マンハントのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「マンハント」に投稿された感想・評価

連絡爆発犯を追うFBIの執念がすごいっす!新たな犯人捜査、解決法を生み出す人は捜査チーム内でも戦わなきゃいけなかったんだなぁ!!
犯人の生い立ちも特殊!!実話を元にしてるらしいので、この事件気になっちゃいました!
てらさわ

てらさわの感想・評価

4.5
0
アメリカで実在したFBIが17年間追い続けたIQ167の連続爆弾魔"ユナボマー"を題材にしたドラマ。
あらゆる方法で追っても決定的な手がかりが得られないFBIが言語分析という新たな手法で探り始めるんだけどこれがめちゃくちゃ面白い。
サスペンスのようなハラハラ感も得られるし、ユナボマー側のストーリーも描かれてたのが良かった。
みやムシ

みやムシの感想・評価

4.3
0
プロファイルものの作品で一番シンプルに面白いと思います
日本はこの分野進んでるのか一抹の不安がよぎること請け合い
あもすけ

あもすけの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

犯人を割り出していく部分の緊張感や高揚感が凄い。主軸はまた別のところにもあって、時間軸を入れ替えながら犯人の思想とオーバーラップする場面場面に揺さぶられながらそれでも単純にハラハラさせられるし、音楽も強烈だった。犯人特定の鍵となる言語分析がとても興味をひかれた。犯罪とは関係なく文章の癖の面白さを意識させられた。

声明文と思想について、プロファイラーと犯人の一体一のやり取りから、プロファイラー側の体験としてそれを裏付けるようなエピソード、そして犯人の過去と、実際の事件を基にするこのドラマがどんな結末になるのか気になって、どんな描き方で何を突きつけるのかを知りたくて、最後の最後まで惹き付けられた。しっかり惹かれてしまったからこそ何にも依らない自分の言葉を見出さないといけなくなる。
TKR

TKRの感想・評価

4.0
0
言語的な特徴をもとに犯人像に迫っていくスリル
テッドの残酷な生い立ちや、裁判をめぐる駆け引き

見どころ満載
実際にアメリカで起こった事件ユナボマーを追うFBIプロファイラーの話。

主人公であるフィッツは犯人から送られる手紙や声明文から犯人独自の言葉の言い回し等がないか分析するのだが、そこが今作最も面白い部分だった。

この手の作品にありがちな気がするけど、主人公の家族関係壊れる展開多すぎないか?いちいち嫁が顔出して少しイラッとさせる必要があるのか。

産業社会に生きる現代人への警告は納得いく部分もあり、少しゾッとした。
ユナボマーは自然を愛する

ゆえに産業革命に対する反抗。

「人は社会の歯車の一部となって働き続ける」

人間らしさについて考えされられる内容であった。

近代社会で生活が便利になったが、

機械が全て操作するならば、社会性や相互扶助の必要が無くなる。

ボマーは言う、

「人間は不便さと向き合って行くべきだ」
ハイジ

ハイジの感想・評価

4.0
0
後半は見てて辛くなってしまった…
年齢に不相応に高知能というのもつらいものだよな。情緒面の成長と比例するわけではないだろうから友達も作れないだろうし。彼の場合は早熟の天才を社会が弄びすぎたのかもしれない。
実験のシーンなんて最悪。あれで自尊心を傷つけられてしまった要素は大きいように感じた…
Anteater

Anteaterの感想・評価

4.0
0
アメリカに実在している連続爆破犯のテッド・カジンスキー、通称”ユナボマー”に迫った作品。
海外ドラマの犯罪ものやプロファイリングものが好きな人なら一度は聞いたことがある彼が、なぜ、どのように罪を犯したのかを彼を追うFBI捜査官の視点から描いている。
本当に文章から逮捕に至ったのかは知らないが、何気なく使った単語や言い回しから特定できてしまうという方法に驚いた。
昨日まで見ていたマインドハンターのレビューでも書いたが、捜査官が犯人に迫っていくにつれて自身の生活も崩れ始め、最後には彼らと同じような状況になってしまうのが見所。
テッドの育った環境や彼を裏切ってきた人々、なぜこれほどまでに社会に反感を抱くようになったのかも描かれているため、許されぬことをしたのは分かっていても、彼がこのようにならざるを得なかったのでは?と心のどこかで感じてしまう。
人とは何か、どうして犯罪を犯してしまうのかを深く知りたいと思う人は、一見の価値があるかも。
次シーズンでどのシリアルキラーが取り上げられるのか不謹慎だけど今から楽しみ。
アツ

アツの感想・評価

4.7
0

このレビューはネタバレを含みます

実話に基づいたドラマだからこそとても面白かった。子供の頃から天才な一方で人との付き合い方や愛に対して不器用だったことがユナボマーを孤独で偏った人間にしてしまった大きな要因だった。誰かに認められたい、愛されたいといった承認欲求は誰にでもある大切なものだと実感できた。
>|