Dr.コトー診療所2006のドラマ情報・感想・評価・動画配信

『Dr.コトー診療所2006』に投稿された感想・評価

悪杭

悪杭の感想・評価

-
0
’22.11.17(木) - 12.()
映画に向けての再放送に感謝!
season1や2004の回想や思わせる台詞が多々ある。

season2

#1 剛洋(富岡涼さん)の中学受験の合格発表と彩佳(柴咲コウさん)の東京での理学療法士の資格取得の勉強を... 、「彩佳さん」と言ったら100円罰金、彩佳の秘密とフェリーでの事件、島の新しい看護師のミナ(蒼井優さん)の登場、ミナのオドオドと彩佳のイライラ、「血を見て倒れるとは「和田さん(筧利夫さん)だってそうだったじゃないですか」シンクロカップラーメン、私立に行きたくない剛洋とお金は気にするなと言う剛利(時任三郎さん)、島の過疎、鳴海先生(堺雅人さん)からの電話と乳ガン、五島先生の気持ちと彩佳の気持ち、彩佳の決意と両者への思い、彩佳の本当の気持ち、「少年よ 大志を抱け」、剛洋の決意と五島先生の決意 ー「彼女も何かの縁があってここへ来たんだから 今は見守りましょう」

#2 彩佳の乳ガンと五島先生の思い、ミナと左千おじ(石橋蓮司さん)、五島先生とミナの会話と居場所、左千おじと薬の文字と火事、ミナの家族を亡くした過去、死にたいという左千おじの行動と彩佳の行動と強い言葉、五島先生の「生きて」という優しい言葉、彩佳の決意とミナに託した思いとノート、湯呑みと「誰の家建ててると思ってるんだ」、重さん(泉谷しげるさん)が帽子を下げたシーンと剛洋の入学式に現れた剛利のシーンはウルっと来る、白衣のボタンと御守り ー「(居場所が)ないように見えますか?」

#3 志木那島健康診断での五島先生贔屓でミナに並ばない島民、ミナとひな(尾崎由香さん)との絆を感じる行動、秘密の場所はあの場所だよね!、ひなの母小百合(神野三鈴さん)の言動とミナの悪い噂、島を愛するひなとひなの父信二(光石研さん)と島を出たい小百合、ひなの失踪と秘密の場所での怪我、ミナの決死のお願いと小百合の輸血、貝のブローチ、和田さんとアキレス腱、五島先生の粋な計らい、五島先生と彩佳の遠距離●●、剛洋からの絵葉書と... ー「ひなちゃんみたいな子が助からないわけありません」

#4 豊漁祭のフラッシュバック、正一(小林薫さん)の悩みと剛利の苦悩、重さんの言葉、未公開株の誘惑とお金が必要な剛利、妊娠と反抗期と流産未遂と生命の強さ、五島先生と正一、ダメだよ!剛利!、正一の気持ちと重さんの優しさ(言葉や態度は悪いが)、祭りに誘う昌代(朝加真由美さん)、手の平の28、正一の気づきと乾杯、剛利と新聞と詐欺、やっぱり重さんは優しい人だ ー「(赤ちゃんが産まれるって)凄いだろ!」

#5 剛洋の帰島と重さんやっぱりいいところ持っていく、茉莉子(大塚寧々さん)の剛洋への言葉と剛利の事故を知る... 、重さんと茉莉子の剛利への対応、正一と剛利、五島先生の往診をじっくりと見る剛洋の目がキラキラ、剛利と重さんとの取っ組み合いの喧嘩と重さんから五島先生への「どうしたらいいかな?」という救済の投げかけ、「虹が出たら(海が)しける」、真人(細田よしひこさん)の船が、荒れる海に飛び出す重さんと剛利、五島先生と剛利、原親子の会話と剛洋の決断 ー「お父さーんっ!」

#6 和田さんの完治に喜ぶ3人、島の奨学金、邦夫(春山幹介さん)の剛洋への嫉妬、「優等生ぶりやがって」、剛洋の戸惑い、茉莉子と邦夫の会話 2009ver. 、タバコと腹膜炎、邦夫の憧れと告白と農家になりたいという願い、五島先生と鳴海先生の定期連絡、剛利と重さん、重さんの気持ち「お前が陸に上がった姿なんて見たくねぇんだよっ!」、剛洋の決断と剛利の覚悟、あるサプライズと剛利の「すまねぇ」、剛洋の表情、五島先生の「おかえり」と微笑み ー「(夢の中で明おじ(今福將雄さん)が謝って来いって」

#7 思い悩む五島先生と彩佳からの謝罪、逆子、ゆかり(桜井幸子さん)の悪性の腫瘍、1歩踏み出した正一と妻のことで不安な孝(大森南朋さん)、転移と治らない病、孝の感情が... 、絵本と現状況が... 、お腹が大きい春江(高橋史子さん)の言葉とゆかりの娘千賀(畠山彩奈さん)の言葉、千賀の夢はお母さんに絵本を読み聞かせすること、努(船木誠勝さん)の鬼の形相と春江の気張った表情、ゆかりの願いと千賀出産時に抱かせてもらえなかった思い出、「春江さん おめでとう」、ゆかりの気持ちの変化、涙無しでは見ることが出来ない話と知った命の重さ、生きたいという願いが大事、剛利の疑問と五島先生の気持ち ー「お母さん 泣いたらダメだよ」

#8 スーパージェッター、「癌はいつになれば... 、ちちんぷいぷいっと、抗がん剤の辛さと家に戻る決断と写真、病気に感謝、奇跡と家族のような存在、今が一番生きていると感じる、「医療の常識なんて覆したらええじゃないですか」、ゆかりと孝からの嘆願、「転移が... 」、すいませんと千賀のために、五島先生と剛利、ミナを探す怪しい電話、魔法使い ー「全てが愛おしい」

#9 ミナの夫知明(忍成修吾さん)の来島、忍成さんといえばクズ男のイメージだが... 、病気?嘘?、夫からのDV?、彼から殺されると思い逃げてきた、離婚届と暴力、知明が突然倒れ... 、ミナの更なる覚醒か?、五島先生とミナ「なぜあの人を助けたんでしょう?」、自分は弱い人間と強い人間はいない、ミナの家は星野家、茉莉子とミナ(茉莉子はいい所で絶対出てくる)、ミナと知明「あなたの思う家族とは?」、「別れて下さい」、和田さんの男気、五島先生の言葉「この島にいるべきではない」「心の病を治すのは... 」「自分自身と向き合い 自分自身と戦って下さい」、帰る場所があるという幸せ、「おったらええ」、ミナに来て欲しい、ラブレターと手術の日と手紙 ー「僕もこの島にやり直しに来たんです まだまだ途中ですけど」

#10 正一の彩佳への気持ち、命と多少の後遺症、看護師としてこれからもできるのか?、重さんの正一への気持ち、正一は彩佳に会いに東京へ、10年後の生存率は7割8割、「もうほおっておいてよ」、「そんなことができるかぁーっ!」、「バカね 彩佳」、五島先生の後悔、朝早くの五島先生と正一、正一の鳴海先生へのどこかにある違和感、彩佳の前向きになろうという気持ち、「だから行くんじゃないのか?」、熱くなる五島先生と冷静な鳴海先生、星野夫婦からのお願い、剛利の船と五島先生、重さんと茉莉子のシーンは最高、三上先生(山崎樹範さん)登場、剛利からのお願い、「もう後悔はしません」、やっぱり船酔い... 、「僕はこんな綺麗な島に住んでいたんですね」、島のみんなの思い、「大丈夫ですよ!」、「僕が何度でも」、「僕が彩佳さんの側にいますから」、「僕に手術をさせて下さい」、サンタさんみたい ー「命だけは助かって欲しい」「彩佳の側にいて お願いします」

#11 「オペにだけ集中しろ!」、「優秀な医者は患者に特別な感情を入れてはいけない」、「偽善だ!患者と家族(島のみんなと家族同様だと言う五島)になり得ない!なってはいけない」、「先生はやっぱりサンタでした こんな嬉しいクリスマスプレゼントはありません」
オペ時のわらじ、五島の母沙知子(宮本信子さん)との電話と雪(あくまで個人的希望は伯父さん出てこないかな?会話でちょっと触れるだけでも良かったんだけど... それで満足なんだが... )、五島先生と彩佳の握手、「奇跡が起こるかもしれない 絶対はないと思います」と言った五島先生の言葉、島民と五島先生の関係と「おかえり」、あの志木那島の写真集(カレンダー)、初日の出の誘い時の2人の表情、あと諸々... 沁みた! ー「また会える日をこの島で待ってます」
熱帯魚

熱帯魚の感想・評価

5.0
0
素晴らしい!!😭
島のみんなが大好き!!
映画公開日が待ち遠しいです!!
親戚気分で「あらー、あやかちゃん2年見ないうちにすっかり大人っぽくなっちゃってー🤭」っていうのが第一印象!
剛洋も声変わりしてるし。

コトー先生もだけど、ナースも和田さんも、島中の人間の命の手網を握ってるって、すごいプレッシャーだよな…💦

蒼井優ちゃん、可愛いけどナースとしては本当にこの先不安だよね…💦そういう意味でとても良いキャラだと思う!

【第6話まで見て】
第1シーズンは、「他の医師がいない・設備も少ない離島で、孤軍奮闘する医師」がメインだったけど、
第2シーズンでは離島で生きる人々の群像劇のようになっている。原剛利・剛洋親子なんて、医療とは関係ないけど、やっぱり応援したくなる。漁協のみんなが力を合わせて応援する姿に胸が熱くなった。
その中で、結構重たい病気が多数見つかり、重苦しい空気が漂っている。
「痛快!」とまではいかなくていいから、もっとほっとしたりあったかくなったりするところが見たいな…。
重くて暗くて、見るのを躊躇ってしまう。
進学、家庭環境の変化、生死を伴う大病等、前シリーズよりも抱える問題がシリアスになるような展開が多い本作でしたが、島民の変わらぬ慈愛や診療所の献身的姿勢は変わらず島に存在しており暖かい気持ちになれる作品でした。
映画が早く楽しみです。
蒼井優がかわいすぎて島の移住を検討してしまいました、
タキ

タキの感想・評価

3.6
0
第二シーズンでは、人間(家族)と医者という相反する立場をどう乗り越えるか、「医者とはなんなのか」を問うというのが最大の山場であった。医者の見立てではどう考えても治りそうもないのに驚異の回復を遂げた患者に対して、普通なら自分の手柄にしそうなところを「死の宣告」をしてしまったと謝罪するシーンがコトー先生らしい家族、医者、そのどちらにも寄らない解答だったように思う。
原親子の危なっかしいエピソードも島の人たちの善意でなんとかなった。島に帰ってくる前提の奨学金だと思うが、それも剛洋にとってはなかなかの重圧。あれから彼の成績は上がったのだろうか。
コトー先生と彩佳、和田さんとミナ、剛洋は果たして医者になれたのか。その後につながるであろう映画のトレイラーが何度も流れてまんまと策略にハマっている。
さくぞー

さくぞーの感想・評価

3.9
0
声で分かる堺雅人。
島だからこそ、病魔が馴染んだキャラクターに襲いかかってくる悲しさ。
碧

碧の感想・評価

4.5
0
『川っペリムコリッタ』で今頃吉岡秀隆さんにツボり、映画公開もあるため見たことなかったコトー先生シリーズ過去作全て再放送にて視聴完了。

20年近く前のドラマなのに、今見ても素晴らしく見応えがあったことに驚き。

ただ映画の予告流しすぎてて、ちょっと展開読めてしまうのがとても残念。
…観ますけど。
彩佳は両親にも秘密で乳がんの治療のため島を離れる。そして代わりの看護師みながやって来る。

みな役は蒼井優、彩佳の担当医師は堺雅人で重要な登場人物。

剛洋は東京の私立中学に合格し、父の剛利はいろいろあって島に戻る。コトー先生は医療だけでなく島民の相談相手になっている。

劇場版はシーズン2から16年後、主要キャストは続投。見たくて仕方がない。
第一シリーズから変わらない島民たちが観れて嬉しい。
声変わりをしたさて少し逞しくなった剛洋も、新しい看護婦のミナもみんなが愛おしい。

コトー先生の優しい眼差しと、最高の島民たちに早く劇場でまた会いたい。
2004年のスペシャルからこの2006年のシリーズまでは、
朝加真由美さんの好演なくしては語れません。

このテレビシリーズの裏テーマ、コトー先生と母親の物語は
コトー先生と昌代さんの間で綴られてきました。
吉岡秀隆さんと朝加真由美さんの演技に注目してみてもらいたいです。

そして、2022年末に続編の映画が公開されます。
楽しみに待ちたいと思います。
>|

あなたにおすすめの記事