KozaiSzatosi

贅沢な骨のKozaiSzatosiのレビュー・感想・評価

贅沢な骨(2001年製作の映画)
4.4
この映画を初めて観るずっと前に観たキェシロフスキの上映会の時の予告編がやけに印象的で、よく見たら行定勲が演出していた。なんでなのかわからなかったが、この映画を観て、なるほど、理解した。

おそらく、行定監督は、映画が好きだ。とても好きだ。そして、そういう我々も、きっと、映画がとても好きだ。
この二者の間に、この映画が横たわる時、間違いなく我々は、行定監督と繋がり、一緒に映画を楽しむことになるのだ。それほど、心地よい映画。

麻生久美子、つぐみ、永瀬正敏。たった三人、ミッドセンチュリーなムードの部屋を行ったり来たり。
全くそう見えないのに実はデリヘル嬢をやっている麻生久美子はギリギリ脱がないのに、処女臭さすら漂う童顔のつぐみは脱いでしまう。そこに、監督のこだわりが感じられる。

ミキサーと金魚、ハンバーグ弁当、うなぎの骨、ギター、花火。効果的に現れる小道具をこうやって書き並べると、小説の中に出てくるような単語ばかりだ。それらの単語たちを、Torch Songが彩るのだ。

「新谷さん!」