きしだギレンホール

ウルトラセブンのきしだギレンホールのレビュー・感想・評価

ウルトラセブン(1967年製作のドラマ)
4.0
これは比較的最近見直した。やはりテンポの鈍重さは若干引っかかるものの、初代とは全く異なる冴えた雰囲気がたまらない。ベストは『侵略する死者たち』。ウルトラセブンがコップに閉じ込められて覗き込まれる画に感動した。あとゴーロン星人の死骸は未だにトラウマ。