さまよう刃のドラマ情報・感想・評価

『さまよう刃』に投稿された感想・評価

とろろ丼

とろろ丼の感想・評価

4.5
0
・國村さんと古舘さんが出演しているため、視聴してみた。
・個人的にはとても好みの作品でした。見始めたら止まらなくなった。
・演技が上手い役者さんばかりで見やすくて、クオリティが高かった。
・Hなシーンあり。
ともちん

ともちんの感想・評価

3.5
0
愛娘を暴行ののち殺害された父親が憤り、犯人を追う…。父親の苦しみ、クレイジーな加害グループに加わる少年の葛藤をじっくり描きながら、警察と父親が犯人を追ってゆく。クライマックスにはドキドキ
Winky

Winkyの感想・評価

3.8
0
数年前に原作を読んだ時は数日間引きずってしまい辛かった。
映画は邦画も韓国版も観たけどこのドラマ版が一番良かったかな。
ただコロナ禍の設定が中途半端で不要だったのでは?

原作は二度と読み返したくない程、胸が痛くなったのを思い出してしまった…
うちゃ

うちゃの感想・評価

4.5
0
内容が重すぎた。
初っぱなから憂鬱になり、こんな若者がいてもおかしくない世の中で、我が娘が同様なことをされたなら自分も復讐の鬼と化すのだろうか、と考えさせられた。
最後に刑事の三浦貴大が竹野内豊を撃ったのは、ミスではなく、復讐の苦しさから解放してあげたかったのではないか、と深読みし過ぎなのだろうか。

竹野内豊の演技力が発揮されていた。
さすが東野圭吾作品は心が何度も揺さぶられます。おもしろかった!
tomotta

tomottaの感想・評価

3.3
0
娘の暴行シーンなどぼやかしがちなところもきちんと描かれてるので恐怖や人間として許せないという気持ちになるのはリアルでとても伝わる。

なのでドラマ、エンターテイメントという意味合いで見ると重すぎて見るのが苦しくなってくる。

エンターテイメント的な気持ちで見るなら韓国版の映画がいい。
原作既読済み。映像がある分被害者の苦痛が原作より強く印象付けられた気がする。 あの映像を被害者家族が見たら? 復讐に走っても何も不思議ではないと思ってしまったよ。

「正義とは何か?」てのが全体的なテーマの1つだと思うんだけど、正義程曖昧で反転しやすいものはないと思うの。「勝てば官軍負ければ賊軍」それに近い。勝てば正義よ。
もう1つのテーマ「法律は誰のためにあるのか」これもわからん。でも、少なくとも被害者のためには無い気がしている。。そして加害者家族にも。

竹野内豊の復讐の目力とかいろいろと映像だからこそって所が随所に見られたので、原作読んでいても十分に胸に刺さるドラマでした。

関係ないけどちらりと思ったのが、所々で新型コロナのマスクをつけたりつけてなかったりシーンによってバラバラだったから、どっちかに統一してほしかったな。。てのが仕方ないけどちょっとうーむってなっちゃった(;^ω^) 
とりもも

とりももの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

BSドラマの賞を受賞と聞いて見てみた。映画版は未見。
娘を未成年者に無惨に殺された父親の復讐劇。どうしてもこの父親の方に感情を持って行かれる。
未成年者の更生を視野に入れた現在の法制度。少年側の背景が殆ど描かれていないのもあり、あんな罪を犯した者に更生の道なんて与える必要があるのか!?とさえ思えてくる。救うべき人と救われる人との不一致。
猟銃を持っていることが分かっているのだから、腕の良いスナイパーを配置して!!
ふうりん

ふうりんの感想・評価

4.5
0
何ともいえない読後感。竹野内豊さんの熱演。鬼気迫る表情。完全に長峰に憑依。オリジナルキャラの瀧内公美さんの存在もエッジが効いてる。主題歌の薄明も作品の雰囲気ぴったりで余韻がすごい。この曲で物語が完結する、それくらいの一体感。
映像化されてきた数多ある東野作品の中で一番完成度が高い。wowowの本気感じる力作。最近小粒のドラマも随分増えたけどこういう骨太作品があるからWOWOWドラマはやめられない。個人的に「石つぶて」と並ぶツートップ。
RRR

RRRの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

河合優実さんのファンとしては第1話でかなりメンタルを抉られた



イキった少年ほどタチの悪い人間はいないと思いますがそれよりも中井誠が保身の権化みたいなクズだった、、


「警察が守るのは市民ではなく法律」か、、

人殺しは少年であれ人殺しだろうに
>|

あなたにおすすめの記事