シナリオライター★松本マリコの課題の作品情報・感想・評価・動画配信

『シナリオライター★松本マリコの課題』に投稿された感想・評価

たいち

たいちの感想・評価

2.4
松嶋尚美「これは映画じゃない。コントだと思う。」

あまりにもつまらないから修行感覚で観てたんだけど、終盤の恋愛パートは割と見入ってしまった。
「やって後悔するのと、やらずに後悔するの、どっちが良いかな」みたいな100回は聞いたであろう台詞が、今の俺には刺さって恥ずかしい。

固有名詞がめちゃくちゃ出てきたけど、『花束みたいな恋をした』の元ネタってコレ?
意中の相手が三島由紀夫のことを漫画家だと思っていても、馬鹿にすることなく微笑む松嶋尚美は麦くんより大人だ!
なんでエンディングテーマ徳永英明やねん。スプラッター作家の話やぞ。コンクリートの監督やぞ。結構血みどろやぞ。


観るたびに寝てしまっていたので、毎晩5分くらい観て、19回くらいに分けてやっと観終えた。まるでローンのようである。

観終わった時は「家のローンも同時に払い終わってくれてたらいいのになぁー」と甘っちょろいことを思ったけど、そもそも賃貸に住んでたのでノーダメージだった。

そういや内容について触れてなかったので、このレビューを読んだ人が少しだけ気になる(であろう)一言あらすじをば。

「スプラッター作家のオセロ松嶋がウザい女友達やイケメンアイドル上がりの役者を殺しまくる」



うーん。
こんなんじゃないけど、こんなんなんだよなぁ…。
No.2591

【映像から「シナリオ」が浮かび上がる】

オセロの松嶋尚美さん主演です。

売れてる芸人さんは、役者としても面白く、大根の人が少ないので、私は芸人さんの演技を見るのが好きなのですが、

松嶋さんもいい味出してます。

ただ、見る前までは、タイトルがラノベみたいなのと、
監督が、あの「コンクリート」の中村拓さんということもあって、正直どうかなと思っていました。

松嶋さんは本作ではシナリオライターの役です。
普通に面白いですよ、この映画は。

映像から、「文字としての」シナリオが浮かび上がってきます。

特にラストシーンは、シナリオにしたらト書きもセリフも
浮かびやすくなるよう、わかりやすい演出になっています。

(僕は、かつて映画を見て、それをシナリオに起こす、というのを趣味にしていました)
内容もそこそこ、演技もそこそこ。

めっちゃいい!
って訳じゃないけどまあそれなりって感じ。

ラストまでゆったりもったりで
個人的にはあんまり面白味はなかったかな。
特徴的な部分も無し、変化も無し、
流れ的な作品。


ラストだけすっきりとしてる。
というか曖昧な部分はほっぽらかして纏めた感じだね、笑

そしてラストの電話してる時の後ろの2人が可愛かった。笑

まあ、見なくてもいい作品かな。

あなたにおすすめの記事