セックス・アンド・ザ・シティ シーズン6のドラマ情報・感想・評価・動画配信

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン62004年製作のドラマ)

Sex and the City Season6

製作国:

4.3

あらすじ

「セックス・アンド・ザ・シティ シーズン6」に投稿された感想・評価

よし

よしの感想・評価

-
0
初めてこんな長編ドラマ見た!
勉強に?なる?笑 
可愛くて強くて
さいっこうだなぁ
日課が終わって悲しい!!
もえ

もえの感想・評価

-
0
自分の失恋パーティに無理やり付き合わせて、やっぱ帰るわよってまじでウザすぎるだろ
こんな友達居なくて良かった
キャリーについては一生理解できんわ

スポーツドクターの彼もいいけど
俳優の卵もいいな〜
全シリーズ完走!

途中だれる部分もあったけど、
ああ恋愛ってこうだよね〜
もっと積極的に恋愛したいなあ気持ちになれる
ずっと変わらず同じ環境でぬくぬくしていたいって思う気持ちと、このまま惰性で流れに身を任せてしまっても良いのかなって不安になる気持ちと混在してて、突然アワワワってなる感じがもう〜ね。
でも変わらないで大丈夫って言ってくれる人がいるからこそ、変わる勇気を出せるからミランダみたいな存在って本当に大事だよね。
4人の生活をもう追えないって思うと本当に寂しいし、友達にすごく会いたくなった!!!
おさよ

おさよの感想・評価

5.0
0
シャーロット×ハリーのカップルが一番好き!外見の美しさに一番こだわっていたシャーロットが、理想とは違うハリーを選んで幸せになってるのがとってもよい。
シーズン5エピソード2のラストで、キャリーが本の献辞に〝愛を信じ続けるシャーロットに捧ぐ〟と書くシーンがお気に入りで、その言葉どおり最後までブレないシャーロットが大好き
ponysk

ponyskの感想・評価

4.0
0
何回も見てる。映画まで完走済。
最高。自分勝手すぎるキャリーは大嫌いだけど4人の友情はすごく好き。
大嫌いなキャリーも含め感情移入しちゃう。
ファッションが最高!パトリシアフィールド万歳!
1話30分もないし、シーズン6まであるけどサクッと見れる。
NY行きたい笑
satomin

satominの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

もともと大好きな海外ドラマの1つだったけれど、年齢を重ねるごとにさらに好きになった作品の1つ。

エピソード9で、
独身の主人公キャリーが既婚者の友人の出産パーティーに靴を脱いで参加したら、高価なマノロのヒールがなくなり「そんな高い靴を買う方がどうかしてる」みたいなことを言われ、後から電話で聞いても「あなた暇ね」と言われる始末。最終的には「わたしはわたしと結婚するの。だからお祝いにマノロを買って」となんとか弁償してもらうという内容なんだけれど、
そのラストシーンがよかった。

The fact is sometimes it's hard to walk in a single woman's shoes. That's why we need really special ones now and then to make a walk a little more fun.

和訳:シングルウーマンの道は平坦ではない
だから歩くのが楽しくなる特別な靴が必要なのだ

取り戻したマノロで颯爽と歩くキャリーの足取りの軽さと表情にこのセリフ、どれだけの独身女性を勇気づけてきたんだろう!って思ってしまった笑

結婚していることや子供がいることでマウントをとる人なんてわたしの周囲にはいないけれど、
いろんな社会的なプレッシャーを1人で受け止めて前に進まなきゃいけないんだから、
そりゃあ特別な靴くらい用意しないとね!って思ってしまった。

そしてマノロのHPを開いてしまうという。。。。。笑

こういう話が刺さるようになってしまったんだからわたしも正真正銘のアラサーなんだろうな!笑
F

Fの感想・評価

-
4
ちょっと何回もイライラもするけど、憧れるNYでこんなにたくさん恋愛して。終わってほしくないと切実思えるドラマ。
せい

せいの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

 終わり方がやはり良かった。不安になる要素と前向きな気持ちになれる要素がマッチしている。
 バーガーはかなり蛇足だったかな、と思う。最終シーズンではなく、もっと早めに出しておさらばしておいたほうが良かった気がする。
 ここからまた映画に繋がっていくのも、違和感がなくて良い。
 ただもっとドラマ版は続けてほしかった。叶わないだろうけど。
模造紙

模造紙の感想・評価

4.5
0
キャリーは嫌いだけど、周りのキャラクターが魅力的すぎるので最後まで見た。どちらにしても、この4人は永遠のファッションアイコン。
>|