マリオ~AIのゆくえ~のドラマ情報・感想・評価・動画配信

マリオ~AIのゆくえ~2018年製作のドラマ)

公開日:2018年10月13日

製作国:

再生時間:89分

3.7

「マリオ~AIのゆくえ~」に投稿された感想・評価

ドラツー

ドラツーの感想・評価

4.0
0
撮り溜め消化でテレビドラマだと鷹を括って見始めたら、内容は映画並みのクオリティでなかなよく出来た作品でした。キャストも良かった。西島さんはホント適役。しかし、いくらなんでも警察が一般市民それも高校生を盾に取るかな!これは許せない!あといじめたかりの高校生3人にもっとキツい罰を与えないとスッキリしないなぁ。
え

えの感想・評価

-
0
AIの話ってやっぱり苦手だしあんまり心が動かない
西島さんは素敵〜
サナデ

サナデの感想・評価

4.8
0
西島さん目当てで見ましたが、ストーリーも映像も映画並みでめちゃくちゃ良かったです。
マリオが至くんと出会って人間を理解し人間らしくなってゆく過程も丁寧で良かったですし、至くんの成長や心境の変化もあり、二人の友情が末永く続けば良いなと思いました。
Mrsフロイ

Mrsフロイの感想・評価

3.8
0
AIとは『Artificial intelligence』の略語。その人工知能を植物状態の警官の頭に移植するというオリジナルSFストーリー。

似たようなハリウッド作品は過去に多々あったように思う。
その中でもスピルバーグ監督の『A.I』(2001年)に趣きが似ている。
どちらも少年が鍵になる。
スピルバーグ監督作品は永遠の命が強く打ち出され、其れが強烈なインパクトのラストの終焉となる。

こちら日本版AIは、永遠の暗い深淵は避けてほの明るい未来をみせて、如何にもなJAPANクオリティに終始する。
マリオを生み出した博士は煩悩について説き、悟りをAIに教え込む。
AI警官の導入に強く反発する現場の捜査官北村有起哉が覗かせるダークサイドが、今少し見てみたかった。

余談
シニア向けパソコンサロンで、siriに初めて話しかけたお婆ちゃん。
「はじめまして、お元気ですか」
siri …
siri「それなりに(-_-;)」
明日美

明日美の感想・評価

3.7
0
キャスト良くて、面白かった!AIと人間のことについて良く分かって、マリオがこんなにも人間らしくなると最強だなと思った。ネットの中に戻った姿は、なんか残念。
死んだ警官の脳にAIをインストールするという特番SFドラマ

NHKでたまたまタイトルと西島さんに惹かれて見たら出演者も豪華だし内容もシンプルに面白くてびっくりした。映画かよ。生瀬さんなんてほぼセリフなしの数分しか出てなかった。
JIN

JINの感想・評価

3.5
0
AIを死んだ人間にインストールしてみたらどうなるか?
自ずと「人間らしさとは何か?」ということに向き合うことにもなるので、なかなか興味深かった。
やはりキーとなるのは感情や欲望であり、そこからくる様々な矛盾と不合理が人間の面白さなのかも?という。
AIというより人間が生きていく意味を改めて考えることができるドラマなのかな。
ターミネータ2を思い出した。
魅蛇化

魅蛇化の感想・評価

3.5
0
ここの所、西島秀俊ばかり見ている気がする。
好きだから良いけど。

そのせいか、役柄が凄く重たく感じてしまたった。
MitsuhiroTani

MitsuhiroTaniの感想・評価

3.6
0
もっと、AIっぽいネタの宝庫かなと思ったが、技術より心の話題が中心だった。
ユキピタス社会という言葉が出始めて早十年。まさに隔世の感があるな。
>|