KKMXさんの映画レビュー・感想・評価

KKMX

KKMX

のんびりぼんやり生きています。ロスジェネ世代。人間好き。
登場人物たちの心の変化や成長に関心を持っており、その切り口で感想文を書いております。

ベストムービーは2017年ベスト10にしてみました。

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.6

ギクシャクしている家族の中に純朴な難民がやってくることで家族の絆が深まって行く…というベタなハートフルコメディであり、それがまた本当にベタで大雑把な展開なので中盤までは実に苦痛でした。「マズい映画を選>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.0

軽いタッチの映画かな、なんて想像して挑んだのですが、結構な手応えのある、なかなか硬派な作品。
1人の女性が他者に依存することなく自分の人生を生きるというテーマがしっかり伝わってきました。

シナリオラ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

よくある思春期の成長物語だな、との印象を持ちましたが本作はかなりスペシャルな作品。その理由は主演・松岡茉優という一言につきます。

松岡茉優は名作「桐島、部活やめるってよ」のカースト上位のムカつく女子
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

これまでミステリーに1ミリも興味を持たず生きて来たため、原作未読どころか有名な作品であることすら今回初めて知りました。ポワロ、クリスティと名前しか聞いたことのないレベル。
そのため、教養を身につけよう
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.5

本当に良い映画でした。本作を形容するときに、「良い」という使われすぎている言葉が何故か一番しっくりくると感じています。ウェルメイドとかではなく、良い。グッドな映画。

自分の店のゴミ出し場に居座ってい
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

4.7

エンドレスポエトリーを観てからすっかりホドロフスキーファンになってしまったので、前日譚である本作を鑑賞。こういうタイミングでホドロフスキー特集を組んでくれるアップリンクには感謝しかありません。

さて
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

4.1

めちゃくちゃエネルギーがあってグイグイ迫ってくる、非常に観応えある面白い映画でした。しかも力技で押し切ることなく、作りが丁寧で独りよがりにならないバランス感覚もあります。えげつない事件をポップなエンタ>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

エル・ファニングの魅力が爆発している映画でした。エルファニがとにかくかわいい。公園ではしゃいだり、パンクバンドで即興歌をうたったり、エンの母親と踊ったり。また笑顔が抜群にキュートです。

とはいえ、映
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

5.0

本作は親が望む鋳型にはめられて育てられたアレハンドロが自分の人生を我が手に取り戻し、自分の人生を生きようとする苛烈な闘いを描いた戦記モノだと感じました。
「自分を生きる」と言うととても簡単そうですが、
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.8

人間は幸福を求める習性がありますが、幸福とは何か、と問われるとよくわからない場合が多いかと思います。10人いれば10通りの幸福観があるでしょうが、この映画では、幸福な人生の1事例が発表されているような>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

4.1

改めて、子どもってたいへんだな、と思います。自分の力で生きていけないが故に親に依存せざるを得ず、親の都合で運命が二転三転していく。大人ならばそれなりにあがけるけど、子どもは単に翻弄されるだけですからね>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

映画を観てから原作を読んで、もう一度観ました。そして、紛れもない傑作だと感じました。
原作が大変濃いためさすがにキャラを完全に描ききれませんが、十分伝わる描写だと思いました。
(ただし、硝子ママと真柴
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

映画の出来としては雑な印象を受けましたが、主人公であるなずなの心象風景が割と描かれているためか、結構楽しめました。

後半の現実感を喪失した背景から、Ifを繰り返して混沌としていく世界はどこか夢っぽい
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

呪いなんてなかった、と本編の最後の方で成瀬は語りますが、いやいや、成瀬は両親に呪いをかけられてましたよ。夫婦関係の崩壊・家族が壊れてしまった原因を両親が背負わず成瀬に背負わせていますからね。
豊かな出
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作はまったく知らず、吹き替え版で鑑賞しました。
観始めのころは日本語の歌に違和感を覚えましたが、だんだん慣れてきて最終的にはすっかりハマって観ていました。ララランドに比べてミュージカルシーンが多く感
>>続きを読む

ニーゼと光のアトリエ(2015年製作の映画)

3.8

ニーゼ先生がなんとも偉大。1940年代の保守的な男性社会で潰されずにやり抜くには、あれくらい凄まじい信念が不可欠なのだろうと痛感しました。まったくブレない。
1940年代に、『ブラジル×女性精神科医×
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

七人の侍が原案なので、どうしても比較しながら観ましたが、充分面白かったです。

リメイクならではの魅力を最も放っていたのは、イーサン・ホーク演ずるグッドナイト・ロビショーではないでしょうか。原案にはな
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.6

「障害は心の中にある」という、世界の真実を言い当てたパンチラインがとにかく印象に残ります。
ヒロイン・ディアーヌは2人きりの世界のときは問題ないのですが、他者の視点(鏡を見たときも含む)が加わると、恥
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

オーヴェとソーニャの素晴らしいラブストーリーでした。
さまざまな場面で挿入される2人の歴史がとにかく素敵です。ソーニャのためにスロープを作ったり、最高です。

ソーニャはチャーミングで人格的にも完ぺき
>>続きを読む

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なかなか熱い友情物語でした。孤独で愛されなかった2人が少しずつ友情を育んでいく姿には、否応なくグッと来ました。

特にベアトリーチェが素晴らしかったです。彼女は与える人で、その姿勢はノブレス・オブリー
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なんともキュートな思春期映画でした。
ダニエルとテオのバディ感がたまらないです。絵のコンテストが開催される街・オルー=アン=モルヴァンに着いたときに、2人でウキウキ歩きをするシーンとか最高!
それから
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.6

粋でコクのある小品、といった趣きの映画でした。
脱力ギャグの中で、人と人との心の交流をものすごくサラっと描いていて、なんとも心地よいです。

登場人物たちは基本的にみな孤独です。そんな人たちが互いに出
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

聡がヤバすぎる。
とにかく、聡のインパクトが強かった!痛々しくて気持ち悪い。
執拗な鳥のモノマネや幸福の絶頂から一気に絶望と憤怒の色に豹変する眼差しとか、聡の強烈な行動を見ていると、
「なんという孤独
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

複雑な味わいのある作品で、主人公のダメ男・幸夫がダメなりに人生を掴んで行くプロセスや、陽一一家の好演など見所の多い映画だなぁという印象です。

家族について思いを馳せました。作品のテーマとは言えないと
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ポップでキャッチーでありながら結構複雑で、とてもスピリチュアルで美しい映画でした。
爽やかで青春感満載で風景も素晴らしく、ストーリー構成も実に巧みなので、深く考えなくても楽しめます。
しかし、深く考え
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ(2017年製作の映画)

4.4

自分は先行知識ゼロ、予習ゼロで観た一見さんでしたが、めちゃくちゃ楽しめました。
皆さんのレビューやWikiを見る限りTVシリーズは群像劇のようですが、本作品は久美子とあすかの物語なので、映画の尺にピタ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ダンスのシーンがとにかく印象的でした。
浜辺の祭りでバンドが演奏するシーンが素晴らしくて最高すぎました。
観てる人たちもルーと一緒に勝手に踊っちゃう。なんともファンキー!
アニメーションもアメリカのカ
>>続きを読む

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画を観るにあたり、事前の情報から
『普通の映画を観るつもりで観るとヤバいことになりそうだ』
と判断。とはいえ、ケイト・ブランシェット様がご出演あそばされる映画なので観ようと決意し、ネットで調べる
>>続きを読む

灼熱/灼熱の太陽(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

決して観やすい映画ではないです。
3話構成で、1話は比較的セリフも多くわかりやすいですが、2話〜3話と進むにつれ、集中力や想像力を全開にして観ないと置いていかれてしまう。油断できません。
特に第3話は
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.2

喜びや怒り、愛の尊さ、内戦の虚しさや大国の介入のクソさ加減、悲しみに嘆き、人間の愚かさやくだらなさ、ユーモアやバカにするようなギャグ、人知を超えた大いなる力などのいろんな具が、濃厚で猥雑なバルカン音楽>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

極上の音楽映画との評判を受け、音楽映画好きとしてスルーできず鑑賞。音楽とカーアクションがシンクロすることでこれほどにもスリリングになるのかと感動しました。
アクションには元々興味がない自分も、本作品は
>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まるで絵本のようなアニメで、キャラクターの表情がとても豊かで魅力的。切り絵のような背景も素晴らしかった。
音楽も極上で、シアーシャの歌もエンディングテーマも胸に染み入る旋律でグッときました。

そんな
>>続きを読む

ハートビート(2016年製作の映画)

4.5

音楽好き&ダンス好きにはたまらない、多幸感全開の最高ムービーでした!
クラッシックとストリートカルチャーの融合が、どちらか一方だけでは感じられない新しいゾクゾク感を創り出し、混血音楽の偉大な力を見せつ
>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

一見、トルコの田舎という遠い世界の話のようですが、我々の世界とも地続きな物語だと感じました。
個人を尊重しない価値観によって自宅が牢獄化し、親の意志で結婚を決められてしまう。この映画だと本当に強制され
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

4.0

観終わった後に、「あ〜楽しかった」という言葉を思わずもらしてしまうような、賑やかで軽快、洒脱で小粋な一作。

極上のビッグバンドジャズに乗っかってドタバタコメディが気持ちいいテンポで進んでいき、クライ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

心の最深部が揺り動かされる作品で、鑑賞中よりも鑑賞後にジワジワと感動の波がやってきました。

この作品は、かけがえのない日常やそれを侵食して破壊していく戦争の無慈悲さ、傷つきながらも愛すべき人々ととも
>>続きを読む

>|