと苦手なタイプのお話でした......。

記者の主人公と"ドラゴンタトゥーの女"がコンビを組み、とある富豪の家で昔起きた失踪事件の謎に挑むっちゅうミステリーなんですけど、色々詰め
>>続きを読む

黒水仙(1946年製作の映画)

3.7



ヒマラヤの麓に新設する修道院の院長を任されたシスター・クローダ。4人のシスターを引き連れて現地に到着するが、修道院となる宮殿は、かつては王のハーレムとして使われていた場所だった......。
その
>>続きを読む

トリプルヘッド・ジョーズ(2015年製作の映画)

3.4

まーたクソくだらねえサメ映画観なきゃいけないのかやれやれまったくカンベンしてほし......あれ、面白い......?

はい。なんと本作、「ダブルヘッド」や「ファイブヘッド」に比べて普通に映画として
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.5

妻の浮気が原因で躁鬱病になったパット。
夫の死が原因でセックス依存になったティファニー。
心に問題を抱えた2人が、激しくぶつかり合いながらも幸せを取り戻そうと共に奮闘するお話。

自分が鬱になったこと
>>続きを読む

トラフィック(1971年製作の映画)

3.7

名古屋人です。
名古屋は車の国だの名古屋走りだのとよく言われ、実際名古屋を走っていると結構酷い運転をよく見かけるので名古屋はすごい街なんだと思っていました。
......勘違いでした。フランスすげえ。
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.0

サイモンとロビン夫婦は、引っ越してきた先でサイモンの高校の同級生だったゴードンと出会う。
「親交を深めよう」と、食事の誘いや贈り物を繰り返すゴードンだが、次第に彼の言動に奇妙な点が目立つようになり..
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

話すことのできない掃除婦と実験体の半魚人との愛を描いたファンタジー。

話せない主人公、人間ですらないハンギョドン氏、ゲイのじいちゃん、スパイの科学者など、作中の時代や舞台においてはっきりマイノリティ
>>続きを読む

来るべき世界(1936年製作の映画)

3.5

第一次大戦と第二次大戦の間の時期にあたる1936年、制作。
H.G.ウェルズが自らの小説を脚本化したSF戦争映画。

1940年に始まった戦争から、復興を経て2036年に人類が月ロケットを打ち上げるま
>>続きを読む

プレイタイム(1967年製作の映画)

3.5

ジャック・タチ3本目。

パリの街を舞台に人々の生活を描いた群像劇......というよりは、年の風景をデッサンしたショートコントみたいな。例によってストーリーはなく、街自体が主役といった印象でした。
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.6

キューブリックの遺作となった官能サスペンス......という括り方もどうかと思うけど他にジャンル分けのしようもないからそう呼ばれてるヘンテコムービーです。

セックスにまつわる現実と妄想を境界線なく映
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.9

ライアン・ゴズリングがラブドールを恋人として連れてくるというコメディかと思いきや、様々なメッセージを含んだ懐の広すぎる人間ドラマでした。
個人的には恋愛映画として背中を押してもらいました。泣けた。
h
>>続きを読む

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

3.5

チャップリン。ゴールドラッシュで一攫千金狙って雪山を探検する人たちのお話です。

山小屋と麓のダイナーの2つの舞台を行き来するため、ショートコントの短編集のような感覚で気を抜いて観れます。

また、内
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.7

「グラインドハウス」の一編。

スタントマン・マイクという車専門の殺人鬼が女どもを殺して回るが......というお話。

2部構成になっていて、前半はいかにも古めかしく夜のバーが舞台です。画面もノイジ
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

B級映画二本立て企画「グラインドハウス」の一編。

テキサスの田舎町で細菌兵器が流出、人々はゾンビ化してしまった!ゴーゴーダンサーのチェリーと元カレの解体屋レイはゾンビと激闘を繰り広げる。

B級映画
>>続きを読む

空飛ぶペンギン(2011年製作の映画)

3.4

デキるサラリーマンだが、妻と離婚し子供とも週一でしか会えないダメな父親のジム・キャリー。彼の元に、冒険家だった亡父から6羽のペンギンたちが送られてくる。最初は南極に送り返そうとするジムキャだったが、遊>>続きを読む

恋人まで1%(2014年製作の映画)

3.3

女性の方のレビューでよく「男ってこうなのかー」とか書かれてるけど、違います。一緒にしないで。

セックスが趣味のジェイソン、排便が趣味のダニエル、妻を寝取られた哀しき医師マイキーの仲良し3人組は「独身
>>続きを読む

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

3.4

トリックシリーズ最終作らしいです。「とかいってまたやるんでしょ〜」と思っていましたが、5年ほど経った今でも音沙汰はなく、本当に終わってしまったみたいです。
たしか中学生の時にハマって以来、ドラマシリー
>>続きを読む

マイPSパートナー(2012年製作の映画)

3.6

「恋愛自体がありきたり」

彼女にフラれたヒョンスンのスマホに、知らない女からえっちな電話がかかってくる。電話の主ユンジョンはどうやら彼氏の番号と間違えてかけてきたらしく......。
テレフォンセッ
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

3.5

ママがシリアルキラーな家族を描いたホームコメディ。

不謹慎な笑い。「実話を基にした」という冒頭のテロップから想像もつかないほど軽々しい作風でした。むしろそこもネタ。
だって実話を基にした映画って「ゾ
>>続きを読む

ドグマ(1999年製作の映画)

3.4

天国を追放された天使がカムバックしようとするんですけど、なんかそうすると世界終わっちゃうらしくて、よくわかんないけど主人公たちがカムバックを阻止しようとする話でした。

はい、下品なネタ満載のコメディ
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ2(1987年製作の映画)

3.5

安定感ありすぎ〜😂😂

シリーズものの2として、特に大きく変化することもなく、かといって適度にキャラの変化とかは見せて飽きさせず、絶妙に安心して見られる素晴らしい続編でした。

ストーリーは前作のがよ
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

1.0

人生で最も嫌いな映画です。純愛なんて信じた私が馬鹿だった。

http://reza8823.hatenablog.com/entry/2018/02/06/221005

クラークス(1994年製作の映画)

3.5

休日出勤させられたコンビニの店員とお隣のレンタルビデオ屋の店員の愉快な1日を描いた日常系コメディ。

ショートコント「こんな客は嫌だ」、と言えば内容は全て伝わるんじゃないかと思います。
逆に客目線で見
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

4.0

2をマークしてなかった。映画というよりは思い出。

スノーフレーク(2011年製作の映画)

2.5

桐谷クレーだかミレーだかいう主役の子が可愛かったです。初めて見ましたがこれから売れっ子になるんじゃないかな!?

>|