仮面ライダーディケイドのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「仮面ライダーディケイド」に投稿された感想・評価

Rina

Rinaの感想・評価

3.5
0
色々なライダーが出てくるから毎回興奮してた。けどストーリーが難しくてよく分からなかった印象。
Soshi

Soshiの感想・評価

2.0
0
9つの世界、9つの自分、でも、
「ただいま」を言える自分は
一人もいない
taaaaaaa

taaaaaaaの感想・評価

3.8
0
オリキャスは出なくても、リデザインされたライダーの世界に毎週ワクワクしていたな。ネガの世界以降は失速だったけど。
かずあき

かずあきの感想・評価

3.1
0
過去作観ても観なくても脚本のクソさにもはや笑えてくる誰得な作品
制作段階で誰も脚本にツッコミ入れなかったのが不思議でならない
fubar

fubarの感想・評価

3.5
0
平成ライダー10周年記念作品
ゲーセンとのタイアップもコクから?
家にめっちゃカードあったぜ
まずライダーのデザインがカード…
ベルトとギミックは良いのだが…
ライバルまでさ…
主人公の声がアメザリだったけど
夏みかんがめっちゃ可愛かった!
ベルトもカードもたくさんあるよ〜
なお

なおの感想・評価

4.0
0
※過去鑑賞記録
自分が仮面ライダーにハマるきっかけになった作品。
「好きな平成ライダーは?」と聞かれて今作を答えると変なモノを見る目で見られるんですが、ディケイドがなければ今も仮面ライダーなんて絶対見てないと思うので。

頻繁に戦隊シリーズとコラボするようになったのもこの頃からなので、
「仮面ライダーとスーパー戦隊の作品という垣根の壁を壊した」という意味での破壊者だとも思ってます。
記念すべき平成仮面ライダー10作品目。
一言で表すなら「お祭りライダー」。

「リ・イマジネーション」という、本来の各作品とは別の設定の世界に行くというストーリーで、結構無茶苦茶な展開を地で行くので、それぞれの作品に思い入れがある人はちょっと憤りや悲しさを覚えるかもしれない。(特にクウガとか…)

主人公は「世界の破壊者」として各世界の垣根を越えて行くんだけど、この作品以降、それまで殆ど見られなかったライダー同士の共演も増えたので、そういう意味では重要な意味があるライダーなのかもしれない。
もとじめ

もとじめの感想・評価

4.0
0
最終回に納得できない勢だったけど
そもそもがループモノ作品なんだ説を見つけて納得した
作品じたいのノリとキャラクターたちは基本的には好き
子どもが変身するのはちょっとイヤかな
なんか…現実味ないやん?
現実ではないから、おかしいけども
そのあと、やたらと呼び出されるのでイヤなのかも
Amazon編とブラック編をやっちゃうから、平成~昭和もやるのか?って期待させるのがイケなかった
Amazonはなぁ…昭和の中でも、異色やぞ
遺影フォームは一周回って好き
久々に鑑賞して、ストーリーのめちゃくちゃさを再確認しました笑笑。

コンセプトはすごい良いのに、第1話の冒頭数分が1番良かった。。。

厨二病な門矢士は結構好き!

放送当時の結末の衝撃は一生忘れない。

しかも、映画の予告編が全部嘘っていうね笑笑。


本作にはループ説があるみたいですが、それでも複雑なストーリーです。
YOSHIEMON

YOSHIEMONの感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

なんでもアリのお祭りライダー!
平成ライダーの中で司が1番お気に入りのキャラ

これって無限ループなのかな?

白倉Pの意図していた事も分からなくは無いけどテレビ的には多分アウトだろ。

爪痕を残したという点では大勝利だと思う。令和ライダーもいるわけだし。

おのれディケイドーーーーー!