HOMELAND/ホームランド シーズン1のドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

「HOMELAND/ホームランド シーズン1」に投稿された感想・評価

随你行

随你行の感想・評価

4.0
0
めちゃくちゃ面白い。8年ぶりに帰還した兵士と神経質な女性CIA捜査官のねじれた関係性がとても面白い。次第に深まる陰謀と終盤の暗殺未遂事件、ブロディと家族の関係性、人間ドラマが非常に重厚でサスペンス性も抜群、傑作
non

nonの感想・評価

4.0
1
周りの人が観てるからとりあえず観たらハマった。Netflix等で一気に1シーズン観れるのは便利でハマったドラマを次から次に観れてしまうのがいいけど、その分のめり込んでしまい寝ても覚めてもドラマの事が頭から離れなくなる。
ぐみみ

ぐみみの感想・評価

5.0
0
‪S‬8見るために最初から見返すことにした。前回は‪S‬6まで見た。

‪S‬3までの流れは本当に完璧で、Breaking Badに匹敵する。ブロディがガレージでいきなりきれいなアラビア語で祈り始める場面の衝撃はドラマ史に残ると思う。

こんなCIAと中東問題を扱ったドラマのど真ん中にこんなに真っ正面からラブロマンス突っ込むこと思い付いたチームすごい。
Te2mon

Te2monの感想・評価

4.1
0
24のスタッフが制作した人気ドラマと知って見てみた。誰が味方で誰が敵かわからない。心理戦と家族愛と恋愛が混じり合ってもどかしい。ヒロインも不安定だし。でも結論割と楽しめました。
めちゃくちゃ面白い。
周りに勧めたら「主人公がなあ…」って。でもキャリーのグイグイな感じがしんどくとも俺は好き。
shun

shunの感想・評価

4.3
0
「ホームランド」シーズン1観終わった。

双極性障害を持つ優秀なCIA分析官のキャリー・マティソンのテロの脅威との闘いを描く。

この年のエミー賞で作品賞、脚本賞、主演女優、男優賞を受賞。
ゴールデングローブ賞でも主演女優賞を受賞した。

先が全く読めない展開で終身続きが気になってしかたがない。

そしてとにかくクレア・デインズの演技が凄すぎる。そりゃエミー賞とゴールデングローブ賞どっちも獲りますわって感じ
キャリーはめちゃくちゃ優秀なんだけど気分障害があって見てる側も彼女が何を考えているのか分かりづらい。酔ってるだけなのか本気なのか罠なのか、そのギリギリを攻める演技さすがだなあと思った。
特に最後の2話、それまで薬で押さえていた躁と鬱の症状が出る場面。それまでとは別人のようになってパニックになったり気持ちが沈んだり、実際に双極性障害の人の症状を見たわけではないから分からないけどほんとにあの演技は必見。
肩掛けバッグとジャズと緑のペン

そしてブロディを演じるダミアン・ルイスと娘デイナの電話シーンも見ているこっちが緊張でやられそうになるくらいに差し迫った演技。
父娘の関係いいですね。あの子かわいい。

テロリストとアメリカ、両方のいろんな人の視点が描かれていて考えさせられた。
普通にサダム・フセインとかアル・カイーダとか名前出てるしすごくリアルで本当にこうゆうことありそうで怖い。
どんどん引き込まれて先が気になって観終わってました。

周りを固める俳優陣もすごいメンツ。
マンディ・パティンキン、どっかで見たことあると思ったら「ワンダー」の校長か。キャリーを見守る目が温かい。
ジェシカ役はモリーナ・バッカリン、「ゴッサム」「デッドプール」シリーズにも出てるめちゃくちゃ美人
マイク役は「ブラックリスト」シリーズでレスラーを演じるディエゴ・クラテンホフ
デヴィッドを演じるのは「スーパーガール」で火星人を演じるデヴィッド・ヘアウッド
レギュラー陣が既にこんなメンバーなのに3話は特にゲストも盛りだくさん。
「スーパーガール」のメリッサ・ブノワ
に「ブラックリスト」のアミール・アリソンともう個人的には嬉しすぎる話でした。
そういえば3話と4話に出てた情報屋のLynne綺麗だったな

すごいとこで終わった、どーなるシーズン2
アルカイダといった具体的なテロ組織の名前が出てくるなど、かなりリアルなストーリーとなっていて、見ていて大丈夫?と思うほどスリルがあります。
数年にわたってテロ組織の捕虜となって洗脳されるケースって現実にありうるんでしょうね。実際に米国なんかは逆のパターンで潜伏させているようですし。

8年間の捕虜生活から生還し、母国アメリカへ帰還して英雄視されるブロディ。しかし、見た目は英雄視されるようなタフな力強い雰囲気は全くなしで、むしろ鈍クサそうな感じ。そんな彼は奥さんもいるのに、キャリーはテロに寝返っていると疑いながらも、惹かれていく。双極性障害を患っているための影響なのか?
副大統領暗殺を企てるが、キャリーによってブロディはとどまることに…
RICO

RICOの感想・評価

4.5
0
何年か前にまだDlifeがあった頃にシーズン2まで見てたけど、それから間が空いてしまい、でもやっぱり評判いいし気になってたので今更見直すことに。
毎週1話ずつチェックするより一気見できる配信に対して改めて感謝。
Dlifeでは気づかなかったけど、ストーリーの入ってくる感じが全然違う!!
うっすらとしか覚えてなくてほぼ初見。
まず、クレア・デインズの印象はディカプリオとのロミオとジュリエットで止まっていたのでこんな役もやるんだという衝撃。
24ほどスピード感はないけどキャリーとジャックがかぶる。
続きが気になるのでこのままシーズン2へ突入。
TRB

TRBの感想・評価

4.0
0
緊張感と疑惑、疑念が募るスリラー

不確定な情報と個人の感情が錯綜する中、敵なのか味方なのかを見極めないといけないスパイの葛藤が息詰まる展開を産む

旅猿の観まくりの旅で、みんな珍しく前のめりだったので観てみたら

ハマっちゃう面白さ


アメリカ兵捕虜がアルカイダによりイスラムへ寝返った

情報を掴んだCIAのキャリー

時を同じくし、8年間捕虜として捕らえられていた海兵隊員のブロディが救出される

英雄として帰国するブロディだが、キャリーの疑念は募っていく

彼はヒーローなのか?それともテロリストなのか?


CIAのキャリーがいい感じにぶっ壊れてる

自分の考えが強すぎて暴走するし、対象に気持ち入り過ぎて暴走するし、スパイと女とサイコを行ったり来たり

ブロディも異常行動が見受けられるけど、捕虜なってたしどうなんやろ?
のギリギリを攻めてていい

一口にテロリストと言っても

みたいな展開が考えさせられる

戦争が無くならない負の連鎖みたいなのを上手く描いてる作品。

胃もたれレベルの重さはある

最後の方、観てるこっちも汗かいた
神経症的な主人公の描写はやや気になるものの、なかなか緊張感のある話運びで飽きさせない。
>|