KKMX

エターナル・サンシャインのKKMXのレビュー・感想・評価

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)
3.7
正直、難しい映画でした。構成が複雑で咀嚼しきれない。完成度はべらぼうに高いし感じるものはありましたが、集中できず。確定申告のことを考えながら観る映画ではなかったです。


あまりよく理解できてないですが、良かったのは主人公ジョエルの脳内パートです。記憶消去手術により、実は素敵な思い出がいっぱいあることに気づいたジョエルは、手術への抵抗が無意識下で生じ、元恋人クレメンタインの記憶をなんとか残そうとしてあがきはじめます。ここはすごく人間っぽい動きだな、と感じます。

そして、追い詰められ、記憶消去から逃れられないと覚悟したジョエルがクレメンタインに言うセリフ「楽しもう」はグッと来ました。ジョエルが掛け替えのない関係性に真に気づいた瞬間がここに描かれているように思います。
これがあったからこそ記憶を失った2人の再会が単なるリフレインにならなかったのでしょう。記憶はなくても、内的な成長は消去できない、と言ったところでしょうか。記憶なんぞは、ある意味表面的なものなのかも、と感じています。

緻密で感動的なストーリーだけでなく、音楽も素敵で印象的なシーンも多く、実に美しい映画だったとの感想です。なので、本作が名作とうたわれ、多くの人に愛されるのはよく解ります。
ただ、難しいので、体調が優れなかったり、税金の悩みがあるときに鑑賞するガーエーではなかったです。出会いってタイミングですねぇ。なので点数はちょっと低めで。シティーハンターより低いのは我ながらヒドいとは思いますが(涙)