金田一耕助登場!のドラマ情報・感想・評価

「金田一耕助登場!」に投稿された感想・評価

Michi

Michiの感想・評価

4.5
0
最初、なんかセリフ棒読み?とか思ってたけれどだんだん世界観に引き込まれて
夢中で観てました
キャスティングのセンスが良すぎ
芸人さんたち、あの世界観で
妙な色気がでてて、素晴らしいとしか思えなかった
コムアイと柳俊太郎がヤバってなった
KiyoTachibana

KiyoTachibanaの感想・評価

3.8
0
最初、池松くん、金田一?
と思ったけど…ただの金田一では
無かった。。
想像以上に、金田一合ってた。
ねまる

ねまるの感想・評価

3.5
2
セットも衣装も小道具も、
コンパクトなんだけど、凝っていて、
一気に作品の世界へと誘う。
その視覚的衝撃的と、
落ち着いた俳優陣のナレーションとのバランスが面白くて、
圧倒的な個性を感じる。

その強い個性の演出に対しても、
必ず適応して、金田一になる池松壮亮はやっぱりさすがだよなぁと。
日本は池松壮亮を上手く演出出来ていないんじゃないかと思うけど、彼はすごく仕事を選んでいるね。

芸人さんたちの使い方がまた面白くて、キャスティングセンスが凄い。
永野にゆってぃ、って目を疑います。鳥居みゆきは美人なのであのメイクしてないと分からないね。
一方で福島リラの活かし方とか、柳俊太郎の起用とか、適材適所な配置で、誰が出て来るのかだけでもワクワクしちゃう。

NHKでは池松壮亮×金田一のほかに、
満島ひかり×江戸川乱歩もやっているらしい。
そっちも気になるね。
だいすけ

だいすけの感想・評価

3.5
0
この独特の演出と、脚本の匙加減が上手いな。あまりやると飽きそうなんで、三話くらいが丁度良いかも。
chaco

chacoの感想・評価

3.0
0
本を読んでる感じ。
満島ひかりの明智小五郎のドラマの金田一、池松壮亮ってことですね。
ナレーターをよく聞かないと流れが飛んじゃう。
金田一さんもいっぱい喋るのよ。事件も素早く解決しちゃうから過程は凝縮されてます。
池松壮亮の金田一は好き
暦

暦の感想・評価

4.0
0
金田一と言う感じは無いのですが嫌いじゃない
お芝居を見ているような金田一さんがフワッとしてメルヒェンな感じ
最後の話は特にファンタジックでした
sakura

sakuraの感想・評価

4.0
0
2020.09.26 NHK BSプレミアムで再放送
池松壮亮×金田一耕助 満島ひかり×江戸川乱歩はやっぱりいいから、またこういうのNHKやってほしい。
俳優もいろいろな人出ていたり、小説読むようになってより面白いなと思った。
きんきん

きんきんの感想・評価

2.3
0
この手のシリーズはお笑い芸人を上手に使っているなぁと思う
池松壮亮は言わずもがな
百日紅の色彩が綺麗だった
そしてこれから獄門島へ行くのか!
記録用

諸君よ、諸君の隣人は大丈夫ですか…

○原作は横溝正史の短編小説「黒蘭姫」「殺人鬼」「百日紅の下にて」原作既読。

○ほぼ原作通りのストーリーで、朗読劇っぽい感じ。「殺人鬼」は原作も大好き。好きな横溝作品ベスト3に入る。

○耕助は百日紅の下にての後に獄門島へ向かう。

−−−−−−−−−

西洋のある小説家の説によると、五百人に一人のわりあいで、まだ発見されていない殺人犯人がわれわれの間にいるということである。つまりその人の説にしたがえば、われわれの周囲には五百人に一人のわりあいで、人殺しをしたやつが、何くわぬかおをして、大手をふって世間をのし歩いているというのだ。もしこれが真実とすれば、われわれはなんという恐ろしい社会に住んでいるのだろう。

諸君よ、諸君の隣人は大丈夫ですか。

(横溝正史/殺人鬼)
tobitsukijack

tobitsukijackの感想・評価

4.5
0
語りも話し方も、メイクも、衣装も、なんてゆうか質感も構図も、差し込まれる音楽も、好みでしかないのでございます。挑戦的なおもしろみ。もうすこし覗きたい、たくさん、観たい観たくなる世界観。妙ゆえに妙。深く推察するとゆうこと。もしか、いまの法ではここまでドラマチックにはならないのではないかと思われる真実の深み。

いま、もっとも必要だろうと思われます、強い自制心!ですね。

モシャモシャ頭
人懐っこい顔
喋りつくし去ってゆく
>|