監査役 野崎修平のドラマ情報・感想・評価

「監査役 野崎修平」に投稿された感想・評価

まー

まーの感想・評価

3.8
0
監査役になり、自分の銀行の不正を正す。簡単に行える訳もなく、すったもんだです。織田裕二が四苦八苦です。

キャラクターが濃い。岸谷五朗とか...
現実味はなくてもドラマとしては面白い。しかしこのドラマに出てくる奥さん達は皆ものすごく物わかりがいい笑
Paddington

Paddingtonの感想・評価

3.0
0
無料放送で1話だけ鑑賞。熱血で正義な監査役の織田裕二が見れます。脚本も面白い。続きが見たい。
やっほ

やっほの感想・評価

3.5
0
存在意義が問われる
スーツの“ヨレ”た感じが彼の“立ち位置”を“錯覚”させる
kamotaro

kamotaroの感想・評価

4.0
0
みんなキャラが立っていて面白かったけどこんな監査役いない(笑)そして最後までたけだ取締役はなにがスゴイのかわからないままだった。
ゆきさ

ゆきさの感想・評価

3.8
0
銀行の闇に挑む行員を描く『半沢直樹』的なシナリオと、がむしゃら役がやっぱり似合う織田裕二の融合良し。
本作に関しては頭取役の古谷一行のクソジジイっぷりもなかなかです。TBSの池井戸潤ドラマのほうにも悪役で出てほしいほど。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.5
0
【ドラマW・全8話】内部の不正を正そうと、熱い信念を持った銀行マンの織田裕二。熱い信念を持った銀行マンといえば半沢直樹を思い出すので、ちょっと比べてしまう。後半の会社の私物化と老害の問題への展開は面白かった。あと織田裕二、熱い演技の顔が怖いΣ(||゚Д゚)ヒィ~!!ちょっと眼を背けたくなるくらい顔が怖い。。岸谷五朗がだいぶ癖のある役だったけど、ラストまで面白味のある役だった。
pen

penの感想・評価

-
0
銀行員である主人公が監査役に就任して銀行内部の不正と戦っていく物語。
その主人公の闘いの日々を追う一方で、成り上がりを目論む銀行員達の権力争いも描かれている。主人公はそうした権力闘争に興味は無いのだけど、時としてそれに利用されたり、邪魔者扱いされて排除されそうにもなる。

見ていて思ったのは、本作は同じく銀行を舞台にした『半沢直樹』というよりも、舞台設定を銀行にした『仁義なき戦い』や『アウトレイジ』に近いのかなと。
武闘派で強面の銀行員役によくヤクザ役を演じる岸谷五朗がキャスティングされたり、有能な男として『アウトレイジ ビヨンド』出演の光石研が出てたりするのもその雰囲気を更に盛り立てる。まだ総会屋が幅を利かせる90年代末が舞台なので裏社会の匂いも漂ってるし(初回から襲撃沙汰も)。

頭取を演じる古谷一行がまさしく『仁義なき戦い』の山守組長のような温和さと狡猾さを見せ、そのトップとやり合おうとする織田裕二、虎視眈々と役員の座を狙う松嶋菜々子の暗躍と、ストーリーはシンプルながら思惑を抱えた面々の激しいぶつかり合いが堪らないドラマ。

原作は『頭取 野崎修平』へ続いていくので是非ともそちらも映像化希望。
くみん

くみんの感想・評価

4.2
0
織田さんの正義がココにも。
今じゃありえない、イロイロなこと。
イヤ、、、今もそうなのかな。
kurasaki

kurasakiの感想・評価

4.0
0
やっぱ織田裕二いいなぁ
喜怒哀楽の表現が好き

ストーリーもなかなか
ラストもよかったー
tomo1220

tomo1220の感想・評価

4.7
0
こうゆうのめちゃすき。
織田裕二も松嶋菜々子もいい味出してる😊
銀行の事がよくわかる☺️
テンポもストーリーもいい!