ケイゾク/特別篇 ~死を契約する呪いの樹のドラマ情報・感想・評価

「ケイゾク/特別篇 ~死を契約する呪いの樹」に投稿された感想・評価

かなた

かなたの感想・評価

4.0
0
またいつものドタバタが戻ってきて嬉しい。
やっぱり死体とか演出の規制が今より緩いからか割とグロい。
最終回から引き続いて、柴田が記憶喪失でという全体的に重めな空気感が漂う中、新しく入ってきた生瀬勝久のコメディリリーフさにかなり助けられる。少し鬱陶しいが、笑。
間の抜けた感じと聡明さがいいバランスの柴田がやっぱり見もので、物語には決着をつけなきゃいけないので朝倉絡みのこともあるのだけど、そこはおまけに感じてしまいました。
この特別編の最もいいところ、木戸彩役の鈴木紗理奈。生瀬勝久が間違った推理をしたり柴田が本領を発揮したりみんなに一泡吹かせるような場面で、ニヤッと笑うところがものすごくよかった。
口には出さない信頼感、ドラマ版で築き上げた友情感というのが見て取れて、うわ〜〜〜良い〜〜〜!と思わずなってしまった。
最後、映画版はどうなるんだろうか。どう決着をつけてくるのか。終わってしまうことに寂しさも感じるが。
トクフミ

トクフミの感想・評価

3.8
0
真山さん.....
ギャグじゃ無しに純粋にドリーズームができた良き時代
Dー

Dーの感想・評価

4.5
0
新キャラの生瀬さん演じる遠山は朝倉側かなぁとか思って見てたから、終わってひと安心。いいキャラだな。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.6
0
事件捜査中、銃弾を受けて昏睡状態だった柴田純(中谷美紀)が8カ月後ようやく目を覚ます。一時心臓が停止したため脳に障害を負い、警察官時代の記憶を失っていた。その頃、真山(渡部篤郎)は街の雑踏の中で、「ゲームを再開する」というメッセージを朝倉(高木将大)から受け取る。
回復した柴田は八王子西署の署長に就任。初出勤途中に交番で「呪いの樹に呪いをかけて人を殺した」と訴える女子高生・美咲(木内晶子)に出会う。伏舟神社の神木に殺してほしい人の名前を彫ると7日以内にその人は死に至るという噂があり、美咲が元恋人・金子の名を書き込んだら、本当に事故で死んだというのだ。その話に興味を持った柴田は早速神社に直行、神木に刻まれたその他の名前の人物について捜査を始める。
「ケイゾク」スペシャルドラマ。
記憶喪失になり天然がパワーアップした柴田のボケぶり、勝手に柴田をライバル視する京大出身のキャリア警部遠山金太郎が笑いどころのコメディタッチだが、クライマックスの柴田の謎解き、犯人の身勝手な動機にぶちギレる真山、朝倉が仕掛けた血まみれなフィナーレのビターな後味はやはり「ケイゾク」らしさが出ているサスペンスコメディドラマ。
る

るの感想・評価

4.9
0
真山のブチギレはなんだか恐怖を感じた

真山と柴田のコンビ好き
久しぶりに見返したいと思ったら、家で契約してる配信サービスでは、どこも観られなくなっていてガッカリ😖⤵
えの一

えの一の感想・評価

4.1
0
これ結構面白かったのよ!
内容覚えてないけど結構面白かったことは覚えてる
まーくん

まーくんの感想・評価

4.5
0
連ドラ終了9ヵ月後に放送したスペシャルドラマ。
SICK’Sをレンタル視聴する前に約20年振りに視聴。
「出て来いよぅ、朝倉ぁ!」と、真山の朝倉を挑発して逆に不良の朝倉に絡まれるシーン良き!
終盤に真山が激ギレするシーンのパイプ椅子投げるとこはアドリブで、中谷さんが恐怖を感じたというエピソード思い出した。
ラストの血まみれシーンは今は放送出来ないだろう。
アァ、サァ、クゥ、ラァァ…
岸ヰ了

岸ヰ了の感想・評価

-
0
「特別篇」をちゃんと観たの、十五年ぶりくらいかも。遠山金太郎のパートは殆ど「プレ・矢部謙三」って感じだったなぁ。前原一輝さんもいい役で出てたし。次は「映画」だ。