海に降るのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「海に降る」に投稿された感想・評価

Thomas

Thomasの感想・評価

3.8
0
JAXA関連のドラマや映画は数多くあるが、JAMSTECが題材は物珍しく鑑賞。
ドラマ鑑賞前後にはHPもしっかりアクセスし色々とリサーチ。
ドラマ自体は前半4話で有村架純演じる深雪の父の死の真相を追うサスペンス要素があり、残り2話で「深海の宇宙」を追い求めるロマンがありと多角的に楽しめた。
有村架純は透明感とクラスに一人いそうな素人美女感に魅入ってしまった。
エンケンさんも素晴らしかった。
一気見!
深海ものって、何故か心動かされる。5話まで見て、あと一話で本当に終わるのかと心配したが、最後は感動できて良かった。
最後の最後、本当のJAMSTECとJAXAの人が聴衆の前で語るシーンは、科学への愛を感じる。
づっか

づっかの感想・評価

3.5
0
有村架純目当てで鑑賞
後半から面白くなってきた
みんなで深海の宇宙を調べあったりしてるシーンよかったわw
みゆきち

みゆきちの感想・評価

3.6
0
まとめて放送してたので録画して見た。
有村架純ちゃん出てる!

主人公の深雪は海洋開発研究機構(JAMSTEC)の有人潜水調査船「しんかい6500(通称6K)」の運行チーム所属。父親も同じく6Kチームに所属し研究者だったのだが、深雪が中学生の頃病で他界。父親の探していた「深海の宇宙」を探すため6Kのパイロットを目指した。

ある時、深雪はJAMSTEC初の女性パイロットとしてマスコミにも大々的に取り上げられ初潜航を迎える。しかしその日、亡き父親のロッカーからあるビデオテープを発見し、それが元でパニックを起こし初潜航は中止となってしまう…


はじめは深海の宇宙を探す研究ドラマなんかなぁとおもいきや、1話目終わったら急に「ビデオテープの謎」を解く感じになっていき、えっ?サスペンス的な感じ?と戸惑った。単純な研究ドラマじゃないのね~。

皆さんの「偏屈」っていう時のイントネーションが???ってなった。正しい偏屈はどういう音なのだろう…

潜水調査船ってあるのか~、というかあるのはわかってても見たこと無いし、どんなことしてるのかも分かんなかったので、そこはすごく面白かった。そして深海での作業にとてもリスクがあるのもわかった。
こういう地道な研究は絶対必要なのに予算減らされるの辛すぎるッ。一番じゃなくても地道な研究は必要なんだよな~。そういうところににも注目しながら鑑賞。
最後の方は南海トラフとか興味を持つものがちょいちょい出てきて興味深い。ただ、有人と無人の違い、有人潜水艇が必要なのがそこまでわからんかった。研究者としては直接研究対象見れるのはイイんだろうけど、リスク(潜水艇が危ないと言う意味ではない)あるなら無人でもいけんじゃね?とは思っちゃって。

まぁおもしろかったけど全体的にテンポ的にはゆったり進むので、ちょっと間延びするところもあるかな。
おにたん

おにたんの感想・評価

3.0
0
テンポが悪くとても退屈なドラマでした。
途中で携帯を見てしまうドラマはダメですね。
Ryou

Ryouの感想・評価

3.5
0
意外と見応えあって
なかなかに面白かった

有村架純はもちろん良かったけど
時任三郎 板谷由夏 筒井道隆 高橋和也 遠藤憲一など
脇のベテランキャストの顔ぶれの良さ
石田卓也もやっぱり良かった
最近すっかり見なくなったと思ってたら
俳優業休止してたんだね
yuwki

yuwkiの感想・評価

3.2
0
WOWOW の一気見放送。
深海探索のリアルと神秘。
中々に良い作品っ👏👏👏
し

しの感想・評価

-
0
最終話になってようやく気がついたけど、
宇宙のなかに地球があって地球の中の海の奥底に深海がある。

研究って必ずしも成果が出せるとは限らないし有益かもわからん。政治とかに巻き込まれずじっくりと探索していってほしいなあ…と一般人はおもいます🤗

ダイビングしてて思うけど海の中って(あくまでも人間にとって)ほんとに並行宇宙。

謎がとけるのもおもしろいけど未知であるからこそおもしろくもあるよねえ!ワクワク!!

ドラマとして見たけど、なかなか面白く見応えあった!!
WOWOWのドラマはいつも見応えあるしキャストもよい👏
工藤篤志

工藤篤志の感想・評価

3.4
0
海のように、BGMのクラシックのように、じっくりゆったりとしたドラマ。
ちょび

ちょびの感想・評価

4.5
0
海洋研究機構で潜水艦のパイロットとして働く深雪(有村架純さん)。
その背景にはかつて同じ潜水艦のパイロットで潜航で亡くなった父が見たという「深海の宇宙」の存在がある。
だが「深海の宇宙」は科学的に証明されておらず、見たという人も他にいない。
深海の宇宙とは一体何なのか、そして父はなぜ亡くなったのか…。

有川浩さんの自衛隊三部作を彷彿させるような内容で、個人的にすごく好きだった。
深海にはまだまだ知らないことが沢山あるし、見たこともないような生物が沢山いるんだろうなぁって思った。

あと、深雪と偏屈のプラトニックな関係がめちゃめちゃ良かった。逆にこういうのの方がキュンとする!

ただ、政治家たちの行動、発言、もう終始むかむかした。
作者は政治家に恨みでもあるんか?と思うほど悪役にされてて笑ってしまう。いや、政治家なんてこんなものなのか?
まぁ中には本気で世のため人の為に頑張る政治家もいると思うけどね。

というわけで★4.5
>|

あなたにおすすめの記事