HARUSUI

ダンダリン・労働基準監督官のHARUSUIのレビュー・感想・評価

ダンダリン・労働基準監督官(2013年製作のドラマ)
3.0
数年前、リアルタイムで観ました。当時、ミステリアスな主人公に魅力を感じ、ほぼ1話完結スッキリストーリーで大好きなドラマとなりました。最近、妙にこのドラマをもう一度観てみたいと思い、レンタル視聴いたしました。

やはり、スッキリですね。数年前の記憶では感情などないような主人公だと思っていましたが、段田凛さん、記憶しているより人間らしい人でした。感情もちゃんと表出していますね。

曲がったことは嫌い、空気も読まない、けれどもみんなが救われるように手を差し伸べる。労働基準監督官の主人公段田さん、最高です。
段田さんと一見、同じ人種にみえる指導係の南三条のクールさも素敵です。
土手山課長は総合的には良い人なんですが、現実にいたら、自分は近づきたくないです。離婚して1年、子供のことに躍起になるのはいいとして、元妻への執着は、ちょっと、イヤです。あとは言葉遣いも。単語と単語の間にオマエが入るのが気になって仕方ありません。過去観たときは気にならなかったのですが。今回は、初回からオマエ、オマエって。
社労士の胡桃沢、これまたイヤミな味を出してくれました。

今回数年ぶりに視聴して思ったことは、竹内結子さん、やはりキレイです。さらに上をいったのが賀来千香子さん。美しい。本当に。役もステキな感じでした。
トリンドル伶奈ちゃんもキュート。演技はもう少しという感じですが、ドラマに出始めて初々しい頃なので許せます。
やはり、バリバリ仕事をこなす人間って、見ていて魅力的です。
おもしろかったです。