KKMXさんの映画レビュー・感想・評価

KKMX

KKMX

のんびりぼんやり生きています。ロスジェネ世代。人間好き。
登場人物たちの心の変化や成長に関心を持っており、その切り口で感想文を書いております。

映画.comと併用中です。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「障害は心の中にある」という、世界の真実を言い当てたパンチラインがとにかく印象に残ります。
ヒロイン・ディアーヌは2人きりの世界のときは問題ないのですが、他者の視点(鏡を見たときも含む)が加わると、恥
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

オーヴェとソーニャの素晴らしいラブストーリーでした。
さまざまな場面で挿入される2人の歴史がとにかく素敵です。ソーニャのためにスロープを作ったり、最高です。

ソーニャはチャーミングで人格的にも完ぺき
>>続きを読む

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なかなか熱い友情物語でした。孤独で愛されなかった2人が少しずつ友情を育んでいく姿には、否応なくグッと来ました。

特にベアトリーチェが素晴らしかったです。彼女は与える人で、その姿勢はノブレス・オブリー
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なんともキュートな思春期映画でした。
ダニエルとテオのバディ感がたまらないです。絵のコンテストが開催される街・オルー=アン=モルヴァンに着いたときに、2人でウキウキ歩きをするシーンとか最高!
それから
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.6

粋でコクのある小品、といった趣きの映画でした。
脱力ギャグの中で、人と人との心の交流をものすごくサラっと描いていて、なんとも心地よいです。

登場人物たちは基本的にみな孤独です。そんな人たちが互いに出
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

聡がヤバすぎる。
とにかく、聡のインパクトが強かった!痛々しくて気持ち悪い。
執拗な鳥のモノマネや幸福の絶頂から一気に絶望と憤怒の色に豹変する眼差しとか、聡の強烈な行動を見ていると、
「なんという孤独
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

複雑な味わいのある作品で、主人公のダメ男・幸夫がダメなりに人生を掴んで行くプロセスや、陽一一家の好演など見所の多い映画だなぁという印象です。

家族について思いを馳せました。作品のテーマとは言えないと
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ポップでキャッチーでありながら結構複雑で、とてもスピリチュアルで美しい映画でした。
爽やかで青春感満載で風景も素晴らしく、ストーリー構成も実に巧みなので、深く考えなくても楽しめます。
しかし、深く考え
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

自分は先行知識ゼロ、予習ゼロで観た一見さんでしたが、めちゃくちゃ楽しめました。
皆さんのレビューやWikiを見る限りTVシリーズは群像劇のようですが、本作品は久美子とあすかの物語なので、映画の尺にピタ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ダンスのシーンがとにかく印象的でした。
浜辺の祭りでバンドが演奏するシーンが素晴らしくて最高すぎました。
観てる人たちもルーと一緒に勝手に踊っちゃう。なんともファンキー!
アニメーションもアメリカのカ
>>続きを読む

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画を観るにあたり、事前の情報から
『普通の映画を観るつもりで観るとヤバいことになりそうだ』
と判断。とはいえ、ケイト・ブランシェット様がご出演あそばされる映画なので観ようと決意し、ネットで調べる
>>続きを読む

灼熱/灼熱の太陽(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

決して観やすい映画ではないです。
3話構成で、1話は比較的セリフも多くわかりやすいですが、2話〜3話と進むにつれ、集中力や想像力を全開にして観ないと置いていかれてしまう。油断できません。
特に第3話は
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

喜びや怒り、愛の尊さ、内戦の虚しさや大国の介入のクソさ加減、悲しみに嘆き、人間の愚かさやくだらなさ、ユーモアやバカにするようなギャグ、人知を超えた大いなる力などのいろんな具が、濃厚で猥雑なバルカン音楽>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

極上の音楽映画との評判を受け、音楽映画好きとしてスルーできず鑑賞。音楽とカーアクションがシンクロすることでこれほどにもスリリングになるのかと感動しました。
アクションには元々興味がない自分も、本作品は
>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まるで絵本のようなアニメで、キャラクターの表情がとても豊かで魅力的。切り絵のような背景も素晴らしかった。
音楽も極上で、シアーシャの歌もエンディングテーマも胸に染み入る旋律でグッときました。

そんな
>>続きを読む

ハートビート(2016年製作の映画)

4.5

音楽好き&ダンス好きにはたまらない、多幸感全開の最高ムービーでした!
クラッシックとストリートカルチャーの融合が、どちらか一方だけでは感じられない新しいゾクゾク感を創り出し、混血音楽の偉大な力を見せつ
>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

一見、トルコの田舎という遠い世界の話のようですが、我々の世界とも地続きな物語だと感じました。
個人を尊重しない価値観によって自宅が牢獄化し、親の意志で結婚を決められてしまう。この映画だと本当に強制され
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

4.0

観終わった後に、「あ〜楽しかった」という言葉を思わずもらしてしまうような、賑やかで軽快、洒脱で小粋な一作。

極上のビッグバンドジャズに乗っかってドタバタコメディが気持ちいいテンポで進んでいき、クライ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

心の最深部が揺り動かされる作品で、鑑賞中よりも鑑賞後にジワジワと感動の波がやってきました。

この作品は、かけがえのない日常やそれを侵食して破壊していく戦争の無慈悲さ、傷つきながらも愛すべき人々ととも
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

繊細で空虚な哀しい話だな、だからこそ美しい映画だな、という感想を抱きました。

この恋がうまくいかない、すぐ終わるのもそりゃそうだよな、と思います。
マティは教授という社会的にいい感じの相手もいるし、
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

4.5

ジムジャーのストゥージズ愛がビンビンに伝わってくる傑作ドキュメンタリーでした。
イギーポップ大先生だけではなく、なかなか日本では知られていないストゥージズの歴史を知れたのは良かった。
特に魅力を感じた
>>続きを読む

AMY SAID エイミーセッド(2016年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

中年たちが青春を振り返る会話劇とのことで期待したのですが、個人的にはフィットしない作品でした。

主要キャラが自己愛的なので観ているうちにウンザリ。
サークルのマドンナであるエミを偲ぶうちに、それぞれ
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

Prankster という言葉がありまして、意味は『悪ふざけ屋』だそうです。どれくらいメジャーな言葉かは不明ですが、偽エチオピア皇帝事件の偉大なるホーレス・コール大先生は英語版wikiにおいて、ecc>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まですれ違う家族関係を描く映画は、しんどいものではあるのですが、深く考えさせられるため観応えがあります。本作も観応えはあったし、鑑賞後はいろいろ考えることができて面白かったと言えるのですが>>続きを読む

未来よ こんにちは(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

孤独をテーマにしているような宣伝文句ですが、テーマは喪失とその回復だと感じました。その回復プロセスが淡々と日常生活を続けて行くといった、真をついたものであったので、なかなかビックリしました。

いろん
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

地味な田舎の女の子エイリシュが都会に行って頑張って成長していく姿はとってもグッときました。
ホームシックとか、初めての職場でのぎこちなさとかはあるものの、エイリシュは結構ハイスペで、新生活は順調そのも
>>続きを読む

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

何なんだこの映画⁈

探り合うような関係性ばかりが終始描かれるため、登場人物のパーソナリティーがハリー以外イマイチよくわからない。まだマリアンはポールへの愛を貫くなど、芯の強さが伝わってきますが、その
>>続きを読む

国道20号線(2007年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

虚無の世界を這いずり廻る、地獄映画だった。
パチンコと消費者金融の看板が繰り返し映されるだけで、強烈な終末感が漂う。ここは意味のない人生を過ごさざるを得ない地獄であることを訴えてくる。
国道20号はサ
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

語り継がれている映画だけあって、すごい作品だった。凄まじいの一言に尽きる。
有名なワルキューレの騎行の爆撃シーンをはじめ、とにかく映像のインパクトが凄まじい。死体が転がりまくりのカーツ大佐の王国のヤバ
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

すごく悲しい映画でした。

清には明らかに家族愛があるんだよね。しかし、それは空回ってばかり。理想を掲げて支配し抑圧するしかやり方を知らない。不器用というより愛するスキルが欠如している。そんな夫を嫌っ
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

映像・音楽・演出ともにたいへん美しい、洗練の極みのような映画でした。
物語も説得力があって引き込まれました。

テレーズを演じるルーニー・マーラの目の演技が凄い。デパートでキャロルと出会ったときの目の
>>続きを読む

カノン(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

人間の情緒の深い部分を描いた、非常に誠実で素敵な作品でした。

三人姉妹はアルコール依存の母親に対して愛憎入り混じった感情を抱いていますが、当初は憎しみが優勢です。その憎しみに囚われているので、ありの
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

女の子にモテたいとかも含め、音楽活動の素晴らしさと、それによって彼らを取り巻く世界が変わっていく状況を誠実に描いていて、グレートな青春映画だな、と感じました。
初めての音合わせとか、曲作りとか、初めて
>>続きを読む

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

生涯ベスト級の映画。

暗喩に満ちた記号が随所に散りばめられた群像劇で、一見難解な作品に見える。しかし、この映画にははっきりしたテーマがあり、実はシンプルな映画だと感じた。

ひとつ目のテーマは生きる
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

母親+魅力的な2人の女性との関係の中でジェイミー少年が成長していく物語かと思いきや、突っ張って生きざるを得ない3人の女性がジェイミーを通じて変化していく話だった。

タイトル通り主人公はドロシア。激動
>>続きを読む

>|