二月の勝者−絶対合格の教室−のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「二月の勝者−絶対合格の教室−」に投稿された感想・評価

アドラ

アドラの感想・評価

-
0
中学受験の世界をリアルに描いてた。

柳楽優弥さんの演技力の高さをこのドラマで知った。
なお

なおの感想・評価

3.7
0
中学受験のための塾の話。

自分自身は中学受験もしてないし塾に通ったこともなくて、正直雲の上みたいな話だな〜と思ってたけど、見てみたら意外に(失礼)楽しめた。別に塾に通いたかったわけではないけど、謎の憧れみたいなものもあったな〜と、かつての幼い自分を思い出したなど。

子どもたちがたくさん出ているドラマというのは、一歩間違えると(という表現が正しいのかわからない)どこか学芸会みたいになってしまうのでは、という印象があったけど、全然大丈夫だった。子役の子たち、すごいなぁ。
ドラゴン桜みたいに勉強方法そのものにフォーカスするのではなく、家庭環境とか適正に基づく中学の選択とか、そっちの方に重きをおいた内容だった。

役者さんがとっても良い。クスっとできるけど、そっちに全振りしてるわけじゃないところが個人的にはちょうどよかった。柳楽くんの前髪のぴしっと具合がいつも気になる。

そして個人的に何が一番好きって、♪ラーララララララ〜って合唱で歌ってるみたいなテーマ曲。すごく良い。
irieeee

irieeeeの感想・評価

4.3
0
柳楽優弥に再熱して
柳楽優弥週間なう〜

子供たちかわいすぎて何回も泣いた
ほんとに、私達が思っている以上に大人で思っている以上に子供で
子供の仕事から離れてしまったけどまた戻りたくなってしまった😭😭😭😭

100114見たときは
思わずwoohoo!声出た

次はどの柳楽優弥を見ようかな〜
maro

maroの感想・評価

3.5
0
2021年秋ドラマで面白かった順位:3/6
 ストーリー:★★★★☆
キャラクター:★★★☆☆
    映像:★★★☆☆
    音楽:★★★☆☆

原作漫画は未読だけど、久しぶりの中学受験ドラマってことで個人的には楽しめた。
ちなみに、僕は中学受験はしていません(笑)

思ったより黒木先生(柳楽優弥)のキャラが控えめだと感じたかなー。
第1話で、「凡人こそ中学受験するべき」と言うから、『ドラゴン桜』の桜木先生のように、ぶっ飛んだ指導方針でもあるのかと思いきや。
意外と真っ当に地に足の着いたやり方で、生徒たちを着実に合格へと導びこうとしていた。
いや、とても頼もしいんだけど、ドラマのキャラクターとしては地味かなって(笑)

でも、それでいいんだと思う。
結局、このドラマの主体はあくまでも子どもたちだから。
受験勉強を通じて、彼らがどう成長していくのかってこと。

ゆーてもまだ小学生だしね。
自信をなくす子や、イマイチ勉強に身が入らない子、集団行動が苦手な子など、まさに動物園みたい。
高校受験や大学受験になると、生徒たちもいい年齢になってくるから、自分で考えて主体的に行動できるけど、小学生だとそうもいかない。
講師たちはそんな彼らに寄り添って、あくまでもサポートする立場。
だから、佐倉先生(井上真央)なんて新人塾講師だったけど、彼女の成長物語なんてほぼ描かれていなかった。

あと、家庭の方針が大きく影響しているのも特徴的。
子どももある程度大きくなると、親もそんなに介入はしないだろうけど、小学生だと塾に行くこと自体、親の意向が強かったりする。
だから、けっこういろんな家庭の考え方の違いが見れて、自分の年齢的にはそっちの方が面白かったかも。
自分の考えを子供に押し付けたり、逆に子供の自由にさせたり。
子どもに無言のプレッシャーを与えたり、母子家庭で忙しくて塾を託児所みたいに捉えたり。
まあ、何がいいっていう話でもないんだけどね。

内容としては興味深いドラマだったけど、もうちょっとぶっ飛んだ親や子供がいてもよかったかなー
なんて思ったドラマでした。
鈴蘭

鈴蘭の感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

これ絶対最後まで見た方がいいやつ!
想像の5倍くらい子供たちが頑張るししっかりしてるし何より黒木先生良き✨でした。
親たちの役でちょっと懐かしい人たちも拝見出来ますし、子役さんたちの将来も楽しみ〜
父親の経済力と母親の狂気、はそこまででもなく、大体の親は子供の気持ちを大切にしてた🤗
tiara

tiaraの感想・評価

3.0
0
同じ受験ものでもドラゴン桜とは全然違うなー!!子供と一緒に見てたけど、子供は年齢が近いせいか、こっちのほうが楽しかったみたい。
私はイマイチはまれず。

中学受験したことないし、我が子にもさせるつもりないけど、低年齢の受験は親が大変よね、、

1話目のクレジット見るまで、黒木先生が柳楽優弥って気づかなかった😂
井上真央めちゃ久しぶり、、!全然変わらない、、!!

瀧内公美がめっっちゃはまり役で、塾の先生にいそーーーー!!!ってか会ったことすらあるように感じた😂
MUTU

MUTUの感想・評価

3.0
0
高瀬志帆による日本の漫画作品。『週刊ビッグコミックスピリッツ』が原作のドラマ。

主演の柳楽優弥が東京・吉祥寺の中学受験塾のテコ入れを行うべく新校舎長に着任し合格を目指すドラマ。

受験モノの代表と言えば「ドラゴン桜」が有名ですが、この作品はあくまでも中学受験。勉強方法を教えるのが「ドラゴン桜」で、今作は「中学校の選び方」を教えるような感じでした。それ故に生徒一人に向き合い最適な学校を選び確実に合格させる。そんな感じです。
なので冒頭の説明会での「合格には父親の経済力と母親の狂気」の意味は、回を重ねるごとに何となく分かって来ました。
中々考えさせられました。

それにしても今の子供達は色々と考えているので凄いですね。自分が同じ歳の頃は…。何も考えて無かった…😂
グッチ

グッチの感想・評価

-
0
社会人5年目。コロナ禍の時のドラマ。中学受験のお話でドラゴン桜とは少し違う。一話で離脱。
まー

まーの感想・評価

3.0
0
中学受験をテーマに、色んな子ども達が受験に成功していく過程が見ていて気持ちよかった。
MrKATO

MrKATOの感想・評価

4.0
0
ネットで原作漫画を数話読み、気になっていた作品。コロナ禍で、1年以上放映が延期されて、待ちに待っていたドラマです。
受験ものとしては「ドラゴン桜」と同じ趣きですが、こちらは小学生。子どもならでは悩み、そして親(家庭)の問題などがよりクローズアップされています。
過激な発言、大胆な行動、そして秘密を抱える主人公黒木蔵人を演じるのは、柳楽優弥。超ピッタリな配役。原作とは違うようですが、黒木に触発され成長していく同僚・佐倉麻衣を演じるのは井上真央。他にも個性的な塾講師陣。そして黒木の秘密を知る社長・白柳徳道が岸部一徳。何よりも表情豊かな子役陣が健闘したドラマだったと思います。
「中学受験は課金ゲーム」
「子どもを合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」
「塾講師は教育者ではなく、サービス業です」
「親はスポンサー。子どもは金脈です」
「私は知りたいんです、この仕事の本質。学びとは何なのかを」
>|

あなたにおすすめの記事