夏目漱石の妻のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「夏目漱石の妻」に投稿された感想・評価

kirika75

kirika75の感想・評価

3.5
0
長谷川博己が漱石を演じる!これは観なくては、と楽しみに鑑賞したけどもう一歩。脚本の人、今の大河ドラマ(麒麟がくる)と同じ方で、同じ弱点が見えてしまっている。
実在の人物が主人公なのに、架空のまたは重要でない人物に時間や台詞を割きすぎ。そして時代考証の甘さと言うべきか、この時代のこの立場性格の人間がこんなこと言うわけない、という台詞を現代の視点から平気で言わせてしまう…。せっかくの素材なのに、この二つがリアリティや共感を削いでしまっている。
とはいえやはり漱石とその妻の苦悩と夫婦愛を描くという素材の良さと、ハセヒロと主役の鏡子役・尾野真千子の演技力に免じて星オマケ。
mao

maoの感想・評価

5.0
0
長谷川さんが容赦なく恐い。ノイローゼになったときの眉毛とかすごい。
それに対抗できるオノマチの面白さ!

音楽も素敵。
niwatorin

niwatorinの感想・評価

3.2
0
ほぼ実話なので仕方ないけど、綺麗な景色で誤魔化して尻切れトンボで終わらせたのは残念。
長谷川さんの漱石はとても怖い。娘さん達同様「こわい」と思ってしまう。
eriren

erirenの感想・評価

4.0
0
記録

長谷川博己さんはどんな役でも
かっこいい(๑˃̵ᴗ˂̵)
ほんとにステキで表情も大好き!


尾野真千子さんもこの役にはまって
いてとても良かった。
FURU

FURUの感想・評価

5.0
0
こんなにも尽くせる奥さん、すごいなと思いました。尊敬。
自分の為ではなくて、相手の為に、大切な人を支える為に生きられる女性って、ほんとすごい。
私はハセヒロさんファンですが、尾野真千子さんの演技が本当に素晴らしくて、その印象の方がものすっごく残っています。
もう少し

もう少しの感想・評価

3.4
0
辛いシーンばかり焼き付いてる
過去の作品見ると女性の立場低くてくるしい。悪妻悪妻うるさい
そのじつ

そのじつの感想・評価

3.7
0
原案本未読。 これが漱石の真実かどうかはまず置いて…とても良かった。夫婦って・・家族って・・と自分の身や身近な関係に置き換えて、様々な気持ちが去来する。
荒木が「壊れている」と言ったけれど、壊れてない家なんてあるんだろうか。ひとつの綻びも無い家なんて無いと思う。「サザエさん」が長く人気を集めるわけだ。
それでもなお家族を継続してゆくしかないひとびとは、各々の役目を果たすべく戦い続けるのだ。運命共同体の一員として。自分の信じた人と共にある幸せだけを手に。

「わたしは君のように強くない」と漱石が吐いた言葉は蔑みにもとれるが、その直後鏡子が浮かべた笑みにドキッとした。夫に出来ないことを、私がやる!そういう誇らしげな気持ちに見えた。
この脚本は手練れだ〜、すごく面白かった。尾野真知子もハマっててよかった!上手いよね。
ハセヒロの漱石が素敵で、やっぱり惚れてるからこそ!という妻の心理に説得力を持たせる。

熊本時代の女中のテル(だったか)の猫背椿もよかった!
壇蜜はネタっぽい!でも「草枕」のナミなん案外ハマるかもしれない。
tanigoo

tanigooの感想・評価

4.5
0
4/20 視聴
夫婦という他人が本当の家族になるにはどう向き合い生きれば佳いのか。個より家が優先される時代で、生まれ持った家を時に切り捨てながら。且つ、夫が才気溢れていて、苦しみと屈折も抱えた難しい人物。

その時々、金之助が何を感じているのか、鏡子は。戸惑いの多い二人の気持ちは、見返す度に違って伝わるだろう。私は分からない部分も多かった。他人の気持ちなんて、分からない。生きている人間なら当たり前の事を画面のなかの人に感じた。
人間、夏目金之助を妻の目線で描く。皆が聖人視しがちな文豪漱石ではなく人間部分を炙り出すことに成功したのではないか。
非常に難しい台本だな、と思った。深い深い、まさにその人生分の記憶や感情が必要なような。強烈で繊細なキャラクター造形は長谷川さん尾野さん共に凄かった。尾野さんの演じる鏡子が野蛮に見えるな、と思うとそれも鏡子の一部だと分かってくる。夫婦の戦いが役者の芝居合戦にも見えてくる。
演出も奇をてらわず、心情を映し出そうという気概を感じた。心の痛い時間が長くて辛くなったが、それも鏡子や家族の痛みに同化する演出のうちだろうと解釈した。子供と金之助のつながりは若干おざなりだと感じるところはあったけれど。

長谷川さんの魅力を余すところなく堪能でき、物語としても味わい深い作品。

投稿にあたり追記
来年の麒麟がくる、同じ脚本家の方で非常に楽しみです。
ゆい

ゆいの感想・評価

3.9
0
顔を歪ませ、癇癪を起こす。ふたりの間にほんとうに愛があったのか、漱石は妻を愛していたのか。見ている側にはわからない、だからこそ俄然夫を信じてる尾野真千子に、あぁそうか、愛があるんだ、ふたりの間に、と思わされる。ハセヒロはこういう役もよい。
じろじろ

じろじろの感想・評価

4.2
0
長谷川博己さんは、このドラマで好きになりました。

夫婦

尾野真千子さんは、良い
>|