半沢直樹 続編のドラマ情報・感想・評価

「半沢直樹 続編」に投稿された感想・評価

kanaaaaalice

kanaaaaaliceの感想・評価

4.8
0
『半沢直樹』は今回が初見。

2013年のシリーズを観ていなかったので

誰が誰?どの立場?どの役職?
と、知識が全く無かった私。
(しかも今回のシリーズの2話から観始めるという………)

感想はズバリ
面白いっっっ!!!!!!!



シリーズ1から勉強します。
ちびmovie

ちびmovieの感想・評価

3.3
0
歌舞伎役者さん多い印象🤣
前作は、ハマりました!
相変わらず1話から、疲れる物語展開🏢

続きがどうなるか。楽しみ。
はしもと

はしもとの感想・評価

5.0
0
ほんまに面白い。
息できへんくらい。終わった後、なぜか疲れちゃうくらい力が入る!
はぴふる

はぴふるの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

池井戸潤。また同じ内紛ドラマかー
もういいかなーと思ってて。

だいたい先が読めないようで読めるようなだし。

悪い人がいつも無茶苦茶悪くて、顔つきも動作も誇張し過ぎだし。正面からとらえると酷く醜いし。見たくないなーと。

善人と悪人がはっきりとしてて。
言葉も行動も、心の中の本音も、明確に違うように…

違うんだ!!
ということを描いている。


ピカソみたいだなーと思った。


感謝と恩返し!!\(^o^)/



強い男はかっこいいなー
たとえ世界を敵にまわしても
知恵と、愛と勇気と
チームワークで戦う。
未来の幸福のために。

先が楽しみになりました。
コロナに負けず
撮影できるといいなー
今回もむちゃくちゃで面白い。

コント度と歌舞伎度マシマシ。笑
顔芸と名言に溢れております。

ただ、こんな酷い会社アウトだわ。笑
ふか

ふかの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

おもろい。まじでおもろい。

1〜3話
全員のキャラが良すぎる。まじで全員の演技が好きすぎる。テンポ良すぎて見やすすぎるし。続きが気になる。半沢直樹こんなにおもろいんか。最高。
しばけん

しばけんの感想・評価

4.5
0
相変わらず面白さはピカイチですね。大和田の部下の演技がわざとらしすぎて正直なところあんまり好きじゃないけど内容がすごい面白い。毎週楽しみです
Omake

Omakeの感想・評価

-
0
これは現代の歌舞伎だと思った。

それにしても、ここで起こっていることは狂気の沙汰だ。出世を巡る個人的な恨みが元で、仕事上の決定をしていくなんて。

フィクションとはいえ、その論理が社会で通るとは思えない。今だったら背任行為だろう。それとも、これが日本人というものなんだろうか。

冷静さを欠いた派閥の争いのためにここまでお金や人事を尽くして周辺に損害を撒き散らしている人間模様を見ていて、ふと、これは第二次世界大戦の軍参謀本部で起こっていたことなのではないかと思った。日本人のDNA に刷り込まれていることなのかもと思うとゾッとする。
Kimuta

Kimutaの感想・評価

-
2
面白いは面白いが、コンプライアンスのかけらもない証券会社。もはや2流じゃ済まない。

ここはひとつ、私自身銀行傘下の証券にて投資銀行業に関わる一人としてリアルなコメントをさせていただこうと思う。

一つでも見つかれば首が飛んだり、あり得ない事象を今後以下に列挙していく。なお、法令違反となるだけでなく金融業界に戻ることすら許されない。あくまでフィクションであるとはいえ、auカブコム証券が監修とは頼りなさすぎる。投資銀行業務を持たない証券がどうやってこの内容を監修できるというんだろうか。。。


・居酒屋で顧客情報をベラベラと話すことはない
・社内全体でM&Aの案件を共有することはない
・銀行と証券で顧客情報をむやみやたらに共有することはない
・事前の通告なしに証券取引等監視委員会が乗り込んでくることはまずない
・仮に監視委員会が来たとしてもそれを事前に知った証券会社が情報を全て隠蔽しようとすることはあり得ない
・顧客の様子を写真に収めることはない
・立会時間中に資本関係の変更事象が起きて株価が上昇することがあるとすれば途端にストップ高となるだろうからドラマ中のようにじわじわ上がることはあり得ない
・銀行親会社がそもそも証券子会社を差し置いて自分で案件とることはないし、他社証券とタッグを組むことはあり得ない
・銀行の融資を通す稟議において、経済条件等を差し置いて私情を挟んで通すことはまずない
馮美梅

馮美梅の感想・評価

4.0
0
やっとこさ帰ってきました!半沢直樹。
前回、セントラル証券に出向となった半沢が今回も銀行の濃いメンバーにネチネチされながらも、奮闘するのが楽しみ。

兎に角、歌舞伎役者の皆様の濃い演技…
伊佐山を演じる猿之助さん曰く、自分の演技は中車さんに手取り足取りレクチャーしてもらっているらしい(笑)

新しいメンバーもさることながら、3話にはスピンオフで参加していた香坂(吉沢さん)して盛り上がりましたし、黒崎のオネエ度がさらにパワーアップしていましたよね。

毎回、ジェットコースターのごとく、観ているこちらはあっち振られ、こっち振られでハラハラドキドキ。まさにスーツを着た時代劇。1週間が待ち遠しいです♪
>|