イリヤの空、UFOの夏のアニメ情報・感想・評価・動画配信

「イリヤの空、UFOの夏」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

5.0
0
浅羽がいるから。

夏休みの終わり、セミの鳴き声、夜のプール、転校生、視線。
青春要素が沢山あって、素晴らしい日常を描いていたのは確か。
しかし観終わった今感じているのはノスタルジックではない。心臓や脳みそがもたないくらいにハイスピードで刺激的な作品だった。全てがどうでもよくなった気分。今までみたどの作品よりも優れていると言ってもいいくらいな最高傑作。
344

344の感想・評価

-
0
『雲のむこう、約束の場所』がぶっちぎりで好きなので、佳作なセカイ系という感じがするが(学生の夏という一過性的切なさと当事者として生きざるを得ない世界危機との距離感などの描き方をもっと突き詰めてほしい)、そうはいっても感傷に浸る自分がいることを否定できない。やはりセカイ系は魚眼レンズ的な世界認識がクセになる。3本しか見てないけど。
さば

さばの感想・評価

4.0
0
原作は中学生の時に読んでから、今でもずっと好き。

好きなシーンがいくつか削られているし、真夏の茹だるような熱気や学校の喧騒の表現とか、文章のテンポとか、原作の良さがアニメで表現できているかというと微妙なところなんだけど、ストーリーが良いことに変わりはないし、キャストも良かった。
浪川さんはこういう頼りない感じの役がすごく似合うし、野中さんの声がとても可愛らしくて演技も素晴らしかった。
原作でもそうなんだけど、やっぱり浅羽とイリヤが踊るシーンが一番好き。

夜のプールに忍び込んだり、部室で授業サボったり、デートしたり文化祭したり、他にも色々、とにかく中学生の頃に憧れた青春のすべてが詰まってる。
思い出補正込みで、とても素晴らしい作品。
あんへる

あんへるの感想・評価

3.1
0
【2005年OVA作品{全6話}】

原作は2000年代を代表する名作ラノベ。

個人的に「セカイ系」という言葉はあまり好きではないんだが、本作を語る上では切っても切り離せない要素の一つではあると思う。
そもそも定義が曖昧な言葉ではあるので一概には言い難い部分はあるが、良くも悪くも本作はセカイ系のテンプレ的作風と言えるのではなかろうか。

雑に言ってしまえば、ボーイミーツガールから始まる壮大なSF要素を絡めたひと夏のラブロマンスという、今となってはだいぶ使い古された物語ではある。
確かに一昔前はラノベのトレンドではあったが、悲しいかな、新海作品のようなアニメが一般的に認知され切った現代では単に古臭い作品としか見えなくなってしまっている。

イリヤの謎が徐々に明かされていき、悲劇的な結末へと向かう後半のプロットなんかは個人的に好みではあるが、所々唐突な部分が多く今一つストーリーに入り込めない。
物語の締め方としては、程よい余韻と切なさを残した美しいラストだったと思う一方で、映像作品としてイマイチ効果的な山場を作れていないところなんかは物足りなさを覚える。

同時期の他のラノベ&セカイ系ジャンルの有名作などと比較しても、正直時代と共に色褪せてしまっている感は否めないかな。
ブギーポップのような鮮烈なコンセプトや、ハルヒのような緻密な世界観・設定の構築、こうやって考えるとイリヤには他作品が容易に真似できないようなオリジナリティーが決定的に欠落しているように思えてしまう。

上手い事現代的なニュアンスを加味しつつ、もし京アニかPA辺りで再アニメ化してくれたら十分ハネる気もするが、まあ現実的じゃないですよね。w

なろう系作品の台頭以降は、ラノベアニメの主流は専ら異世界モノだしな…
まあ異世界モノとか俺TUEEE系も良いんだけど、個人的にはこの頃のラノベ界隈の多くの作品には勢いと可能性を感じた。
ラノベ独自の文学ジャンルを確立していたというか…

おっと、また関係無い事を語り出しそうなんでそろそろオサラバしやーす。←


------------------------------------------------------------
[主題歌]

OP
 今井ちひろ「Forever Blue」

ED
 今井ちひろ「ひまわり」

------------------------------------------------------------
Mi

Miの感想・評価

3.6
0
セカイ系と言えばコレって言いたくなる作品。比べるもんじゃないけど個人的にはサイカノの方がエグみが有って好きでした。今年U-NEXTに配信されたけどそれまではTSUTAYAでの貸出も殆ど無く見るのに苦労した。

あなたにおすすめの記事