贅沢な骨の作品情報・感想・評価

「贅沢な骨」に投稿された感想・評価

ayumi

ayumiの感想・評価

3.0
金魚をミキサーに入れるのはやめてー。ハラハラしちゃう。そして嫉妬してたのはそっちだったのね?なぜだかなんとなくラストが予想できた。すれ違う切ない3人だと思った。
行定勲監督の初期作品ってかなりエロスだなと。
麻生久美子とつぐみと永瀬正敏が三角関係でセックスしまくる映画でした。

そんな中に残虐性もあって金魚のシーンはかなりエグい・・・。

何を伝えたいのかは謎ですけど、流れる歌は良かった!!
Hampbacksってアーティストが歌ってる設定だけど、近年の女性バンドのHamp backってそこから命名したのかな。

すごいちょい役で役名もなく田中哲二や津田寛治が出ているのも注目です。
かおり

かおりの感想・評価

3.2
麻生久美子にもこんな時代があったとは…。でも変わらず演技派。見入った。
心に闇を抱えた3人の物語。きっと広い世の中ではこんなことあるのかもなぁ。
結局新谷さんは何者だったのか気になる。
本当にミキサー回さなくてよかった…。
麻生さんもつぐみさんも素敵でした。つぐみさんはこの作品で初めて観ました。少々昔の作品ですが、若い時ではなく今観た方のが良かったかも。感情移入とはいきませんが、メインの3人の独特の雰囲気や味わいは昔だと掴みとれないかも。
金魚のシーン酷すぎる。こんなこと思いついて演出するなんて監督サイコパスか。この人の映画もうみたくないな。めちゃめちゃ気分悪くなった!
hideaking

hideakingの感想・評価

3.0
行定勲×麻生久美子そして永瀬正敏。哀しいかな当時ほど感情移入できなくなった^^;贅沢な骨は鰻の骨と思わせて、実は骨にとっての贅沢だったのでは。音楽は朝本浩文氏。事故の前、富士屋本店でお見かけしたのが最後となった。あらためてご冥福をお祈りします。
m

mの感想・評価

4.5
同居している2人の女と、ある1人の男の三角関係を描いた作品。金魚と骨がキーワード。undo好きな人は絶対これ好きだと思う。

好きな人に収骨してもらったミヤコの骨はたしかに贅沢だ。そしてイケオジは若い頃もやはりイケてる。永瀬さん素敵。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
麻生久美子、つぐみ、永瀬正敏 以外は殆ど出てない。「贅沢な骨」の意味はよくわからなかったが、ストーリーも何だったんだろう?
麻生久美子が可愛いかつ色っぽいのなんのって。チークとワンピースが似合う。
なぜあの仕事をしなければならなかったのか、そして結末をわかっていながらなぜ行ったのか。
骨になったらただの骨。

おしゃれでちょっとレトロな部屋がアンニュイで心地よい。
memento

mementoの感想・評価

2.4
狭いミキサーに三匹の金魚を閉じ込めた時から、嫌な予感しかしない。
 
ストーリーも狙いすぎた演出も好みじゃなかった。

映像、色、きれい。
それだけ。
>|