王女未央-BIOU-のネタバレ・内容・結末

「王女未央-BIOU-」に投稿されたネタバレ・内容・結末

2020/12/22 netflix ★★☆☆☆ 全54話で24話目まで見ていったん中断。再開して都築を見るかどうかは微妙なところ。
 あらすじ1⃣︰❶ジャイアント・キリングである&❷下剋上である&❸群雄割拠である中国の南北朝時代❢❢。❝北涼の国❞で唯1人の公主である【本來の意味︰お媛樣】,❝馮心児≒ふう・しんじ❞は,数多の民百姓の人々たちに寵愛されながら,幸せの絶頂期にあった&幸せに過ごしていた❢❢。しかしある時を境にしながら,1夜のうちに❝北魏の国❞である李敏峰たちの&叱雲南たちの張り巡らせた陰謀により,西曆439年に❝北涼の国❞は滅亡,馮心児だけが生き殘り&馮心児だけが生き延びて,馮心児の父親とお祖母さんを亡くす❢❢。彼女は追っ手から迯れる最中で&追手を躱す最中で,北魏尚書府の妾腹の娘である,❝李未央≒り・びおう❞によって救け出されるのだったが,李未央自身は追っ手に致命傷であるトドメを刺されて生命を落とした❢❢。そこで馮心児は,不慮の死を遂げた李未央に成り濟まして&非業の死を遂げた李未央に成り濟まして❝尚書府❞ヘと入り込む❢❢。尚書府では樣々な,権謀術策や権謀術数が渦巻く❢❢。そんな最中で,太武帝の皇太孫である❝拓跋濬【たくばつ・しゅん】❞や,太武帝の末子である❝拓跋余【たくばつ・よ】❞たちは,勇猛果斷で正義感が強い&勇猛果敢で正義感が強い李未央に,なぜかしら惹き付けられていく❢❢。皇太子たちの&皇子たちの争いに巻き込まれながらも,仇敵の渦中で李未央として生きる馮心児の心中や如何に&運命や如何に❢❢。
 みどころ1⃣︰〈たとえすべてを奪われたとしても,心だけは私のもの〉❢❢。ティファニー・タン【唐嫣】✖ヴァネス・ウー【呉建豪】✖ルオ・ジン【羅晋】の豪華俳優陣の共演で贈る,復讐と欲望と男女の愛のトライアングル・ラブストーリー&男女の愛と復讐と欲望の3角関係❢❢。中国の❝南北朝時代❢❢❞。亡国である王女が一族郞党たちを殺された復讐を果たすべく,敵国の宮廷へと入り込んで,やがてすべて❝皇后の座❞を勝ち取る❢❢。『何以笙簫黙〜マイ・サンシャイン〜』で『現代テレビドラマ部門 最優秀女優賞』を受賞した,嫣唐さんが≒ティファニー・タンさんが,復讐に身を委ねる亡国の王女を熱演します❢❢。
 みどころ2⃣︰彼女に強く惹かれていく2人の皇子を『三国志〜THREE KINGDOMS〜』の羅晋【ルオ・ジン】と,『流星花園〜花より男子~』の呉建豪【ヴァネス・ウー】が演じて,豪華俳優陣で描かれるトライアングル・ラブも大きな話題となった&三角関係も大きな話題となった❢❢。復讐と欲望と男女の愛❢❢。運命の齒車に巻き込まれていく3人の究極の愛の行方は,如何に❢❢。
 みどころ3⃣︰舞台背景は&時代背景は,❝北魏と南宋❞がお互いにしのぎを削って勢力を伸ばそうとしている,今現在から1578年前の中華人民共和国での,ジャイアントキリングの&下剋上の&群雄割拠の,西曆442年『南北朝時代【西曆289年〜西曆589年】』において❢❢。北涼の国にて,王女が誕生する【後の北魏国の文成帝の妻である,文成文明皇后】❢❢。❝不死鳥の瞳&鳳凰の瞳❞を持つ王女である『馮心児≒ふう・しんじ』は,紅蓮の炎にその身を焦がれて&紅蓮の炎にその身を燒かれて生まれ変わりの運命そのものと宿命そのものを信じていた……。15︰29〜16︰30にかけて,❶BS−11イレブンにおいて&❷日本BS放送において,放送いたします【全54話】❢❢。
主人公の愛が結ばれて本当によかった!
愛が眩しすぎて、ラブシーンで泣いちゃうシーンもありました、、。
最終話では、拓跋俊が死ぬというバッドエンドを迎えますが、リアルではルオ・ジンさんとティファニー・タンさんが結婚、妊娠されているので2人の幸せを見るとドラマの分までどうか幸せになってほしいです。

悪役の背景をみると憎むに憎めない人ばかりで、苦しい思いになりました。