マンハントのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「マンハント」に投稿された感想・評価

manami

manamiの感想・評価

4.1
0
ユナボマー連続爆破事件の実話を元にしたドラマ

やっぱりプロファイリング物は面白い
どんどん観たいこういう作品

犯人の背景なんて被害者からしたらどんなに悲惨だろうが関係ない事だと思う
ただそういうきっかけで"そっち側"に行ってしまう人もいるってことだね

派手さはない淡々としたドラマだったけど緊張感があって、ラストもあれで逆に良かった

このレビューはネタバレを含みます

なんか、、、、

うーん、、、、
ユナボマー事件はざっくりしてたけど、、、、

彼に同情する気持ちも反面だけど、、、なんの罪もない人を考えると、、、そりゃ許せないんだけど、、、、

ハーバードのあの教授が、、、なんしろ悪だよね、、、、

考えられない、、、、


サム・ワーシントンの役も、、、、
いい役なんかな?!
顔は個人的にタイプだけど、、、
嫁とあの女の人からしたら、、ロクでなしだし、、(笑)

けど、、結局最終的には、、ユナボマー的にかれもなったつう、、、皮肉なんかね、、

うーんラストも皆さん言うように、、、あら?!感満載だけど、、、事実だからね、、、そんなもんなんでは??


まぁーうーーん、、、天才ってやっぱ、、、次元違う、、、
Yonce

Yonceの感想・評価

3.8
0
ひさびさにアメリカドラマを一気観してしまうほど、色々と考えさせられて余韻が残る作品でした。

今でも多くの人が認知しているユナボマー事件について、手紙や言語からの分析捜査をするFBIの奮闘を描きます。
ただし、そういった映画的なサスペンスだけでは終わらず、ドラマらしく犯人側の視点も丁寧に盛り込み、ラスト2話は、事件の背景や経緯について、多面的に考えさせられる深みのある内容でした。
Nao

Naoの感想・評価

3.9
0
ダーマーを見た後、そういえばユナボマーもあったなと思い出して鑑賞。

ユナボマーが何をしたのか、どうやって犯人逮捕に至ったのかを、FBIの新米BAU捜査官フィツジェラルドの視点で描いていく。
ユナボマーに関しては、爆弾魔ぐらいしか知らなかったので、なかなか個性的なキャラで驚き。

そして、話はおもしろかったのに、フィッツやFBI捜査官がムカつきすぎて、犯人を追い詰める楽しさが全く感じられなかったところが残念。言語でプロファイルなんてすごいことをやってのけたはずなのに。
犯人のことを考えすぎて、のめり込んじゃう捜査官ってリアルにあるんだろうか。それとも単に同調させて2人がどこで善と悪とで分かれたのかみたいなことの表現なんだろうか。

どこまで本当なのか、ドキュメンタリーもあるようなので、そちらも見てみたくなった。
レオ5

レオ5の感想・評価

3.6
0

このレビューはネタバレを含みます

不完全燃焼って感じ。なんかスカッとしない。

ユナボマーは元々サイコな気質があったけど、環境要因が重なりさらにモンスター化したと。
主人公フィッツは妻に見放され、上司にも手柄をとられ、ユナボマーに感化されたか山小屋で一人暮らし。
その後、ユナボマーに自白させることに成功したけれど、ユナボマーの思想に共感を覚えてしまった自分に気付く。
animalhus

animalhusの感想・評価

3.9
0
この手のお話大好きです…
とても面白かった。犯罪心理学系が好きな方には間違いなく勧められます。
るなこ

るなこの感想・評価

4.5
0
ユナボマー事件/実話
声明文からのプロファイリングが面白い。

ポールベタニが名演。
森の中でのダンスシーン最高だった。

ポール演じるテッドのカリスマ性と、それに同調するFBI分析官の危うさに終始ひやひや⚡︎

たしかにテッドの主張には納得のいく点もあるし、服役前にも相当な苦しみを味わってるテッドサイドの描写を見せつけられてからの
"被害者の痛みと同等であることを願う。"
判事のこの言葉に、少しもやっとする絶妙な作り方だった
re

reの感想・評価

3.8
0

かの有名な
ユナボマーを
元にしたドラマ

どこまでが
事実かは
分からないが
ノンフィクションと
フィクションが
織り混ざっている
と考えて観ても
面白かった

もちろん
犯人は絶対に許されない
けれども

大学時代の
人体実験は
闇に葬られたままなのか
気になる…
ほくお

ほくおの感想・評価

4.3
0
面白くて一気見した
これ実話って凄いなと。

犯罪心理学
言語学
もし大学行ってたら習いたい人生だった
gri

griの感想・評価

4.0
0
すごい

本筋ではないけど
独りきりで自然にも触れられない中で
生きることは相当な苦しみ
>|

あなたにおすすめの記事