今ここにある危機とぼくの好感度についてのドラマ情報・感想・評価・動画配信

『今ここにある危機とぼくの好感度について』に投稿された感想・評価

晴名

晴名の感想・評価

4.9
0
最高すぎた!自宅待機が終わらないからNHKオンデマンドで無双してる
boaaaaat

boaaaaatの感想・評価

-
0
放送当時見てたやつ。
エルピス見て思い出した。これも脚本タグで見たやつ。
masacco

masaccoの感想・評価

-
0
意味あることを言わない第一話から正論に目覚めた最終話まで、松坂桃李の好感度が一貫して高かった。エキセントリックなキャラクターが虚構感を醸すが、現実の、権力による隠蔽と腐敗した組織が描かれる。松重さんのようなリーダー切望!
水子

水子の感想・評価

-
0
組織の腐敗!権力に反抗!みたいな日曜劇場(苦手)って感じでやや退屈な展開だったけど、会話と人物は笑えてナイスだった。特に松坂桃李の何も言わないアナウンサーという設定はほぼ進次郎であった
ちょろ吉

ちょろ吉の感想・評価

4.9
0
素晴らしい‼️
思ってたよりコミカルで超声出して笑っちゃった、あたしも世界が単純であって欲しいし、正論言えばいいってもんじゃねえよ‼️と思ってしまうこともあるけど、ちゃんと向き合わないとですね
おじさん陣のキャスティングがめちゃくちゃ三木聡を彷彿とさせる
おんぷ

おんぷの感想・評価

4.0
0

元アナウンサーが大学広報になって、炎上リスクマネジメント、好感度について考える話。

当たり障りがないのが一番いいって話が詰まってて、面白い!

面白いところをついてくる。

好感度って大事だけど、中身がないんだなー
意志があるから衝突がおきる、真意だな。

中身のないリポーター時代のシーンが面白すぎた。
渡辺あやさんの脚本は問題意識の投げかけであって決して答えがあるわけではない。
一貫して作品を通して問題に対して考える人、語る人が増えれば良いという態度。
好感もてます。
Yellowman

Yellowmanの感想・評価

4.0
0
久しぶりに地上波の長澤まさみの「エルピス」を観たくって、今一度、脚本家の渡辺あや氏の世界を堪能したく鑑賞。

舞台は、名門大学。そこの上層部と局アナを辞めて広報で入った自分の好感度ばかり気にしている松坂桃李演じる神崎真が、次々と起こる大学の不祥事に、どう対処していいか、毎回振り回されて行く。
実に現代社会人のムードを捉えており、忖度、ことなかれ主義の中で、時に、本音で語る事や抗って行く事に気づいた主人公と上司。良作。
Gak

Gakの感想・評価

4.4
0
スーパーマンじゃなけりゃ、こんな視点でドラマを描けるわけがない笑

渡辺あや恐るべし…
MinaA

MinaAの感想・評価

-
0
松坂桃李観たくて😌

松重豊に安藤玉恵に國村隼に、豪華

「僕スポーツっていうのは、体を動かすことだと思うんです」😂😂😂 松坂桃李の役最高✌︎✌︎✌︎

そして岩井勇気、演技うまいしキャラ最高だし衣装似合うしすごいなあ、表現者だな
>|

あなたにおすすめの記事