銭ゲバのドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

「銭ゲバ」に投稿された感想・評価

放送当時鑑賞
松山ケンイチをさらに好きになったドラマ
木南さんの顔にあざがあるお姉ちゃんの役が印象的
のうち

のうちの感想・評価

4.2
0
学生時代に最終回を見た記憶がずっと残っている思い出ドラマ。原作は放送後に読んだ
昔の漫画原作で放送当時でも古い感じはあったけど、普遍的なものはある気がする
ガジ

ガジの感想・評価

4.4
0
金に取り憑かれた男の悲しきドラマ

蒲郡風太郎は幼少期、貧乏すぎる日々を過ごしていた。母親は病気だったが、金がなく薬も買えなかった
父親は働かず、母親や風太郎にも暴力を振るいそのせいで風太郎は目に傷がついてしまう
母親は病気で亡くなり、金されあれば薬が買えたのにと思った風太郎は金を追い求める銭ゲバとなってしまい…といったストーリー

風太郎の成り上がりストーリーでもあるし、金が全てと思ったら幸せは金で買えないというメッセージも込められたドラマ
ちなみに最終話で風太郎が普通の幸せな人生を歩んだらといったifストーリーが流れるがそれで涙腺崩壊しました
今更ながら鑑賞しましたが、色々考えさせられましたね

最後に一言、茜ちゃん可愛すぎるだろ…!
小学生の時、土曜21時のドラマで見て強く記憶に残っている作品。初めて松ケンにハマった。

貧困による壮絶な人格形成期を送ったせいで金銭に取り憑かれ、身近な人間を残酷に死に追いやる主人公像は、(ゴリゴリの地上波ゴールデンタイムに放映したせいか)当時世間からバッシングされドラマはあっという間に打ち切られた。毎週目が離せなかったから凄く残念に感じたのを覚えている。

ジョージ秋山先生原作の漫画も読んだけど、こちらは更に過激。70年代のサンデーで相当問題作視されてたらしく、こちらも好きなのだが、少々現実離れしておりドラマ化するにあたってマイルドにして正解だったと思う。(それでも打ち切られたが)

大人になってから分かったのだが、放送時期の2009年はリーマンショック直後の派遣切りが社会問題となっており、その世相をフォーカスした内容として盛り込まれて(多少ドラマ的脚色はあれど)原作よりもかなりリアルを抉るテイストになっていた。

一切救いを見せない暗い演出や、エンディングのかりゆし58「さよなら」の哀愁、
主人公を破滅に追い込んだ、またはドラマを打ち切りに追い込んだ世間へのメッセージがたっぷりと込められた最終回のカメラ目線での説教など、忘れられない箇所がたくさんあって面白かった。

あと、今をときめく田中圭が出てるけど、すぐに殺された。この時は今みたいなキャラじゃなくて真面目に演技していた。
blackflag

blackflagの感想・評価

4.7
0
貧乏から大企業の社長に駆け上がり
お金で人を狂わせるドラマ

お金で人生狂わせまくってましたが、
ラストは普通の家庭だったらの世界線で
幸せとはって感じでした。

最終話手前の定食屋の家族が人生狂わせれたのが一番辛いです。

お金ってほんと大事…
これ地上波でやってたのか…
最後の言葉よく言えたな…
tam

tamの感想・評価

4.7
0
衝撃的だった。
10年以上経って漫画を読んだけど、ドラマのラスト忘れてしまいラストによってはまた評価変わりそうだからもう一回見たい。
はる

はるの感想・評価

-
0
小か中学生の頃にやってたドラマで結構印象深く記憶に残っている
松山ケンイチってこういう役合う
また観たいから他でもサブスク配信してほしい
ミシェル

ミシェルの感想・評価

4.0
0
令和に入ったよ

こういうふうに顎を引いてマイナスに不気味な松ケンがまだまだ観たいんじゃ
Tesoro

Tesoroの感想・評価

3.7
0
いやなんて言うんだろう、、、
面白かったけどクセがすごい!
特に最終9話は何を見てるんだろうと言う混乱すらあった。
yn

ynの感想・評価

4.0
0
松山ケンイチのドロドロ真っ黒な演技が最高だったよ、もう一回しっかりみたいです。
>|

あなたにおすすめの記事