うめまつ

なつぞらのうめまつのレビュー・感想・評価

なつぞら(2019年製作のドラマ)
3.4
朝ドラ録画でOPを一度も早送りせずに見た(というか聴いた)のは初めて。スピッツが主題歌で広瀬すずちゃんが主演なんて、大好きになる準備は万全だったのに残念な気持ち。役者さんが豪華すぎてほぼ空気みたいな人が多くて勿体無いのと、日本アニメーションの草創期をがっつり見れると思っていたので消化不良。仕事については最初は多少掘り下げてたけど後はさらーっと進んで行くし、生き別れの兄妹探したり、途中で雪次郎にスポットを当て過ぎたり、山口智子と岡田君の関係性にドキリとしたり、天陽君との友情も盛り込んだり、やっぱり北海道の農業や牛飼いについても描きたがったり、何がしたいのか芯がブレブレの印象だった。

アニメーター云々の前に当時女性が責任のあるポジションを任されたり、子育てしながらフルタイムで働くのは今以上に相当大変だったはず。もっと周りに理解されなくて悩んだり、困難があってもいいようなもののぜーんぶ優しい仲間たちがお膳立てしてくれて、その中をなつは悠々自適に歩んでいくだけだから全然感情移入できない。一久さんは出てきた時は本当に面倒くさそうな演技がハマってたのに、結婚した途端異常に理解がある万能ゆるふわ旦那に変態してしまって違和感しかない。そんな訳で好きな役は照男兄ちゃんと千遥だったから、清原コンビがベストアクトかな。