アメリカの惨劇/188人を私刑した男の作品情報・感想・評価

アメリカの惨劇/188人を私刑した男1987年製作の映画)

CONFESSIONS OF A SERIAL KILLER

製作国:

上映時間:107分

3.2

「アメリカの惨劇/188人を私刑した男」に投稿された感想・評価

ヘンリー・リー・ルーカスをモデルとした殺人鬼・ホーキンスとホモダチのロードムービー
腐ったグルーヴが全編を支配
女性用パンティを被りながら女の首をかっ切りそして犯すというような、外道な手口が覇気なく描かれる、だるっだるに。
ラストにホーキンスがカマす一言に象徴されているように、本作は過激なスラッシャーを狙ってる訳ではなく、人間の底知れぬ闇にスポットを当て、それを表現しようとしている作品だと思うが、全然上手じゃない。
でも「ヘンリー」より味あるんじゃない