パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件のネタバレ・内容・結末

パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件2020年製作のドラマ)

公開日: 2020年03月07日

製作国:

3.8

「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

小説を読んだ身からすると、全体的に荒削り感があった。
生活保護は誰もが受ける権利があるし、受ける日が来ないとは言い切れないし、考えさせられるドラマだった。ケースワーカーという仕事を知る良い機会でもあった。
ドラマ版の聡美はもう少し反省すべき。
本当のことを話したり、真面目にやっていても後悔することも多いが、やれるだけやってみるものだなと思った。
橋本愛・・・良き!!


ストーリーとしては気になる所がいくつか
あったけど
前向きに終わったからいいかなぁ。

そもそも薄給でヘビーな仕事で
闇落ちしていくかと思ったらミステリーだった。

和田正人の時計はなんだったんだろう・・・口止め料とか?うーん。
お給料少ない中でやりがいを見つけるのはいいことかもだけど薄給すぎて引いたわ。

北村さんも松本まりかも最高でした。
毎週土曜日22:00放送。WOWOW連続ドラマWシリーズ

生活保護や不正受給をテーマに隠蔽や汚職、殺人の要素をちりばめた社会派ヒューマンミステリー。

ひとつひとつの間を大切に映す事により、緊迫感と説得力が生み出されこのドラマに深みを与えている。ミスリードの回収も悪くない。
地上波でこのドラマを放送するのは難しいだろうな、テーマは重いし、雰囲気も終始暗く、深夜枠だと一話一時間はちと長い。

市役所にて、生活保護を受けれない路上生活者が突然ナイフをとり出す前後の緊張感は素晴らしかった。たわいもない日常に突然、ふっと現れる死の気配。
あっ、わたし死ぬかも。

パレートの法則を誤解される事自体が、パレートの誤算であったのではと、ラスト、公園のベンチにて橋本愛さんがこのドラマをまとめてくれますので、隣に座ってるまっすーに憑依してお話を聞きましょう。ここ大事な場面でっせ!

市役所に正規採用される事が決まり、コロッケ屋に嬉々として報告に行く橋本愛さん。このシーンでクランクアップと言わんばかりの自然な笑顔が逆に気になったような?その後意気揚々とけっこうな速度でママチャリを立ち漕ぎしエンディングへと向かう橋本愛さん。もちろん自転車保険、入ってますよね、?役柄の為にあえてモッサい髪型なのも含め終始魅力的だった。

光あるところに影はある。光がある限り闇は決して無くならないという事を、現代社会に照らし合わせ最後まで貫いていたところはブレ無いし、このテーマに沿ってリアルに描かれていた。
まぁ今更それ言われてもね、てとこはあるけど。それが現実だから仕方ないね!

そういや西田尚美さんがお母さん役で出てたなぁ、いくつ?、てかえ!?50歳て嘘やろ!?若すぎ!!
社会派ミステリーヒューマンドラマ?って感じ?

最初題材が地味だなぁと思ったけど(ごめんなさい)事件が起きて色々な謎もあり、ハラハラさせる要素もあり…

割と話の幅が広かったけど、テンポ良くまとまってて、毎回面白く見られた!

最後、パレートの誤算というタイトルの意味がわかるところも良い。


生活保護とかケースワーカーのお仕事についてみんなしっかり考えていかないとな…とも思わされました。
この作品を見るためにWOWOWを契約した。

"パレートの誤算“タイトルが良い。

正直、生活保護について今まで興味関心がなかったので、お金に困っている人が、国やら市からお金をもらっているといった薄く、浅い情報しか知らなかった。

受給される流れや、どのくらいの人がどのくらいの額をもらっているのか、このドラマを見て知った。どこまでが本当の話かはわからないが、自分の知識のためにも観てよかったと感じた作品である。


金田役の那須くんがとてもかっこよい。誰でも闇落ちしてしまう可能性があることに改めて気付かされた。

野球少年が不良に闇落ちしたのかと思いきや、最後まで良い人だっただけに、殺されてしまい残念に思った。
4話の聡美が学生時代のシーンで、金田が聡美にあっちへ行けと目配せと身振りで、追い払うシーンで、金田を好きになった視聴は多いであろう。聡美が約束を守っていれば、、!聡美め、、。と思ってしまった。金田は聡美が殺したようなものである。金田を好きになりつつあったので、主人公に怒りを感じたのは初めての経験であった。彼はなぜあのジャージしか持っていないのだろうかと気になったが、逃げているからなのだろうか。彼がなぜ殺されたのかなど、彼の背景をもっと知りたいので、次回の最終話で深く掘り下げたシーンがあることに期待している。

正直、金田役の那須くんの滑舌が少々気になったが、(ドラマの後のエピソードトーク含め)アクションなどはばっちり決まっており、ドラマ初出演を感じさせなかった。彼の今後に期待したくなった。


社会派ドラマは重そうな印象があったため、観やすかった。まだ最終話を迎えていないが、キャスティング、ストーリー、映像全て総合してとても良い作品だった。
映画のような撮り方で綺麗。WOWOWのドラマなので仕方がないが話数が少なく、残念。もっと観たかった。


原作も読もうと思った。とにかく金田役の那須くんがとてもかっこよかった。
1話〜3話↓

ドラマというより映画っぽい感じ。

受給者とケースワーカーの関係性が1話で深く描かれている。

1話の最後で突然の火事。

山川亨(和田正人)の良さの裏に隠された秘密。
誰が彼を殺したのか。
なぜ暴力団についての記載がないのか。
そして彼が安西佳子(松本まりか)の家に何度も時には長時間訪れていた理由。

1話中盤まではそれほど興味をそそられなかったが、後半からミステリーみが強くなり面白くなってきた。

牧野聡美(橋本愛)、特に小野寺淳一(増田貴久)のケースワーカーとしての成長も期待したい。