広島カップ

ジャッカルの日の広島カップのレビュー・感想・評価

ジャッカルの日(1973年製作の映画)
4.0
フォックスのジャッカル。
“スナイパー・オブ・スナイパー“です。
この映画で一躍檜舞台に登場した英国人俳優エドワード・フォックスは、金髪で細身な上にシャープな顔立ち、巧妙に気配を消しながら標的(ド・ゴール大統領)にジワジワと近づいていく。凄腕スナイパーの香りがプンプンします。
スコープ付きの銃を構える姿がメチャクチャ決まっています。

ちなみに、ジャッカルよりスナイパーの先達であるデューク東郷は5年先輩です。容姿でジャッカルとの共通項を探すのに苦労しますが、寡黙な所が似てます。
もっとも、おしゃべりなスナイパーってのも… 的外しまくりじゃないでしょうか?